石井竜也 明治座での初座長公演を前に“和”と向き合った心境を語る

ニュース
音楽
2018.4.18
石井竜也 撮影=荒川 潤

石井竜也 撮影=荒川 潤

画像を全て表示(12件)

石井竜也が“初座長”を務める全国ツアー『石井竜也コンサートツアー2018-陣JIN-』が、明日4月19日(木)東京・明治座からスタートする。

このツアーは、石井がこれまで発表してきた“和テイスト”な楽曲をコンプリートしたベスト盤的なアルバム『龍』(4月18日発売)を携えて行なうもので、2020年東京オリンピックに向け、石井竜也が「ネオジャパネスク」「ヒューマン」をコンセプトに、その独創性と強烈なインパクトで放つ、エンターテイメントコンサートツアーとなっている。

撮影=荒川 潤

撮影=荒川 潤

撮影=荒川 潤

撮影=荒川 潤

ステージは二部制で、一部のエンターテイメントパフォーマンスステージ「将軍たちの午後」 は「日本の歴史がもう一つあったとしたら?」というイフの世界を舞台にした、”ネオジャパネスクエンターテイメントコメディ”。二部のプレミアムコンサート「天龍降臨」では、米米CLUB石井竜也の数々のヒット曲を和テイストにアレンジし、和楽器を含む特別編成で行なうスペシャルコンサートとなる。

本日4月18日、明治座では公開ゲネプロと石井竜也の会見が行なわれ、その会見のなかで「日本の文化を継承している場所でコンサートをする機会を頂いたので、石井竜也らしい明治座を目指しました」と初座長公演に対する意気込みを語り、一部のステージに関しては「舞台の内容は、単なる時代劇にならないように、登場する将軍たちの”人間らしさ”にフォーカスを当てながら内容を練り上げました」と、いわゆる時代物とは違う視点でストーリーを描いたことを語った。

石井竜也 撮影=荒川 潤

石井竜也 撮影=荒川 潤

また、舞台とCD共通のテーマである「ネオジャパネスク」というキーワードについては、「伝統を守ることも大事だが、今風に”和”をアレンジすることを意識しました。第二部では、和テイスト楽曲を集めた今回のアルバム『龍』から珠玉の良曲を披露します」と、日本という国がはぐくんだ”和”という文化を尊重し真剣に向き合ってきた石井竜也の熱い想いが伝わってくる会見となった。

なお、アルバム『龍』には過去音源のリテイクやこの作品の為に書き下ろした新曲が収録され、CD3枚組、全39曲を収録。初回特典には過去のLIVE映像を厳選収録したBlu-rayが付属する。

リリース情報

アルバム『龍』
2018年4月18日発売
【初回盤】SRCL-9725~28(3CD+BD)\12,000(税込)
【通常盤】SRCL-9729~31(3CD)\6,000(税込)
https://www.sonymusicshop.jp/m/arti/artiShw.php?cd=70000851

<収録内容>
■DISC1 “愁龍” (13曲)
M01_古都
M02_二人の恋糸
M03_哀愁
M04_春想
M05_ひだまり
M06_自の道
M07_貴方を感じて
M08_ゆうやけ
M09_逢いたい
M10_朱
M11_手紙
M12_心和
■DISC2 “愛龍"(13曲)
M01_百花繚乱
M02_桜の道
M03_花の原
M04_愛色
M05_想い人
M06_信じてほしい
M07_空
M08_言の葉
M09_緑の窓
M10_希望ヶ丘へ
M11_風の子守歌 
M12_緑の山
M13_はなひとひら
■DISC3 “昂龍"(14曲)
M01_陣太鼓
M02_輪廻
M03_永久追想
M04_亜細亜の空
M05_絹の道
M06_鼓動
M07_碧い船
M08_遠くへ…
M09_神器
M10_大人達の迷路
M11_おいら・の・まつり
M12_ありがとう
M13_飛翔
M14_花まつり
<初回特典Blu-ray>
・古都(月日の塔)
・言の葉(月日の塔)
・二人の恋糸(輪廻秋月)
・緑の山(輪廻秋月)
・桜の道(ART NUDE 2015)
・はなひとひら(ART NUDE 2015)
・旅の途中で(ARROWS HEAD)
・飛 ~JUMP~ 翔(ARROWS HEAD)
・花まつり(ARROWS HEAD)
・笹sasabune舟
・飛翔~壮絶!石射矢の乱!~

公演情報

石井竜也コンサートツアー2018「-陣 JIN-」
・1部:エンターテイメントパフォーマンスステージ「将軍たちの午後」
・2部:プレミアムコンサート「天龍降臨」 
<公演スケジュール>
■東京都/明治座[4公演]
・4月19日(木) 開場17:30/開演18:30
・4月20日(金) 開場17:30/開演18:30
・4月21日(土) 開場15:00/開演16:00
・4月22日(日) 開場15:00/開演16:00
■石川県/本多の森ホール[2公演]
・5月4日(金・祝) 開場17:00/開演18:00
・5月5日(土・祝) 開場15:00/開演16:00
■広島県/広島文化学園ホール[2公演]
・5月10日(木) 開場17:00/開演18:00
・5月11日(金) 開場17:00/開演18:00
■福岡県/福岡市民会館[2公演]
・5月16日(水) 開場17:30/開演18:30
・5月17日(木) 開場17:30/開演18:30
■北海道/ニトリ文化ホール[2公演]
・5月30日(水) 開場17:30/開演18:30
・5月31日(木) 開場17:30/開演18:30
■宮城県/仙台サンプラザホール[2公演]
・6月14日(木) 開場17:00/開演18:00
・6月15日(金) 開場17:00/開演18:00
■岡山県/岡山市民会館[2公演]
・6月21日(木) 開場17:00/開演18:00
・6月22日(金) 開場17:00/開演18:00
■愛知県/刈谷市総合文化センター[4公演]
・7月19日(木) 開場17:30/開演18:30
・7月20日(金) 開場17:30/開演18:30
・7月21日(土) 開場15:00/開演16:00
・7月22日(日) 開場15:00/開演16:00
■大阪府/大阪新歌舞伎座[14公演]
・8月4日(土) 開場15:00/開演16:00
・8月5日(日) 開場15:00/開演16:00
・8月6日(月) 開場17:30/開演18:30
・8月7日(火) 開場17:30/開演18:30
・8月8日(水) 開場17:30/開演18:30
・8月10日(金) 開場17:30/開演18:30
・8月11日(土・祝) 開場15:00/開演16:00
・8月12日(日) 開場15:00/開演16:00
・8月13日(月) 開場17:30/開演18:30
・8月14日(火) 開場17:30/開演18:30
・8月16日(木) 開場17:30/開演18:30
・8月17日(金) 開場17:30/開演18:30
・8月18日(土) 開場15:00/開演16:00
・8月19日(日) 開場15:00/開演16:00
※8月9日(木)・8月15日(水)は休演日です。
 
 
■一般チケット発売日 
第1期[4月~5月公演]2018年3月4日(日)
第2期[6月?8月公演]2018年4月15日(日)
*【大阪】新歌舞伎座のみ 2018年5月13日(日)10:00?
■席種・料金
【東京】明治座
S席 12,000円
A席 8,640円
【石川】本多の森ホール
【広島】広島文化学園ホール
【福岡】福岡市民会館
【北海道】ニトリ文化ホール
【宮城】仙台サンプラザホール
【岡山】岡山市民会館
【愛知】刈谷市総合文化センター
S席 12,000円
A席 9,000円
【大阪】新歌舞伎座
S席 12,000円(1、2階)
A席 8,000円(3階)
シェア / 保存先を選択