“ドS”な吸血シーンに注目! 10人のヴァンパイアによる舞台『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』開幕

レポート
舞台
アニメ/ゲーム
2018.1.25
(手前左から)高宗歩未、小波津亜廉、井深克彦、荒一陽、佐藤友咲、和合真一、高本学(上段左から)遊馬晃祐、斉藤秀翼、杉山真宏、西野太盛  撮影=松本裕美

(手前左から)高宗歩未、小波津亜廉、井深克彦、荒一陽、佐藤友咲、和合真一、高本学(上段左から)遊馬晃祐、斉藤秀翼、杉山真宏、西野太盛  撮影=松本裕美

画像を全て表示(10件)

舞台『DIABOLIK LOVERS  MORE,BLOOD』が2018年1月24日からクラブeXにて開幕。公開前にゲネプロ公演と、キャスト全員による囲み取材が行われた。

DIABOLIK LOVERS』――通称“ディアラヴァ”は、ドSなヴァンパイア・逆巻六兄弟と主人公・小森ユイの過激な恋愛模様を描いたゲームで、2013年のアニメ化を皮切りにメディアミックス展開している人気作品。2015年8月(舞台『DIABOLIK LOVERS』)と2016年8月(舞台『DIABOLIK LOVERS~re:requiem~』)に続く3作目となる本舞台は、舞台『DIABOLIK LOVERS  MORE,BLOOD』と題しキャストもほぼ一新され、新たに逆巻家とヒロインを奪い合う無神四兄弟が登場する。

舞台『DIABOLIK LOVERS  MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

舞台『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

常に上から目線の俺様ドSである逆巻アヤトを演じるのは荒一陽。囲み取材では「吸血シーンに注目してほしい」と語っている。目の下の隈が印象的なヤンデレ系ドS・逆巻カナト役には佐藤友咲。ぬいぐるみのテディを片時も離さないでいるが……。アヤト・カナトとともに逆巻家三つ子のひとり、逆巻ライトは言葉攻めが得意な粘着系ドS。1作目から続いて井深克彦が演じる。逆巻家長男、常に音楽を聴いている無気力系ドS・逆巻シュウ役は小波津亜廉。いつもダルそうだが、たまに優しさが垣間見えることも。

舞台『DIABOLIK LOVERS  MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

舞台『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

慇懃無礼の執事系ドSの逆巻レイジを演じるのは和合真一。丁寧なふるまいの中に見え隠れするドSに翻弄される。うまく自分の思いを表現することが出来ずに言動が荒くなってしまう暴愛系ドSの逆巻スバルは高本学が演じる。

逆巻家は父親が同じの腹違いの兄弟であり、全員がヴァンパイア。特別な血を持つヒロイン・小森ユイの首筋にことあるごとに牙を突き立てる。息を吸う音や、ジュルジュルと血をすする音が聞こえるその様はまさに官能的。さらにもっと、もっと、とドSなふるまいをしながらユイを追い詰めて血を求める彼らにドキドキが止まらない。

舞台『DIABOLIK LOVERS  MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

舞台『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

さらに逆巻六兄弟とヒロインの前に現れたのが、無神と名乗る4人。ユイのことを“イヴ”と呼ぶ四兄弟の目的、そして“アダム”と“イヴ”とは――?

無神家の長男にして参謀系ドS・無神ルキ役の斉藤秀翼は、逆巻アヤト役の荒一陽とともにW座長を務める。小悪魔的な性格で、明るく人懐っこい面とドSな面の豹変ぶりが印象的なアイドル系ドS、無神コウは杉山真宏が演じる。声も身体も態度も大きな野生児系ドS、無神ユーマ役は遊馬晃祐。彼らの過去にも注目したい。西野太盛が演じるのは、無神家四男にして弱気系ドSの無神アズサ。傷をつけたり虐められることが好きというヴァンパイアである。

舞台『DIABOLIK LOVERS  MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

舞台『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

逆巻家に居候することになったヒロイン、小森ユイは逆巻ライト役・井深克彦同様に、高宗歩未が1作目から続投する。高宗は囲み取材で「お客様の気持ちになってユイちゃんを演じたい」と語っているが、逆巻家、無神家の合計10人のヴァンパイアたちに代わる代わる血を吸われている様子を見ていると、あたかも自分の首元に牙が当たっているような錯覚を起こしそうだ。

