世界的デザイナー コシノジュンコが「ここまでやるか」とやりたい放題の表現に思わず感嘆

ニュース
舞台
イベント/レジャー
2017.12.11
コシノジュンコ

コシノジュンコ

画像を全て表示(4件)

ブルゾンちえみとの共演、エイベックス所属のアイドルグループ・BiSの終身名誉メンバーとなるなど、本業のデザイナー業とはかけ離れたことでも話題を創り出していく、世界的デザイナーのコシノジュンコ。今回は、8月から世界初公開、芸術監督ディキ・ジェイムズが創り上げたフエルサ ブルータ『WA!』をコシノが観覧、その感想をお届けする。

「ここまでやるか」と圧倒された

幼少期から岸和田だんじり祭りで大騒ぎをして過ごしてきたコシノジュンコ。大阪・岸和田のだんじり祭りといえば曲がり角を勢いよく豪快にだんじりが曲がる「やりまわし」が有名だ。男たちの怒号が飛び交い、時に負傷者も出る……地元の関西人でも恐れる人がいるという西の有名なお祭りである。

そんな岸和田だんじり祭りを幾度となく経験しながらも、フエルサ ブルータに「やりすぎ」とコメントを寄せるコシノは、続けて「日本の話題全てをやりたい放題表現している、面白い作品」と説明してくれた。

コシノジュンコを驚かせ、日本のみならず世界でも知らない人は少ないオフ・ブロードウェイのパフォーマンス「フエルサ ブルータ」とは? そのルーツを深掘りする。

(C)uemizo

(C)uemizo

『WA!』は地球の裏側から届いた日本 2つの文化の融合

アルゼンチンのクリエイターによって作られた「フエルサ ブルータ」で芸術監督を務めるディキ・ジェイムズ氏は、2003年にフエルサ ブルータの前身ともなる「ビーシャ・ビーシャ」という公演のために日本を訪れた。彼はその後、『WA!』を完成させるために何度も日本に足を運ぶこととなる。

ディキはインタビューで「『WA!』はファンタジーであって、リアルな日本ではない。アルゼンチンと日本という異なる文化で生きているので2つの文化を融合しユニークなものをつくってきたいと考えています。日本だけでは作り上げることのできない。アルゼンチンだけでは作り上げることのできない。2つの文化を合体させた今まで経験したことのないものになると思います。」と答えている。『WA!』の実制作は2009年から始まり、ディキ氏が日本の文献をしらべ、歴史を学び、何度も日本に通い作り上げたものだ。純粋に「外国人」というフィルターで見た日本を表現しているだけではないことにも注目いただきたい。

(C)Keiko Tanabe

(C)Keiko Tanabe

東京オリンピック開催の2020年を目の前に

東京五輪を目前に控える今、日本をどのようにプロモーションしていけば良いのか?という議題が上ることがしばしばある。

「ただただ日本の古典芸能を表現していくだけではなく、一旦壊して、色んなものを色々ごちゃ混ぜにしてみたら面白いと思う……破壊から創造というか」とコシノジュンコは語る。

日本人ではない、アルゼンチンの芸術監督達が描く日本にインスパイアされた「ファンタジー」。誰が東京での開会式を手がけるのか気になり始めた今、フエルサ ブルータはまさに観ておくべきベスト・エンターテインメントと言わずにはいられない。

「みんな観たらいいと思います」(コシノジュンコ)

(C)Keiko Tanabe

(C)Keiko Tanabe


 
イベント情報
Panasonic presents
WA!! -Wonder Japan Experience
-
フエルサ ブルータ


日時:2017年12月14日(木)からロングラン公演
会場:品川プリンスホテル ステラボール 〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30
チケット発売日:2017年11月3日(金・祝)AM10:00より

オフィシャルサイト:
 http://www.FBW.jp 
Instagram:@fb_tokyo
Twitter:@FB_Tokyo 
Facebook:
 http://facebook.com/fuerzabrutaJPN 
YouTube: http://www.youtube.com/fuerzabrutaJPN


★お得な早割、ファン感謝DAY割引あり。
詳細は上記チケット情報ボタンより
シェア / 保存先を選択