坂口健太郎×忽那汐里×ウカスカジーウェブムービー第二弾『雨、のち、秋、冬。』を公開 メイキング&インタビュー映像も解禁

ニュース
動画
2017.9.7

画像を全て表示(12件)

“niko and ...”(ニコアンド)のウェブムービー第二弾『雨、のち、秋、冬。』が公開された。また、撮影の裏側に迫るメイキングとキャストの坂口健太郎忽那汐里のインタビュー映像も公開されている。

 

“niko and ...”は今年2017年春にブランド設立10周年を迎えたライフスタイル提案型ブランド。ブランドアンバサダーに坂口健太郎忽那汐里を迎え、さまざまなアニバーサリープロモーションを展開している。第一弾として公開された『春、夏、君、僕。』では偶然アパートの隣同士に引っ越してきた坂口と忽那の姿が描かれた。『雨、のち、秋、冬。』では、二人は同じバスに乗り、不思議な旅に出る。劇中では、坂口と忽那が写真を撮りあったり、雨の中一つの傘に二人で入り大草原を駆け抜けたり、うたた寝をする姿が収められている。

 


テーマ曲には、『春、夏、君、僕。』に続いて桜井和寿Mr.Children)とGAKU-MCによるユニット・ウカスカジーの「Anniversary」を起用。メガホンは、サカナクションや水曜日のカンパネラ、CHARAなどのミュージックビデオを手がけてきた山田智和氏がとっている。富士山近郊で撮影行われた撮影では、海辺であったため風が強く、バスの上からトランプが舞ってしまうハプニングも。坂口と忽那がその状況を逆手に取った演技を見せ、美しい映像に仕上がっている。また、二人が小道具を使い分けてカメラにポーズや演技をして見せるシーンでは、アドリブも次々と繰り出されたという。

 
 


坂口健太郎、忽那汐里のインタビューは以下の通り。

――撮影の感想を教えてください。

坂口:新しい空間にポンっと入ってしまったような、ちょっと非現実的なシチュエーションですが、感情の動きはとてもリアリティがあると感じました。忽那さんとの距離も、前回より縮まった、可愛らしい動画になったのではないかと、撮りながら思いました。

忽那:今回は物語がしっかりあって、いつものお芝居の延長線のようでした。だけど、設定とかはなかなか(現実には)なかったりして、楽しかったです。 

――お互いをカメラで撮影する設定ですが、普段から写真は撮りますか?

坂口:写真は好きですけど、趣味レベルです。けれど、今回の撮影で(思ったのですが)ファインダー越しに覗くと(普段と違う世界に見えて)ドキッとするんですよね。それが新しい感覚だったかもしれないです。

忽那:人物が圧倒的に多いですけど、何でも撮影します。でも、今日のカメラはよくピントが分からなくて…。

坂口:そう!難しいよね!

忽那:そうなんですよ、「あれ?あれ?」って。後でよーく見てみます。

――この冬に出会いたいことやものは?

坂口:人と会うってやっぱり面白いから、(機会を)増やしていきたいと思ってます。

忽那:身体を動かすことに出会いたいです。最近(ゴルフの)打ちっぱなしには行くようになったんですけど、まだ自信が無くてコースには出られてなくて……。だからデビューしたいです。

 

なお、“niko and ...”のTVCM全4種類「バス上篇」「バス中篇」「雨篇」「夜篇」各15秒が、9月8日(金)から全国*でオンエアされる(※一部放送されない地域アリ)

放送情報

であうにあうMOVIE

ブランドサイト特設ページ(http://www.nikoand.jp/campaign/2017aw/)

TVCM
放送開始日:9月8日(金)
放送地域:全国 (※一部放送されない地域もございます。) 
CM秒数:15秒(全4種)

■『であうにあう』について
niko and ...は、アパレルや雑貨、家具、飲食を展開する“style editorial brand”です。実用性だけでなく、どこかユーモアを感じさせるアイテムをラインアップしています。niko and ...のお店に行くと、意外な驚きと発見に“であう”、やがて自分のライフスタイルに“にあう”。そんなメッセージを込めて『であうにあう』というキャッチコピーをもとにプロモーションを展開しています

シェア / 保存先を選択