世界&佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS)ら FANTASTICSパフォーマーも魅了された「フエルサブルータ『WA!』」

ニュース
舞台
イベント/レジャー
2017.12.15

画像を全て表示(8件)
2017年8月1日に世界初披露として幕を開け、絶賛公演中のフエルサ ブルータ。アメリカ、ニューヨークでの約10年間に及ぶロングラン公演をはじめ、世界30か国60都市以上で500万人以上の観客を魅了している演目だ。2014年の初来日公演では、これまでにないステージやパフォーマンスで大いに話題となったが、今回の最新のステージは日本を強く意識したバージョンで、『WA!』には “和風” “調和” “平和” “輪” など複数の意味が込められ、その演出や衣装、音楽の斬新さでこれまでにも多くの観客を魅了してきた。

先日、このフエルサブルータ『WA!』のロングランが決定、興奮と熱狂が倍増する進化バージョン『WA!!』と姿を変えることが発表された。8月開幕時と比較し、新しい演出、構成、楽曲や映像が加わり、新シーズンとして12月14日からスタートする。


EXILEの世界&佐藤大樹をリーダーに、ダンス&ボーカル、アクトスクール EXPG STUDIOより選抜された精鋭5人のパフォーマーたちが加わった7人組パフォーマー集団、FANTASTICS

自身もパフォーマーとしてエンターテイメントの世界で活躍する FANTASTICS のリーダー、世界(EXILE/FANTASTICS)と佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)も「フエルサブルータ『WA!』」のエンターテイメント性に魅了された。

「見る前は静かに見ていようと思っていたのですが、気が付いたら夢中になってみんなではしゃいでいました!」と世界は公演を目いっぱい楽しんだ様子。「カタチを様々に変えながらダンスやアクロバットで表現していく様はとてもカッコ良く、日本の “和” を象徴しつつも “輪” を感じました。観客全員を巻き込んで、全員が同じ空間、同じ衝撃や同じ音楽を共有できる事にとても感動しましたし、そしてそれは入り口を入った瞬間から始まっていました」と会場に入った時からの興奮を語った。

何度観てもその迫力と勢いに驚かされるのがフエルサブルータ。初見であればなおさらだ。初めて会場を訪れた時に感じる「一体これから何が始まるんだろう」という胸が高まるあの感覚、そしてそれを全く裏切ることのない怒涛のパフォーマンスは、フエルサブルータの魅力の一つだ。

佐藤が衝撃を受けたのは、巨大プールのパフォーマンスだという。「観客の頭上に巨大で透明なプールが現れ、4人の女性が優雅に泳ぎまわるパフォーマンスでは、女性それぞれの表情が魅力的でした。観客がその透明なプールに触れる事が出来る不思議で斬新な空間がとても印象的でした!」と佐藤。表情に注目するあたり、さすが表現者と感心させられる。

頭上に出現する巨大プールが徐々に降りてくると、パフォーマーたちと目が合うくらいの距離感になり、さらに触れることもできるようになる。一様に驚きの表情を浮かべているであろう観客たちに、パフォーマーたちは、一点の曇りもない美しくもエネルギーに満ちた笑顔を向けてくる。そこにいる観客一人ひとりにその笑顔の連鎖反応が起こり、自然とボルテージも上がる。そう、この公演では、パフォーマーと観客とのコミュニケーションがとても密なのだ。

何も笑顔が美しいのは巨大プールの女性パフォーマーたちだけではない。男性パフォーマーたちの笑顔も、真剣な表情も魅力的だ。さらに言えば、フエルサブルータのパフォーマーたちは全身全霊で観客を楽しませようと、表情から身体の動き全てにおいて力を抜くことはない。一つひとつのステージに、持てるすべてを注ぎ込むのが彼らが目指すパフォーマンスであり、求められているものなのだから、その迫力は推して知るべし、である。

「『フエルサブルータ WA!』を見る前からとても楽しみにしていました!エンタテインメントとしても、観て、体験して、自分たちがどこか異次元のお祭りに来たかの様に感じるエンタテインメントは本当に最高でした。初めて自分がお祭りに行った時の感覚や、見た事も体験した事もないような感覚になる舞台です!とても楽しかったです!!」(世界

パフォーマーとして活躍する世界と佐藤もそのパフォーマンスに魅了されたフエルサブルータ。彼らの体験した心沸き立つ未知の体験へ、お祭り気分で参加してみてはいかがだろうか。
 

出演者が公演1時間前に決まる緊張感

フエルサブルータのパフォーマーたちから溢れ出す熱量は相当なもの。表情も動きも、全てにおいてその瞬間のベストをたたき出す。だからこそ観客の心を動かし、感動を生み出すことができる。彼らのパフォーマンスなしに、フエルサブルータは成立しない。

そんな常に最高を提供するフエルサブルータだが、サムライランニングなどのすべての役が毎日毎回変わっているということをご存知だろうか。

連日、本番前には出演者ミーティングが行われる

連日、本番前には出演者ミーティングが行われる

「フエルサブルータ WA!」にはおよそ20人前後のパフォーマー、ミュージシャンが出演している。1人が1公演中に様々な役回りを担当するのだが、通常では考えられないシステムが採用されている。それは、役が直前(約1時間前)に決定するということだ。

毎回の公演キャスティングはパフォーマーのリーダー(ダンスキャプテン)が考え、約1時間前に最終決定を下す。パフォーマーの体調やテンションなどを考慮し、直前までパズルを動かし、決定するのだという。巨大プールの件でも述べたが、この公演でのパフォーマーと観客との距離を考えてみてほしい。超至近距離、それこそ目の前でのパフォーマンスだ。つまり、パフォーマーの技術はもちろんのこと、それ以上に「気持ち」や「体調」など、精神的なものが伝わってしまう、そういう特別な距離感なのだ。だからこそ、最高のパフォーマンスをたたき出すために、最適なパフォーマーを選出するという訳だ。

このパフォーマー選出方法について、芸術監督のディキ・ジェイムズは「日本人は計画的に物事を進めるけど、私たちの社会は即興社会なのでその違いもある」と語るが、アルゼンチン由来のその方法(フエルサブルータはアルゼンチン生まれである)が逆に私たち日本人には新鮮に映る。さらに言えば、お互いの役回りを知ることによってチームワークもしっかり生まれて気持ちのリフレッシュも可能になり、パフォーマーたちは常に新たな気持ちで目の前の演目に全身全霊でぶつかることができるようになる。通常では起こりうる「中だるみ」という言葉は、このフエルサブルータには無縁なのだ。

何度訪れても新たな感動とエネルギー、さらに楽しさに満ちている理由は、まさにこの緊張感ゆえ。フエルサブルータの「熱さ」を支えている要因の1つとなっているのだ。

持てる力全てを駆使し、エネルギーに満ち溢れた全力のパフォーマンス。未体験の方は、ぜひとも一度、そのエネルギーの渦に心地よく巻き込まれてみてほしい。

イベント情報
Panasonic presents
WA!! -Wonder Japan Experience
-
フエルサ ブルータ


日時:2017年12月14日(木)からロングラン公演
会場:品川プリンスホテル ステラボール 〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30
チケット発売日:2017年11月3日(金・祝)AM10:00より

オフィシャルサイト:
 http://www.FBW.jp 
Instagram:@fb_tokyo
Twitter:@FB_Tokyo 
Facebook:
 http://facebook.com/fuerzabrutaJPN 
YouTube: http://www.youtube.com/fuerzabrutaJPN

 
★お得な早割、ファン感謝DAY割引あり。
詳細は上記チケット情報ボタンより
シェア / 保存先を選択