皇后杯は日テレ・ベレーザが優勝! なでしこリーグに続き2冠達成

ニュース
スポーツ
2017.12.25
3年ぶりの皇后杯戴冠と、今年2冠の達成に喜びを爆発させる日テレ・ベレーザの選手たち

3年ぶりの皇后杯戴冠と、今年2冠の達成に喜びを爆発させる日テレ・ベレーザの選手たち

画像を全て表示(7件)

『第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会』の決勝戦となる、日テレ・ベレーザノジマステラ神奈川相模原戦が24日(日)、大阪のヤンマースタジアム長居で行われた。試合は3-0で日テレが快勝。日テレは今年のなでしこリーグ優勝に続いて、3年ぶりの皇后杯戴冠で2冠を獲得した。

初の決勝に進んだノジマステラは、菅野将晃監督が「相手をリスペクトし過ぎた」という言葉どおり、序盤から選手たちの硬さが目立った。その一瞬の隙をついた日テレのFW田中美南が、開始6分に技ありのループシュートで1点を先取している。

それでもアグレッシブさが持ち前のノジマステラは、なんとか前線に球を送ろうとするが、今大会1失点という日テレの堅いディフェンスに阻まれ、なかなかシュートチャンスを作れない。集中力が途切れたその瞬間をDF岩清水梓が見逃さず、縦パスで前線に放り込むと、後ろから上がった阪口夢穂が冷静にノジマステラのGK田尻有美のポジションを確認して、24分にちょこんと足であわせて2点目。序盤で日テレが主導権を握った。

後半はノジマステラの思い切りの良さが戻り、互角の競り合いとなった。しかし、74分に田中がノジマステラのDF國武愛美のタックルを交わして左足で左サイドネットを揺らし、今大会最多の通算7点目となるダメ押しの3点目を入れて試合を決めている。試合後、田中は「結果でチームに貢献できるようになったのは成長の証だが、内容をもっと上げて、より結果を出せるよう貢献したい」と自身のプレーのさらなる向上を誓った。

日テレの主将・岩清水は「(今月行われた)代表戦もあり、帰ってきた選手もコンディション作りが大変だった。今日の試合内容には満足していないが、最後まで集中して戦えた。頼もしい仲間に囲まれて良かった」と今年最後の試合を勝利で終えた喜びを語った。

この試合で引退するノジマステラの主将・尾山沙希は「最高の舞台を作ってくれて仲間に感謝。サッカーをやっている人は、9.9割は大変なことばかりで、今日の試合は(そのうちの)0.1割だけど、自分にとってすごく大きなこととなった」と清々しく現役最後のプレーを振り返った。

シェア / 保存先を選択