花澤香菜の声を最高の音質で楽しむハイレゾプレイヤー、未発表音源入り

「Astell&Kern AK100II KANA HANAZAWA エディション」告知画像

「Astell&Kern AK100II KANA HANAZAWA エディション」告知画像

オーディオブランド「Astell&Kern」から、花澤香菜とのコラボレーションによるポータブルハイレゾプレーヤー「Astell&Kern AK100II KANA HANAZAWA エディション」が登場。直販サイト「アキハバラe市場」および全国の主要家電量販店、オーディオ専門店にて7月31日より販売される。

「Astell&Kern AK100II KANA HANAZAWA エディション」は、高域の倍音成分をしっかりと含み、日本音響研究所の測定で20kHz以上の帯域まで伸びていることが確認された花澤の声を、最高の音質で楽しむべく作られた限定300台のプレミアムモデル。ボディ本体にはオリジナルロゴがレーザー刻印され、鮮やかなブルーのイタリアンPUレザー製オリジナルケースとともに独自デザインのパッケージに収められる。

また本機には、花澤の未発表曲「辿りつく場所」が192kHz / 24bitのハイレゾ音源でプリインストールされている。これは作・編曲にYamato Kasai(Mili)、 作詞にReom(AQUA ARIS)、レコーディングエンジニアに杉山勇司氏を迎えて制作されたオリジナル楽曲で、よしとも(AQUA ARIS)によるイメージアートワークも付属する。

本機の予約受付は本日7月10日にスタート。予約者には特典として、花澤本人による録り下ろしメッセージボイスがダウンロードできるURLとパスコードが記載されたスペシャルカードがプレゼントされる。

Astell&Kern AK100IIKANAHANAZAWAエディション

2015年7月31日(金)発売
限定300台 / オープンプライス(アキハバラe市場 直販価格 119800円)

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択