植田真梨恵、ファンと歌ったO-EASTの夜

レポート
2015.10.4
「植田真梨恵LIVE TOUR UTAUTAU vol.2」の様子。(撮影:竹谷さくら)

「植田真梨恵LIVE TOUR UTAUTAU vol.2」の様子。(撮影:竹谷さくら)

植田真梨恵が昨日10月3日に東京・TSUTAYA O-EASTにてワンマンツアー「植田真梨恵LIVE TOUR UTAUTAU vol.2」の初日公演を開催した。

ライブ開始早々にアッパーチューン「彼に守ってほしい10のこと」で場内の熱気を引き上げた彼女は、笑顔でインディーズ時代の楽曲や新曲を届けていく。MCでは「今日は頭から最後まで歌にパワーを込めて歌っていきたいと思います」と挨拶。その言葉通り、ギターをかき鳴らしながら「FRIDAY」「きえるみたい」などを力強く披露した。

ライブ中盤は植田のさまざまな表情が見えるパートに。髪を振り乱しながら情感を込めて「ザクロの実」を歌い上げた彼女は、「愛おしい今日」を語りかけるように優しく歌う。かと思えば、轟音のバンドサウンドに乗せて「壊して」を熱唱してオーディエンスを圧倒した。

その後、植田は客席を二手に分けてコール&レスポンスを行い、うれしそうな表情を見せる。そして軽快なステップを踏みながら「中華街へ行きましょう」、観客と一緒にタオルを振り回しながら「カルカテレパシー」をパフォーマンスした。最後のMCでは「たくさん言いたいことはあるんですけど、今日は全部歌に込めて歌ってきました。明日からもたくさん笑って元気に過ごしてください」と語り、スローテンポにアレンジされた「わかんないのはいやだ」をスタートさせる。彼女がマイクを客席に向けると、ファンは大合唱で呼応。会場が一体感に包まれる中、彼女は満面の笑みでツアーのスタートを切った。

植田真梨恵LIVE TOUR UTAUTAU vol.2(※終了分は割愛)

2015年10月10日(土)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
2015年10月11日(日)愛知県 ElectricLadyLand
2015年10月25日(日)福岡県 DRUM Be-1

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択