忠犬ハチ公もやってくる!羽田の「秋田大館フェア」


羽田エクセルホテル東急では2016年1月11日(祝)まで、カフェ&ダイニング「フライヤーズテーブル」にて、秋田県大館市や八峰町の食材や加工品を使ったレストランフェア、「秋田大館フェア」を開催中だ。

大館市は、羽田空港から直行便で約70分、山に囲まれた盆地で、豊かな自然ときれいな水に恵まれた秋田県北部の中心都市。ホテルでは、「きりたんぽ」「比内地鶏」、北限の梨といわれる「中山梨」などの大館の特産品や、それらを使用し洋風や和風にアレンジしたメニューを提供している。

また、生まれ故郷大舘市から、高さ約2mもある忠犬ハチ公のレプリカ像がやってくる。渋谷の忠犬ハチ公像が有名だが、生まれ故郷である大館でもハチ公は愛され続けていて、市内には銅像や、モチーフにしたスポットも多数。この度、大館市の好意により羽田空港での展示が実現した。

期間中、ディナータイムに「秋田大館フェア」のメニューをオーダーした先着約500名に、曲げわっばにも使用される秋田杉の間伐材割り箸と、毎年2月に行われる大館の冬の風物詩「アメッコ市」の飴がプレゼントされる。

是非今回のフェアを通して秋田県大館市の魅力に、おいしく触れてみてはいかがだろうか。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択