童話『長靴をはいた猫』を原作とした舞台作品が登場 主演の猫役は京本大我(SixTONES/ジャニーズJr.)

ニュース
舞台
2018.3.28
京本大我(SixTONES/ジャニーズJr.)

京本大我(SixTONES/ジャニーズJr.)

画像を全て表示(2件)

フランスの詩人・シャルル・ペローによる童話『長靴をはいた猫』を原作とする『舞台「BOSS CAT」~シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より~』が、2018年7月6日より東京・大阪で上演される。主演には、本作が自身初の舞台主演となる京本大我(SixTONES/ジャニーズJr.)が抜擢された。

舞台は、中世なのか、現代なのか、近未来なのかわからない世の中。一人の粉挽きが死に、残された財産を三人の子供たちで分けることになる。財産は、粉挽き会社と貯金や株の動産、それと一匹の猫。会社は長男、動産はヤリ手の三男が相続し、ぼんやり次男は猫しかもらえなかった。ところがこの猫、稀代の大悪党で、事もあろうに王様相手に前代未聞の詐欺をはたらき……。

巧みに人々を操る、主演・猫役を務めるのは京本大我(SixTONES/ジャニーズJr.)。次男役に個性派俳優の中山祐一朗(阿佐ヶ谷スパイダース)、姫・うさぎ役には、映像・舞台での活躍が目覚ましい高田翔(ジャニーズJr.)、長男・王様役に細見大輔、三男・オーガ役に平野潤也(演劇集団円)が名を連ねる。脚本・演出は、数多くの翻訳劇も手掛ける演出家の鈴木勝秀となる。

『舞台「BOSS CAT」~シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より~』は、2018年7月6日(金)~7月8日(日)東京・よみうり大手町ホールにて、2018年7月19日(木)~7月22日(日) 大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演。

公演情報

舞台「BOSS CAT」~シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より~
 
<東京公演>
2018年7月6日(金)~7月8日(日)
よみうり大手町ホール
<大阪公演> 
2018年7月19日(木)~7月22日(日)
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ  

出演:京本大我(SixTONES/ジャニーズJr.)/中山祐一朗(阿佐ヶ谷スパイダース)高田翔(ジャニーズJr.)細見大輔 平野潤也(演劇集団円) 
脚本・演出:鈴木勝秀
原作:シャルル・ペロー

<チケット>
販売日程:4月上旬より先行販売開始予定
料金:全席指定 7,800円(税込)
 
公式HP:www.bosscat-stage.com  
公式twitter:@BOSSCAT_st

主催:舞台「BOSS CAT」 製作委員会(エイベックス・エンタテインメント/クオーレ/サンライズプロモーション東京)
企画・制作:エイベックス・エンタテインメント/クオーレ
シェア / 保存先を選択