アルスマグナ、1stアルバムイベントでパパイヤ鈴木とAKBのダンス“完コピ”

レポート
2015.11.11
パパイヤ鈴木(左から3番目)とアルスマグナ。

パパイヤ鈴木(左から3番目)とアルスマグナ。

アルスマグナが本日11月11日に東京・東武百貨店 池袋店 スカイデッキ広場にてこの日発売の1stアルバム「ARSWORLD」の発売記念イベントを行った。

5人はステージに登場すると、挨拶代わりに「+♂(プラス男子)」をパフォーマンス。スピーディなダンスで、寒空の下に集まったファンのテンションを一気に引き上げる。この曲を披露し終えると神生アキラはマイクを握り「今日は世間的には“ポッキーの日”だけど、俺らにとっては1stアルバムの発売日! 2月にメジャーデビューして、まさか年内にアルバムを出せるなんて思っていなかったです。うれしい!」と喜びの心境を語った。

続けてアルバムに収録されている「世紀末スクールウォーズ」が披露されると、ここでスペシャルゲストとして「ひみつをちょーだい」の振付を担当したパパイヤ鈴木がステージに登場した。彼とアルスの5人は「せっかくなので、今日はここで改めて“あの曲”を一緒に踊ろうと思います。みんなもう知ってるもんね?」と観客の期待感を煽る。オーディエンスから大きな歓声が返ってくると、鈴木は「それではミュージックスタート!」と曲振り。すると会場にはAKB48「ハロウィン・ナイト」のイントロが鳴り響き、アルスと鈴木はキレのある完璧な振りでこの曲を踊った。

ファンの驚きの歓声の中、この曲を踊り終えた神生は「違う! パパイヤさん、この曲じゃないよ!(笑)」とツッコミを入れる。鈴木は自身が振付を担当した「ハロウィン・ナイト」と「ひみつをちょーだい」が同じ発売日だったことを挙げ「8月26日発売の曲といったら、俺はこっちを踊っちゃうよ」ととぼけて笑いを誘った。また鈴木は「『ひみつをちょーだい』の振りは遊びながら作ったものなんです。普段は仕事として振りを作っていくけど、(メンバーと)一緒に作り上げることってなかなかないからね。そうやって(メンバーと)遊びながら作ると、いいものができるんですよ!」と、アルスのメンバーに振りを付けた際のエピソードを披露してファンを喜ばせた。そして彼は観客に「ひみつをちょーだい」のサビ部分の振りを伝授し、会場をあとにする。その後に披露された「ひみつをちょーだい」では会場が一体となって、メンバーと一緒にダンスを踊った。

ラストナンバーを前に神生は2016年1月3日に行う東京・日本武道館でのワンマン公演への思いを語る。彼は「武道館はゴールではなくて通過点。お祭り騒ぎで新年早々盛り上げていきたいと思います!」とファンに伝えた。最後にプレイされたのは彼らのメジャーデビューシングルのタイトル曲である「ミロク乃ハナ」。5人は最後まで力強いパフォーマンスを届け、ファンの大きな歓声を集めていた。

アルスマグナ 1stアルバムリリース記念イベント
2015年11月11日 東武百貨店 池袋店 スカイデッキ広場 セットリスト

01. +♂(プラス男子)
02. 世紀末スクールウォーズ
03. ハロウィン・ナイト
04. ひみつをちょーだい
05. ミロク乃ハナ

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択