演出家ヤン ジョンウンの問題作『ペール・ギュント』が浦井健治ら日韓20名のキャストで開幕

ニュース
舞台
2017.12.11
『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

画像を全て表示(21件)


日韓文化交流企画・世田谷パブリックシアター20周年記念公演『ペール・ギュント』本公演が12月8日に開幕した。平昌冬季オリンピック開・閉会式の総合演出を務める韓国気鋭の演出家ヤン ジョンウンのもと、浦井健治をタイトルロールに日韓20名のエネルギッシュなキャストが集結。150年前にヘンリック・イプセンにより書かれた不屈の名作を、生演奏、歌、ダンスに彩られた祝祭的なアジア演劇の最前線として甦らせた。

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

ヤン ジョンウンならびに一部キャストから初日コメントが届いたので紹介する。

《 初日コメント 》 初日を終えた心境、本作・自身の役の魅力について(12月8日)

◆ヤン ジョンウン[上演台本・演出]

「生きる」ということは「祝祭」であり、同時に「気づき」でもある。このようなメッセージを含んでいる『ペール・ギュント』という作品を、多くの人に観に来ていただいて、感じて、楽しんでいただきたいと思っています。私自身、(09年・12年の韓国版を経て)再びペールの旅路に戻ってくることができてすごく幸せです。リターン・トゥ・ジャーニー(Return to Journey)という言葉がありますが、この「帰ってきた旅路」で私は感動、幸せ、発見、自覚、気づきや成長を得ることができました。

まるで子どものように純粋で、美しく、ユニークな想像力をもつ、ペール役の浦井さんをはじめ、日本と韓国の出演者のみなさんは愛に満ちていて、オープンで、未知の世界への旅路をためらわない勇気があります。この『ペール・ギュント』の旅路を楽しむことを知っている方々ばかりなので、一緒に作品をつくることができてとても光栄で幸せです。

世田谷パブリックシアターの『ペール・ギュント』を心より愛してます!

◆浦井健治[ペール・ギュント役]

ヤンさんが泣いて喜んでくれたのが、僕にとっての何よりの表彰状です。日韓合同で時間をかけてつくってきて、ヤンさんが見たかったものを初日に持ってくることができた。お客様のエネルギーを僕たちが共有することで生まれた化学反応なのか、それが「演劇」であり、そういう奇跡が初日に起きたことが嬉しかったです。

『ペール・ギュント』は、イプセンが「上演に適していない」と言った通りとてもスリリングな作品ですが、ヤンさんの抽象的な表現がこの作品にとてもリンクしていて、僕もヤンさんが授けてくれた翼のおかげで、ペールなのか浦井なのかという、演じることの境界を心地良く行き来できる役に出会えました。これから年末の兵庫公演まで、毎日を楽しんで過ごせるような良い船旅ができたらなと思っています。

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

◆趣里[ソールヴェイ役(ペールの恋人)ほか]

この作品は、まるでおもちゃ箱やびっくり箱、またはルービックキューブみたいに、シーンが変わるごとにヤンさんの演出によって色々な面が飛び出てきて、深さと楽しさの両方を持っている作品だと思います。ペールがその中を走るジェットコースターのように旅をしているのだとすれば、その間、ソールヴェイにも色々な心の旅があって、心の中で自分自身と戦って自分を探している。そういう強さのある女性だと感じています。

韓国の方々がこのカンパニーにいることでみんなオープンになって、日本にいながらにして海外にいるような楽しさがあります。今日このメンバーで、無事に初日を迎えられてとにかくホッとしています。

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

◆ユン ダギョン[緑衣の女役 ほか]

エンディングで、涙が出てきました。10月に来日して皆と出会ってきたこれまでのすべての旅路が思い浮かんできて、それをまるで祝祭のように、お客様と一緒にこの作品で分かち合えたことがすごく嬉しかったです。日本や韓国という国境を越えてキャスト、スタッフがひとつになってお互いを気遣い、励まし合いながら頑張っている今の過程が幸せです。

お客様のエネルギーは、まるで母親のような広い懐で私たちを包み込んでくださっていて、それが感じられたことも感動的でした。明日からもお客様の前で、母親の前で自由に遊ぶ子どものように、思いっきり遊びまわります。私の家族、友達と一緒に。仲間たちと一緒に。

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

◆マルシア[オーセ役(ペールの母)ほか]

母親というのは偉大な存在で、私も今、オーセを演じていて自分の母親を思い出します。やっぱり、女神ですよね。どんなにとんでもない息子がいてもやっぱり親は親、子どもは子っていう、この愛の絆。幸い浦井さんという素晴らしい俳優が私の息子であることで、本当に日々、愛が増えていく一方です。そして最後は最大の愛で、ペールを含めてステージにいる人、お客様、すべてを包んでいるつもりでいます。

ヤンさんの稽古場はみんなでつくっていきます。そして出来たダイヤモンドに、彼のテクニックがさらに輝く最終的な光を宿すんです。優しくて、愛に溢れてる人間です。またご一緒できたらいいなぁって、そんな希望が生まれましたね。

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

《 ストーリー 》
ペール(浦井健治)は夢見がちな青年。彼の将来を案じる母オーセ(マルシア)をよそに自由奔放な日々を過ごしている。ペールの無垢な魂に惹かれたソールヴェイ(趣里)と結ばれるが、「遠回りをしろ」という闇からの声に導かれるように、海を越え世界を彷徨う。何度も財産を築き、また一文無しになる波瀾万丈の冒険の果てに、やっと故郷を目指すが――。本当の幸せ、真の自分をどこまでも追い求める、150年経った今も古びない壮大な「自分探し」の物語。
 
『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

『ペール・ギュント』撮影=細野晋司(2017年 世田谷パブリックシアター)

公演情報
日韓文化交流企画『ペール・ギュント』

■原作:ヘンリック・イプセン
■上演台本・演出:ヤン ジョンウン
■出演:
浦井健治  
趣里、万里紗、莉奈、梅村綾子、辻田暁、岡崎さつき  
浅野雅博、石橋徹郎、碓井将大、古河耕史、いわいのふ健、今津雅晴、チョウ ヨンホ  
キム デジン、イ ファジョン、キム ボムジン、ソ ドンオ  
ユン ダギョン、マルシア
■公式サイト:https://setagaya-pt.jp/performances/201712peergynt.html

 
<東京公演>
■日程:2017/12/6(水)~2017/12/24(日)
■会場:世田谷パブリックシアター (東京都)

 
<兵庫公演>
■日程:2017/12/30(土)~2017/12/31(日)
■会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール (兵庫県)

 


『ペール・ギュント』 ライブ・ビューイング
~日韓文化交流企画 世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演~

日時:2017年12月20日(水)18:30開演 
会場:全国各地の映画館
 会場リストはこちら>>http://liveviewing.jp/peergynt/
チケット料金:3,800円(全席指定/税込)
一般発売(先着順):2017年12月9日(土)12:00~2017年12月19日(火)12:00
『ペール・ギュント』 ライブ・ビューイング情報サイト:http://liveviewing.jp/peergynt/

シェア / 保存先を選択