光の海にダイブ!ハウステンボスのイルミがさらに進化

ニュース
2015.10.20


10月31日(土)から2016年4月18日(月)まで、ハウステンボス(長崎県佐世保市)で「光の王国」が開催される。今冬は新たに個性豊かな光のスポットも登場。期間中は、同施設が1300万球のイルミネーションに彩られ、きらびやかな“光の街”になる。

注目は、初登場のイルミネーションと絶叫アトラクションを掛け合わせた「光のバンジージャンプ」。高さ20mからイルミネーションの海に向かって豪快にダイブ。ロマンチックな景色と飛び降りるスリルが同時に楽しめる、新感覚のアトラクションだ。「光のバンジージャンプ」は、日没まで初回のみパスポート対象。日没以降は、パスポート提示で1回400円(一般800円)。

日本一の高さから流れ落ちる「光の滝」も初登場。ハウステンボスのシンボルタワーであるドムトールンの66m地点から光があふれ出し、場内最大のイルミスポット・光のアートガーデンの広大な青い海へと流れ込む光景は壮観だ。滝の裏のトンネルやドムトールンの展望室など、さまざまな場所から見ることができ、見る場所によって違った印象の風景が楽しめる。バージョンアップした、ハウステンボスのイルミネーションを見に行こう!【福岡ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択