吸血鬼という題材独特の吸血シーンはもちろん、無神四兄弟それぞれの過去や彼らに課せられた使命などそのストーリーにも注目してほしい。
 

囲み取材

――ゲネプロ公演を終えてのお気持ちをお願いします。

逆巻アヤト役 荒一陽(以下、荒):ゲネプロ公演を終えて安心した部分もありますが、劇場に入って気をつけなきゃなと思う面が見つけられてよかったと思います。本番に向けて最後の追い込みをしたいです。僕はこの作品がもともと大好きで、舞台も1作目を見に行かせていただいたんですが、いよいよ逆巻アヤトとして舞台に立つんだなって実感が湧いてきて、すごく楽しみです。

――見どころの吸血シーンなんですが、こだわりや注目してほしいところはありますか?

:僕が演じる逆巻アヤトくんは俺様ドSで独占欲が強いキャラクターです。今回の作品でも独占欲丸出しで、血に飢えてます。セクシーで濃厚で俺様な吸血を是非ごらんください!

舞台『DIABOLIK LOVERS  MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

舞台『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

――今回は新キャラクターとして無神四兄弟が出ていますが、ゲネプロを終えての感想をお聞かせください。

無神ルキ役 斉藤秀翼(以下、斎藤):タイトな時間で進んできて、一瞬で稽古期間が終わってしまいました。今までの稽古で見てきたお互いの意識やエネルギー量が非常に高くて、それをさらに倍増させて初日公演を迎えたいなと思います。円形で特殊なステージでギミックも多いので、怪我なく最後の千秋楽までみんなで乗り切っていけたらいいなと思います。

舞台『DIABOLIK LOVERS  MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

舞台『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

――無神四兄弟の雰囲気はどうですか?

斉藤:表面上はとても仲がいいと思います。

遊馬:表面上ってなんだよー!(笑)

斉藤:座組全員で仲も良いんですが、お芝居の話になると無神でご飯行こうってなったり、稽古場で集まって話していたりとかします。逆巻家と無神家でチーム感や対抗心が少なからずあると思うので、無神は良くしたいねって、稽古が始まった時から思っていました。逆巻ぶっ潰してやろうって思ってます。

――井深さん、高宗さん、3作続けての出演になりますが、新しいメンバーはどんな雰囲気でしょうか。

逆巻ライト役 井深克彦(以下、井深):三作目にしてガラリと変わり、無神兄弟という新キャラクターも出てきました。今までの「ディアラヴァ」とはまた違う新しい風が吹いてきて、物語も大きく動いていきますし、見ているお客様もより一層見どころも増えて楽しめるんじゃないかなって思います。さらにパワーアップしたものをお届けできたらなって思います。

舞台『DIABOLIK LOVERS  MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

舞台『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

小森ユイ役 高宗歩未(以下、高宗):さらに4人の新キャラクターが増えて、前回よりも吸血シーンがすごく多いなっていう印象があります。リアルに貧血になるんじゃないかっていうくらい、吸血シーンの稽古をしました。タイトな時間の稽古の中でやればやるほどどんどん仕上がってきて、特にクラブeXという劇場も、この劇場自体が逆巻家や無神家みたいな雰囲気になっているので、お客様も「観る」だけじゃなくて「体験」していただけるんじゃないかなって思います。ユイちゃんはお客様と一番距離が近い存在だと思ってますので、お客様の気持ちになってユイちゃんを演じたいと思います。

舞台『DIABOLIK LOVERS  MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

舞台『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

――最後に、お客様へ一言ずつお願いします。

高宗:さらにパワーアップした『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』、お客様一人ひとりがユイちゃんという気持ちで、ドキドキさせていきたいなと思いますので、ぜひぜひクラブeXまで足を運んでください、お待ちしています。

無神アズサ役 西野太盛:無神家の絆を要チェックです! よろしくお願いします。

無神ユーマ役 遊馬晃祐:今回は歌もあり、ダンスもあり、お芝居ももちろん、吸血シーンもあり、殺陣もあるので盛りだくさんです。良い熱量を初日にぶつけられたら良いなと思います。

