エヴァンゲリオン新幹線運行開始。姫路駅にも停車

ニュース
2015.11.9

画像を全て表示(3件)

 JR西日本がアニメ「エヴァンゲリオン」の世界観をテーマにした新幹線「500 TYPE EVA」車両の運転を11月7日から開始した。JR姫路駅(兵庫県姫路市)にも停車する。 山陽新幹線の全線開業から40周年と「エヴァンゲリオン」のTV放送開始から20周年を記念して企画された「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」が始動した。新幹線「500 TYPE EVA」の運行をはじめ、記念旅行商品や記念グッズの販売などが予定されている。 「500 TYPE EVA」は、500系新幹線の外観に「エヴァ初号機」をイメージしたデザインを施したもの。1両目には、実物大のコックピットを再現した体験型ゲームや基地をイメージしたジオラマがある(事前予約が必要)。 

「エヴァ新幹線」は、こだま号として運行されるため姫路駅にも停車する。JR博多駅での出発式を終え、午前6時36分に出発。10時23分頃、多くのファンが待つ姫路駅ホームに到着した。同じ頃、姫路駅の南にある手柄山中央公園でも姫路城とのツーショットを撮影しようとする人の姿が見られた。期間は2017年3月までを予定。博多―新大阪間を原則として1日1往復する。

▼「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」公式サイト

「500 TYPE EVA」の運転期間:2015年11月7日から2017年3月(予定)

運転時刻:

博多  6時36分 ― (こだま730号)― 新大阪 11時14分 

新大阪 11時32分 ―(こだま741号)― 博多16時7分

JR姫路駅発着時刻: こだま730号(上り) 10時23分着 10時28分発 

          こだま741号(下り) 12時07分着 12時10分発

※運転日には注意が必要。時刻表などで確認のこと。

Walkerplus[地域トピックス]
シェア / 保存先を選択