桃井はるこさん、今作では小麦ちゃんの母親役に抜擢! TVアニメ『ナースウィッチ小麦ちゃんR』発表記者会見レポート

TVアニメ『ナースウィッチ小麦ちゃんR』発表記者会見レポート

TVアニメ『ナースウィッチ小麦ちゃんR』発表記者会見レポート

 2002年から2005年にかけてOVAの展開が行われた『ナースウィッチ小麦ちゃん マジカルて』、『ナースウィッチ小麦ちゃん マジカルて Z』ですが、この度TVシリーズとして『ナースウィッチ小麦ちゃんR』の放送が決定!

 2016年1月から放送とのことで、メインキャストによる記者会見が開催されました。登壇したのは、巴奎依さん(吉田小麦 役)、山崎エリイさん(西園寺ここな 役)、小市眞琴さん(如月ツカサ 役)、桃井はるこさん(吉田小春 役)、川口敬一郎監督の5名。およそ10年ぶりに動き出す本プロジェクトの皮切りとして、記者会見では今後のアニメやユニット活動について語られました!

 
■およそ10年ぶりに帰ってきた小麦ちゃんの正体とは!?

 司会の紹介によってキャスト監督が登場し、それぞれ自己紹介を済ませると早速本作の全貌に迫っていきます。

 まずは前シリーズについてのイメージを尋ねられると、巴さんは「私は前シリーズも見ていましたが、まさか自分が演じることになるとは思ってもいませんでした。前シリーズは本作よりもハチャメチャに吹っ切れていたと思います(笑)」と語ります。すると桃井さんから「前作は邪道って言われてたからね(笑)。ネット用語が出てきたり炎上しかけて危なかったんです(笑)。それと私は、ひょんなことから小麦ちゃんを演じることになったので、本作のメインキャストの皆さんも同じような心境だと思いますよ」と、先輩から当時の小話が出る一幕も。

 また川口監督は、前シリーズから踏襲する部分と一新する部分について質問されると「前シリーズが展開していた当時は視聴者という立場でしたが、続編をやるなら任せてほしいとタツノコプロに言い続けていたので、言ってみるものだと思いました(笑)。本作では、旧作のいいところを拾いつつも、新しい小麦ちゃんを作っていきたいと思っています」と、本作に対する意気込みを語りました。

 そしてメインキャストからは、キャラクターの3つの姿が描かれたフリップを用いて紹介が行なわれます。まず巴さんが演じる吉田小麦について「制服姿の小麦ちゃんは学生をやっていて、何事にも全力なんですけどヘマばかりする女の子です。またアイドルとしてピンクの可愛らしい衣装で活動していますが、売れないんです(笑)。でも一生懸命なところがとても可愛いんです! そしてマジカルナースに変身すると魔法が使えるようになります。ちなみに私のお気に入りは、マジカルナース姿の小麦ちゃんです! 前作の衣装と似ている部分もあり、ファンとしてはイチオシですね!」と、演じる側やファンとして両方の側面からコメント。

 人気アイドルの西園寺ここなを演じる山崎さんは「学校の中では生徒会長も務めているマイペースで真面目なキャラです。マイペースな部分は私に共通するところがあるんじゃないかなと(笑)。そしてアイドルのときのここなちゃんは青い衣装やニーハイなどに身を包み、女の子っぽい可愛らしいイメージですね。また小麦ちゃんはマジカルナースでしたが、ここなちゃんはマジカルメイドということで、ステッキを使って一生懸命戦います! またマジカルメイドに変身すると、普段のここなちゃんとは正反対な性格になるので演じるのが難しいところではありますが、見所の一つにもなっていくのかなと思います」と、自身との共通点を踏まえながら紹介しました。

 本作がTVアニメ初出演の小市さんは「ツカサちゃんは男装アイドルとして活動しているので、普段はスパッツをスカートの下に履いています。そのためアイドルの衣装はタキシードっぽい服装ですね。一人称も“俺”になっていますが、乙女チックなところもあるので1人のときは“私”と言ったりもします。そしてマジカルシスターに変身すると喋り方や雰囲気も女の子らしくなり、アイドルとシスターとで二面性のあるキャラクターになります。アフレコの際には、男っぽい部分と女の子の部分の切り替わりが激しいので演じ分けが大変でした。ちなみに私はどちらかと言うと制服のつかさちゃんの方に近いので、シスターを演じる方が苦労しましたね(笑)」と、2つの顔を持つツカサならではの難しさを語ります。

 
■キャストも初耳!? 声優ユニット“まじかる☆あ~る”発足!

