『カラー・パープル』のシンシア・エリヴォが初来日!城田、ラミン、シエラと夢の競演!『4Stars 2017』東京公演開幕!

レポート
舞台
2017.12.21


ブロードウェイで活躍するミュージカルスターが来日し、様々なミュージカルナンバーを披露するスペシャルショー4Stars 2017』の東京公演が、2017年12月20日(水)、東京・東京国際フォーラム ホールCにてスタートした。大阪公演がらスタートした本公演がいよいよ東京で上演されるということで、公演の一部が披露され、その後、ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス、シンシア・エリヴォ、城田優が囲み会見に応じた。

4Stars』とは、世界で活躍するミュージカルスター4名によってミュージカルの醍醐味や魅力を極上の歌声を披露するという企画。2013年の初上演に始まり、今年は約4年ぶり、2度目の上演となる。ラミン、シエラ、城田は前回に引き続いての出演、そしてシンシアは初来日で初登場となる。

シンシア・エリヴォ、シエラ・ボーゲス

シンシア・エリヴォ、シエラ・ボーゲス

40曲あるナンバーからこの日披露されたのは4人揃って歌う楽曲の中から、ミュージカル『塔の上のラプンツェル』より「輝く未来(“I See The Light”)」とミュージカル『マイ・フェア・レディ』から「踊り明かそう(“I Could Have Danced All Night”)」の2曲。シエラが高音域の美声で歌い始めると、そこに少し低めでやわらかいシンシアの歌声が重なり、さらに強く太いラミンの声が楽曲にはっきりとした輪郭を描き、そして城田の声が繊細さとツヤを加える。いずれの声も沈まずに際立ち、実に素晴らしいハーモニーを描いていた。「踊り明かそう」では、ダンサーとして大村俊介(SHUN)、前田純枝、三井聡、矢野祐子というこちらも世界レベルのダンサーが加わって、曲タイトルのとおり、男女ペアになって物語の一場面さながらに踊っていた。

(左から)ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス、シンシア・エリヴォ、城田優

(左から)ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス、シンシア・エリヴォ、城田優

もっと4人の歌を聴いていたい、という思いを抱きつつ、囲み会見へ。

『オペラ座の怪人』ファントム役、『レ・ミゼラブル』ジャン・バルジャン役として知られるラミンは「大好きな東京に戻ってくることができて嬉しいです。今回この3Starsと、大阪に続いて東京でも新たに公演ができることを楽しみにしています」と笑顔を浮かべつつ挨拶。

ラミン・カリムルー

ラミン・カリムルー

『レ・ミゼラブル』のファンテーヌ役、ディズニー・ミュージカル『リトル・マーメイド』でアリエル役を演じたシエラは「何よりもこの東京国際フォーラムで公演が出来ることが嬉しいです。昨日ここでサウンドチェックをして、ハッピーな気持ちになりました」と語った。

シエラ・ボーゲス

シエラ・ボーゲス

シンシアは、ミュージカル『カラー・パープル』でブロードウェイデビューを果たし、そこで演じた主人公セリー役が大絶賛。2016年のトニー賞主演女優賞を受賞し一躍脚光を浴びた新たなるスター。「この素晴らしい3人と共演できることにエキサイトしています」と喜びを表したシンシアは、東京の観客の反応を楽しみにしていると話した。

シンシア・エリヴォ

シンシア・エリヴォ

そして、城田の番になると、ラミンたち来日アーティストのごとく英語風に話し出したので、マスコミはもちろんシンシアたちも思わず噴き出していた。改めて「大阪公演では、最初緊張していたんですが、この3人のポジティブな力に助けられ、楽しく歌えました。僕自身は舞台をやるといつもメンタルが弱くなってしまうのですが、今回はすごく楽しく歌えています」とコメント。また、4年前の初演では「世界を代表する3人(『ミス・サイゴン』キム役のレア・サロンガ、ラミン、シエラ)と僕の間の壁が高かったんですが、今回は半分くらいになったかなと思います」と、笑いながら語った。

