福山潤、渕上舞ら出演 アニメ『走り続けてよかったって。』が新年開催「秋葉原映画祭 2019」でプレミア上映

ニュース
アニメ/ゲーム
2018.12.19
『走り続けてよかったって。』キービジュアル (C)HoneyWorks/はしよか製作委員会

『走り続けてよかったって。』キービジュアル (C)HoneyWorks/はしよか製作委員会

画像を全て表示(2件)

アニメ『走り続けてよかったって。』が「第4回秋葉原映画祭 2019」にて1月14日(祝・月)にプレミア上映されることが決定した。

「第4回秋葉原映画祭 2019」は、2019年1月12日(土)から14日(月祝)東京都・秋葉原で開催予定。アキバに来る人々が好きなポップカルチャー作品を中心に上映する映画祭。初日の12日には、今月オープンの神田明神ホールでこけら落とし上映も行われる。

「第4回秋葉原映画祭 2019」公式HPhttps://www.akibafes.com/

アニメ『走り続けてよかったって。』は、代々木アニメーション学院がモデルの声優スクールで、声優になる夢を追いかけながら挫折・葛藤を乗り越え成長していく男女を描いたストーリー。

キャストは、『コードギアス 反逆のルルーシュ』ルルーシュ・ランペルージ役など変幻自在の技術が持ち味の福山潤、HKT48 指原莉乃がプロデュースする代々木アニメーション学院との共同プロジェクトのアイドル「=LOVE (イコールラブ)」のメンバー野口衣織、『弱虫ペダル』今泉俊輔役や『バジリスク~甲賀忍法帖~』甲賀弦之介役など声優としての活動に加え歌唱力を活かした音楽活動も幅広くおこなう鳥海浩輔、『ガールズ&パンツァー』西住みほ役を務めた渕上舞、『いつだって僕らの恋は10センチだった。』芹沢春輝(幼少期)役のこいぬなどが起用されている。

音楽面では、オープニングテーマを「HoneyWorks」がプロデュースする男性アイドルユニット 「LIP×LIP(勇次郎・愛蔵/CV:内山昂輝島﨑信長)」の楽曲「夢ファンファーレ」、またエンディングテーマはアイドルグループ「=LOVE (イコールラブ)」が歌う新曲「アイカツハッピーエンド」となっており、楽曲の作詞・作曲・編曲を「HoneyWorks」が手がける。

チケットなどの詳細は映画祭公式サイトで確認を。一年のはじまりにふさわしいテーマのアニメを映画祭に参加して見て欲しい。

作品情報

アニメ『走り続けてよかったって。』
 
<スタッフ・キャスト>
監督:荒川眞嗣
シリーズ構成:高橋ナツコ
キャラクター原案:ヤマコ(HoneyWorks)
キャラクターデザイン:薄井将生
プロップデザイン:吉田大洋
色彩設計:小島真喜子(スタジオロード)
美術監督:小倉宏昌(小倉工房)
撮影監督:今関舞子(Production I.G)
編集:松原理恵(瀬山編集室)
音楽:HoneyWorks
音響監督:郷田ほづみ
録音調整:福田夏紀
音響効果:安藤由衣、今野康之
音響制作:ダックスプロダクション
アニメーション制作:SIGNAL.MD
配給:モバコン株式会社/パル企画
 
(C)HoneyWorks/はしよか製作委員会
 
 
シェア / 保存先を選択