不在の女を巡ってすれ違う人々、鳥公園『緑子の部屋』再演

鳥公園の舞台『緑子の部屋』が、11月27日から東京・駒場東大前のこまばアゴラ劇場で再演される。

鳥公園は『第58回岸田國士戯曲賞』の最終候補作品『カンロ』を手掛けた西尾佳織が主宰を務める演劇ユニット。2007年の結成以降、東京を拠点に活動しながら、鳥取、北九州、広島、大阪、京都など様々な土地での滞在制作や公演も行っている。

西尾が作・演出を手掛ける『緑子の部屋』は、昨年3月に大阪・大阪市立芸術創造館で初演された作品。ある日突然姿を消した緑子について友人や恋人、兄が語り合うというあらすじで、それぞれの話がすれ違っていく様子を通じて、わかりあうことを求める人間の姿を描く。出演者には初演時と同じく武井翔子(鳥公園)、浅井浩介(わっしょいハウス)、鳥島明(はえぎわ)が名を連ねている。

また、2012年に初演された西尾作の短編作品『待つこと、こらえること』が、12月4日にこまばアゴラ劇場で再演される。演出はリクウズルームの佐々木透が担当。チケットは現在販売中だ。
 

公演情報

鳥公園『緑子の部屋』

■期間:2015年11月27日(金)~12月7日(月)全13公演
会場:東京都 駒場東大前 こまばアゴラ劇場
作・演出:西尾佳織
出演:
武井翔子(鳥公園)
浅井浩介(わっしょいハウス)
鳥島明(はえぎわ)
料金:
前売 一般3,000円 25歳以下2,500円 高校生以下500円
当日 一般3,300円 25歳以下2,800円 高校生以下500円

■公式サイト:http://www.bird-park.info/


鳥公園×リクウズルーム特別企画『待つこと、こらえること』+トーク

■日時:2015年12月4日(金)全1公演
会場:東京都 駒場東大前 こまばアゴラ劇場
作:西尾佳織
演出:佐々木透(リクウズルーム)
出演:
榊菜津美(アマヤドリ)
レベッカ
タカハシカナコ
料金:1,500円
※『緑子の部屋』チケット、または予約完了メールの提示で500円引き

■公式サイト:http://www.bird-park.info/

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択