城田優

城田優

その言葉の裏側には、城田がどれだけこのショーのために力を尽くしたか、という話に紐づく。城田は今回20曲近くソロもしくは誰かと組んで歌うのだが「歌詞を覚える、発音を正しく覚えるのが大変でした」と話す。一見外国語は得意そうなイメージを持つ城田だが「元々英語で話せるわけではないんです。中学校で初めて教科書を開いた時、初めて英語と触れ合ったくらいです。NYで3人と稽古をしたんですが、発音と歌詞を覚える段階で、何度も挫折しました。稽古ではひたすら歌う、読む、書くの繰り返し。反復練習をしていましたね」と辛かった当時を思い出していた。

会見の途中から合流した演出家のサラナ・ラパインは、このショーのテーマについて「いろいろなミュージカル作品から歌を選びましたが、楽曲を集めただけでなく、そこに何かストーリーを作りたい、と思ったんです。ベルフックスというアメリカの芸術家の作品にインスピレーションを受け、その方の考え―いかにして困難な時にも愛を失わないでいられるか、ということをこのショーでも大切にしたいと思い『愛の探求』をテーマにしました」と説明した。

サラナ・ラパイン

サラナ・ラパイン

話は日本での暮らしについて。城田が3人のケアをマメにしている、という話になり、シエラが「私たちが何が好きなのか、何を食べたいのかなど、優はすべて知っていて、通訳もしてくれます。本当に家族のようです」と嬉しそう。その言葉に城田は照れ隠しなのか「後ほど、ギャラを請求しますね」と言うと、ラミンたち3人は同時に笑い出していた。シンシアにも城田が影響を与えていたようで「初めての日本で何をしたいか」という質問に「スニーカーが大好きなので、オニツカタイガーという店に行きたいです」と主張するシンシア。城田がオニツカタイガーの靴を履いているのを見て、どこで買えるのか、など興味を持ったそうだ。

会見の終盤、キャストたちはぜひ会場で直接このショーを楽しんでほしい、と語り、中でも城田は「音楽は国境を超える、と体感できるショーです。3人の歌声を一人でも多くの方に聴いていただきたい」と力を込めていた。

4Stars 2017』東京公演は、12月28日(木)まで東京国際フォーラム ホールCにて上演。

『4stars 2017』

『4stars 2017』

取材・文・撮影=こむらさき

公演情報
『4Stars 2017』

演出:サラナ・ラパイン
■出演 (アルファベット順):
シンシア・エリヴォ
ラミン・カリムルー
シエラ・ボーゲス  
城田優
ダンサー(五十音順):大村俊介(SHUN)、 前田純枝、 三井聡、 矢野祐子

■公演スケジュール
【大阪公演】2017年12月14日(木)~12月17日(日)梅田芸術劇場 メインホール ※終了
【東京公演】2017年12月20日(水)~12月28日(木)東京国際フォーラム ホールC

■チケット好評発売中
【出演者変更について】
本公演に出演を予定しておりました、 パティーナ・ミラーは、 本人の都合により来日することができなくなった為、 代わってシンシア・エリヴォが出演いたします。 出演者変更に伴い、 既に発表している楽曲の一部が変更となる可能性がございます。 
この変更に伴うチケット料金の払い戻しはございません。 

 
■お問い合わせ(10:00~18:00)
梅田芸術劇場【東京】0570-077-039 【大阪】06-6377-3800

■公式HP  http://4stars2017.com  
■公式ツイッター @4Stars_2017
■公式インスタグラム @4Stars_2017

【東京公演主催】キョードー東京・テレビ朝日・ワタナベエンターテインメント・梅田芸術劇場
【大阪公演主催】朝日放送・ワタナベエンターテインメント・梅田芸術劇場
【企画・制作】 梅田芸術劇場

シェア / 保存先を選択