現代アートの展覧会『六甲ミーツ・アート芸術散歩2018』開催決定 作品の公募も実施中

ニュース
アート
2018.2.10
明和電機《ひっぱれ!六甲ケーブルカー》2017年 六甲ケーブル

明和電機《ひっぱれ!六甲ケーブルカー》2017年 六甲ケーブル

画像を全て表示(4件)

2018年9月8日(土)から11月25日(日)まで、現代アートの展覧会『六甲ミーツ・アート芸術散歩2018』が開催される。

『六甲ミーツ・アート芸術散歩』は、神戸・六甲山の土地柄や景観を活かした現代アート作品を通じ、自然や眺望、文化や歴史といった、六甲山本来の魅力を五感で感じてもらい、これを機に新たな六甲山ファンを増やし、山上の活性化につなげていきたいという思いのもと2010年秋から毎年開催されているもので、今回で9回目となる。今回は招待、公募をあわせ約35組のアーティストが、8会場を舞台に六甲山ならではの作品を制作・展示する予定となっている。

開催に伴い、公募部門の作品が2月1日(木)から5月7日(月)まで募集されているので、気になる人は詳細をチェックして欲しい。

[参考イメージ]2017年作品

[参考イメージ]2017年作品

■ 作品イメージ

六甲山のエリア特性をじっくりと読み込み、自然や景観、歴史を採り入れた作品を各会場に展示します。
※以下は2017年の作品です。

 

 開発好明《スペース・ホワイト・カフェ(SWCafe)》2017年天覧台

開発好明《スペース・ホワイト・カフェ(SWCafe)》2017年天覧台

奥中章人《Inter-world-sway》 2017年六甲オルゴールミュージアム

奥中章人《Inter-world-sway》 2017年六甲オルゴールミュージアム

■ 出展アーティスト、展示作品について

「六甲ミーツ・アート芸術散歩2018」では、招待アーティストと、公募によって選出されたアーティストの作品を展示します。出展アーティストは「六甲ミーツ・アート芸術散歩2018」の開催にあわせて、新たな作品を制作します。招待アーティストと公募アーティストを合わせ、約35組の作品を展示する予定です。

招待アーティストについては、決まり次第、随時webサイト(http://www.rokkosan.com)で発表します。

※2018年1月29日(月)現在の情報です。変更が生じた場合はwebサイト(http://www.rokkosan.com)で発表します。

 
イベント情報
『六甲ミーツ・アート芸術散歩2018』
【会 期】
2018年9月8日(土)~11月25日(日)※会期中無休
【開催時間】10時~17時※会場により17時以降も鑑賞できる作品あり
【会 場】
しだ
六甲ガーデンテラス、自然体感展望台六甲枝垂れ、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、
六甲オルゴールミュージアム、六甲ケーブル(天覧台含む)、六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)
[プラス会場]TENRANCAFE
※プラス会場「TENRANCAFE」の展示作品については、カフェのご飲食利用が必要です。
【料 金】
4つの有料会場をお得に巡ることができる「鑑賞チケット」を発売
当日券:大人2,000円、小人1000円/発売期間:2018年9月8日(土)~11月25日(日)前売券:大人1,700円、小人850円/発売期間:2018年4月1日(日)~9月7日(金)
※小人料金:4歳から小学生。
※中学生以上の学生は、学生証の提示で学生割引料金(1,800円)を適用。
※本チケットで有料4施設(「自然体感展望台六甲枝垂れ」「六甲山カンツリーハウス」「六甲高山植物園」「六甲オルゴールミュージアム」)にそれぞれ会期中1回の入場(当日は再入場可)が可能です。有料4施設に入場後も、当日外のお好きな日に、いずれかの有料施設に更に1回入場できる特典つきです。
※六甲ケーブル及び六甲山上バスの運賃、「TENRANCAFE」での飲食料金は含まれていません。
【主 催】
六甲山観光株式会社、阪神電気鉄道株式会社
【キュレーター】
高見澤清隆 六甲オルゴールミュージアムシニアディレクター
シェア / 保存先を選択