夜の二条城に金魚が舞う!アートアクアリウム城出現

ニュース
2015.10.21


2014年に、アートアクアリウム唯一の野外展示として初開催され、約30万人を魅了した“アートアクアリウム城”。2015年も京都の元離宮二条城で、「琳派400年記念祭 アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~」として、10月23日(金)から12月14日(月)まで開催される。

今回は、“REAL JAPANの再興と発信”がテーマで、展示作品もさらに進化。プロデューサーを務めるアートアクアリウムアーティスト、木村英智がデザイン・監修した屏風や水墨画、そして伝統工芸品が映像と融合。京都初登場の作品も数多く登場する。

なかでも注目は、琳派400周年を記念した「琳派リウム」「ビョウブリウム」「ビョウブリウムII」「キモノリウム」「水中四季絵巻」の5大作品。最新の映像技術を用いて、泳ぐ金魚が襖に琳派画を描いたり、金魚が美しい着物の絵柄になったりと、幻想的な世界が広がる。

二の丸御殿中庭では、古都の華やかな文化を表現した女形や芸妓によるパフォーマンス、「アートアクアリウム城特別公演金魚の舞」が楽しめるステージを設置。10月23日(金)~29日(木)と、11月12日(木)~12月14日(月)には、女形・荒城蘭太郎(こうじょうらんたろう)による舞を披露。また、10月30日(金)~11月11日(水)は、祇園の人気芸妓・佳つ智(かつとも)の格調高い京舞が楽しめる。

さらに、台所前庭には京グルメが味わえる「夜祭BAR」(飲食代別途)が出現。齋藤酒造をはじめとした京都の名だたる5つの蔵元から、毎晩異なる日本酒を、京漬け物や京風おでんと共に味わえる。京の老舗ブランド、老松の生菓子や福寿園の金箔入り宇治抹茶なども用意される。

秋の夜長に、普段は入場できない夜の二条城で、幻想的なアートから京グルメまで、存分に楽しめるスペシャルイベントをお見逃しなく!【関西ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択