緑黄色社会、沖田円最新刊『きみに届け。はじまりの歌』作中に歌詞を提供

ニュース
音楽
2017.12.21
緑黄色社会

緑黄色社会

画像を全て表示(2件)

沖田 円の最新刊『きみに届け。はじまりの歌』(12月28日発売)と緑黄色社会のコラボ企画として、作中に歌詞を提供していることがわかった。

『きみに届け。はじまりの歌』は、『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』(発行部数24万部)を代表作とする10代から圧倒的人気を得る作家・沖田 円の最新刊。著者の出身地である愛知県安城市にゆかりのある物語で、物語終盤で主人公・カンナが葛藤の末に書き上げた「リトルシンガー」の作詞を、著者がかねてよりファンだという緑黄色社会のボーカル・長屋晴子が手掛けた。“自分らしさとは何か”を問う、本作のアンサーソングになっている。

そして緑黄色社会のメンバーも愛知県出身であることから、発売日の12月28日(木)には、愛知県のイオンモール大高店・未来屋書店にて、沖田 円とボーカル・長屋晴子、2人のサインが入った初版本の限定販売が決定している。

また、緑黄色社会は2018年4月~5月に6都市を巡るツアー『リョクシャ化計画2018』の開催を発表しており、オフィシャルHP抽選先行予約受付を2018年1月5日(金)10:00~1月14日(日)23:00に行なう。

書籍情報
『きみに届け。はじまりの歌』
『きみに届け。はじまりの歌』

『きみに届け。はじまりの歌』

沖田 円(おきたえん)/著 イラストレーター/フライ
本体価格:570円+税
【あらすじ】主人公の高校2年生のカンナは、ある日、所属している部員6人のボランティア部が残り3ヵ月で廃部になるという告知を受ける。活動の最後に、地元名物・七夕まつりのステージに立とうとバンドを結成する6人。昔からカンナの歌声の魅力を知る幼なじみのロクは、カンナにボーカルとオリジナル曲の制作を任せる。自分らしく生きる意味がつかめず、親の跡を継いで医者になると決めていたカンナに、一度捨てた夢―歌への情熱がよみがえり…。『自分らしさとは何か』を問う、著者渾身の書き下ろし作品に、ラストは清々しい涙が頬を伝う。

<沖田 円 プロフィール>
愛知県安城市出身・在住。超人気小説『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』は24万部を突破し、現在スクウェア・エニックスのガンガンコミックスONLINEにてコミカライズ単行本も発売中。また、他にも『一瞬の永遠を、きみと』『春となりを待つきみへ』『神様の願いごと』『真夜中プリズム』等ヒット作が続き、全著作累計57万部を突破(すべてスターツ出版刊)。

 

ライブ情報
緑黄色社会ライブツアー“リョクシャ化計画2018”
4月27日(金) 福岡DRUM SON
4月30日(月・祝) 名古屋クラブクアトロ
5月3日(木・祝) 梅田クラブクアトロ
5月5日(土・祝) 仙台LIVE HOUSE en 3rd
5月6日(日) 渋谷クラブクアトロ
5月12日(土) 札幌コロニー

<チケット>
札幌・仙台・福岡 ¥3,500 / 東京・名古屋・大阪 ¥3,800
※全会場オールスタンディング
※ドリンク代別途
※消費税込
※未就学児入場不可

<オフィシャルHP先行申込予約>
申込期間:2018年1月5日(金)10:00~1月14日(日)23:00
http://www.ryokushaka.com/

<一般発売>2018年3月24日(土)
シェア / 保存先を選択