無神コウ役 杉山真宏:無神家は新キャラクターなので、新たな風を巻き起こせるように精一杯頑張りたいと思います。

斉藤:今までの作品を見たことがある方も見たことがない方も、この派手な髪の毛や目の色に目がいくと思います。ヴァンパイアなんですが一人ひとり生きている者の心を繊細に紡いでいきたいなって強く思っていますし、そういう部分を見ていただけたら良いなと思っています。

逆巻スバル役 高本学:逆巻家は井深さん以外は全員新しいキャストなので、新しい逆巻家のチームワークも見ていただけたらと思います。前回までの舞台に負けないくらいのエネルギーを持っている逆巻家だと思うので、全力で頑張りたいです。

逆巻レイジ役 和合真一:たくさんの方に愛されている「ディアラヴァ」という作品を、原作ファンの方々だけではなくて初見の方にも見ていただけるように、独特な世界観を楽しんでいただけるように我々も頑張って演じていきたいと思っています。皆様楽しみにしていてください。

逆巻シュウ役 小波津亜廉:最後の最後までキャラクターを愛して、作品を愛して、そしてカンパニーのメンバーを愛して、一瞬たりとも気を抜かないで、役として千秋楽までいければと思っています。キャストみんなこのステージに上がることも楽しみにしていますし、お客様も観劇を楽しみにされていると思いますので、一緒に楽しんで舞台を作っていければなと思います。

井深:毎回この作品に参加するたびに思うんですが、若手俳優のこういった過激なシーンは他ではなかなか見ることができないと思っていますので、お客様は覚悟して見にきていただきたいです!

逆巻カナト役 佐藤友咲:生歌のシーンが特に楽しんでいただける部分だと思っていますし、それと「ディアラヴァ」のためにあるような劇場だなってすごく感じています。可愛いカナトの闇の部分もぜひ楽しんでください。

:僕たち逆巻家以外にも新しく無神家というキャラクターたちが加わって、ユイちゃんを奪い合うバトルを楽しんでいただけたらと思います。そして円形の珍しい会場となっていますので、その部分も楽しんでいただけるんじゃないかなって思います。最後まで作品をキャラクターに愛を持って、全力で演じていきたいと思っておりますので、応援よろしくお願いします!

舞台『DIABOLIK LOVERS  MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

舞台『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』  撮影=松本裕美

取材・文・撮影=松本裕美
(C)Rejet・IDEA FACTORY/DIABOLIK LOVERS MB PROJECT
(C)舞台「DIABOLIK LOVERS MB」製作委員会 
   

公演情報
舞台「DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD」

■キャスト
逆巻アヤト役/荒 一陽、逆巻カナト役/佐藤 友咲、逆巻ライト役/井深 克彦、
逆巻シュウ役/小波津 亜廉、逆巻レイジ役/和合 真一、逆巻スバル役/高本 学、
無神ルキ役/斉藤 秀翼、無神コウ役/杉山 真宏、
無神ユーマ役/遊馬 晃祐、無神アズサ役/西野 太盛、小森ユイ役/高宗 歩未
■スタッフ
演出/なるせ ゆうせい、脚本/太田 ぐいや
■原作:オトメイト(アイデアファクトリー・Rejet)
■原作協力:DIABOLIK LOVERS MB PROJECT

■公演期間:2018年1月24日(水)~28日(日) 全8公演
■会場:クラブeX(品川) 
■チケット料金:アリーナ席:9500円(非売品グッズ付き)
1Fボックス席 :6800円 / 2Fバルコニ―席 :5800円

■公式サイト:http://stage-dialover.com/
■公式twitter:@stage_dl

 

 

リリース情報
DVD 舞台「DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD」

◆発売日:2018年4月25日(水)
◆品番:FFBS-0014
◆価格: ¥8,056+税
◆発売元:舞台「DIABOLIK LOVERS MB」製作委員会
◆販売元:フロンティアワークス                                                                                       
◆初回特典:①イベント参加抽選応募券 ②キャストブロマイド
シェア / 保存先を選択