 実はアニメのアフレコよりも先に、3人で歌うオープニング主題歌やキャラクターソングの収録が行なわれていた本作ですが、レコーディングを終えての感想も答えていただきました。

「小麦ちゃんのキャラクターソングは歌うというよりもセリフっぽい部分が多くて、演技指導も踏まえながらアフレコをするようドラマCD風にアフレコさせていただきました」(巴さん)

「ここなちゃんは普段のふんわりした雰囲気と戦う時の性格は異なるので、キャラクターソングはどっちで歌えばいいのか悩んだりしました。しかしアドバイスをいただきながら考えていくうちに、普段のここなちゃんのままで歌うように心がけて収録しました」(山崎さん)

「ツカサとしてオープニングは女の子らしい部分を残しながら歌いましたが、キャラクターソングでは男装アイドルのツカサとして歌わせていただきました。演じ分けについては、こういう風にやってほしいと教えをいただいたので、自分の中では上手く歌えたかなと思います」(小市さん)

 そして本人達には知らされていませんでしたが、3人のユニット名がその場で発表! ユニット名は“まじかる☆あ~る”とのことで、今後はWEBラジオの配信が行われることも明らかに! この発表にはキャスト陣も驚きを隠せない様子で、目を丸くしながらも大きく喜びます。

 そんなメインキャストの3人に向けて川口監督は「作品自体が自由度の高い作品なので、キャストの方々と一緒に作っていけたらなと思います。またアニメだけでなくユニット活動やラジオなど、プロジェクト全体的に盛り上がっていきたい作品なので、ぜひ彼女たちに引っ張ってほしい気持ちです」と、期待の意を込めて激励。そして前作の主人公を務めた桃井さんは「実は小麦ちゃん役が声優のデビュー作だったんですよ。そしてアフレコ現場にきてアワアワしていたんですが、周りの共演者の方がすごく丁寧に色々とアドバイスをくださいました。今度は自分がその役目を果たすため、違う意味で緊張してアフレコに臨みました」と、先輩として頼もしい一面も見られました。

 また質疑応答の時間には、約10年ぶりに本シリーズに携わる桃井さんへ現在どういった心境なのか尋ねられると「聞いたときはびっくりしましたね、水面下でそんな企画が動いていたとは! でも同じ『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』シリーズと言っても設定が異なりますし、本作では小麦ちゃんの苗字も違うので不思議な感じです」と、感慨深い面持ちで話します。すると川口監督から「実は桃井さんには、ここなやツカサたちの相棒となっているマスコット達の女王様の役も用意してあります」と、桃井さんも知らなかった衝撃の事実をカミングアウトし、思わぬところで今後の見どころが増えることに。

 そして当時、本作のラジオのパーソナリティも行っていた桃井さんですが「私と小麦ちゃんは切っても切り離せない関係にあって、アニメの最終回「もうコスプレできないんだ~」ってシーンでは、自分も実際に小麦ちゃんのコスプレをしていたので同じ気持ちでした。だから“まじかる☆あ~る”の皆さんも、自分のキャラクターを通して二次元と三次元の世界を行き来していただければ思います。」と、この度新たに発足された“まじかる☆あ~る”へ向け、先輩からの熱いバトンを託される一幕も見られます。

 最後に本作を楽しみにしている視聴者の方へ向けてメッセージをいただきました!

○巴さん
 大好きな作品にこのような形で新しく関われることになるとは思ってもいなかったので、とても嬉しいです! 小麦ちゃんはまだまだ私の先を歩いていますが、いつか肩を並べて歩けるようになりたいと思います!

○山崎さん
 作品を通しキャラクターや“まじかる☆あ~る”として、WEBラジオを始め多くの場で本作を皆さんに知っていただくきっかけになればいいなと思います。精一杯頑張りますので、よろしくお願いします!

○小市さん
 私は本作がアニメデビュー作になるので、ツカサちゃんと一緒に自分も成長し、スタッフ・キャストが一丸になって視聴者の方に愛される作品を作っていきたいと思います。よろしくお願いします!

○桃井さん
 10年前にも関わらず、多くの方に愛されている作品なので、本作もこの先10年以上愛される作品になったらいいなと思います。私もお母さんらしく優しく見守りながらも頑張ります!

○川口監督
 だいぶスケジュールが押しており、まだ最終回が決まっておらず旧作並のライブ感で制作しています(笑)。しかし、それを逆手にキャストの皆さんの要望なども取り入れながら制作していきたいと思うので、今後ともよろしくお願いします。

>>TVアニメ『ナースウィッチ小麦ちゃんR』公式サイト

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択