國村隼、安藤政信、門脇麦ら共演の三カ国合作映画『KOKORO』が日本公開へ

ニュース
2017.8.24

ベルギー・フランス・カナダ合作映画『KOKORO』が11月4日(土)から公開されることが決定した。

『KOKORO』は弟を亡くし、失意のなか日本を訪れたフランス人女性が、行き着いた島でのの交流を経て変化していく物語。主人公・アリスを演じるのは、セザール賞常連女優であり、映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』のイザベル・カレ。もう一人の主人公ともいえる元警官のダイスケを、 韓国映画『哭声/コクソン』で国内外の注目を集めた國村隼が演じる。さらに、アリスが出会う地元住人ジロウを安藤政信が、好奇心旺盛な女子高生ヒロミを『愛の渦』『二重生活』などの門脇麦が演じている。

メガホンをとったのは、ベルギーの女性監督ヴァンニャ・ダルカンタラ氏。自身の祖母の経験に基づき、第二次世界大戦中にシベリアに追われたポーランド女性を描いた長編デビュー作『荒野の彼方へ Beyond the Steppes』(10)で、ロカルノ国際映画祭オフィシャルコンペティション正式出品。さらに、マラケシュ国際映画祭で審査員特別賞、日本のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011で監督賞に輝いた。

『KOKORO』は11月4日(土)ユーロスペースほか全国順次公開。

作品情報
映画『KOKORO』​
(2016年/ベルギー・フランス・カナダ/95分/カラー/シネマスコープ/5.1ch)
出演:イザベル・カレ 國村隼 安藤政信 門脇麦 他 
監督・脚本:ヴァンニャ・ダルカンタラ  原作:オリヴィエ・アダム「Le cœur régulier」  
配給・宣伝:ブースタープロジェクト
公式サイト:http://www.kokoro-movie.jp/
(C) Need Productions/Blue Monday Productions
シェア / 保存先を選択