舞台『BLUE/ORANGE』密な空間で繰り広げる会話劇が開幕 フォトコール&囲み取材レポート

レポート
舞台
2019.3.30
舞台『BLUE/ORANGE』囲み取材 左から章平、成河、千葉哲也

舞台『BLUE/ORANGE』囲み取材 左から章平、成河、千葉哲也

画像を全て表示(12件)

2010年の初演時、成河が第18回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞し話題を呼んだ舞台『BLUE/ORANGE』の9年ぶりの再演が、2019年3月29日(金)にDDD青山クロスシアターで開幕した。初日に先立ち行われたフォトコールと囲み取材の様子をお伝えする。

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

舞台はロンドンの精神病院。初演に引き続き成河千葉哲也がその配役を変えて出演、そして今回初参加となる章平を加えた3人の出演者で、緊張感あふれる会話劇が繰り広げられる。境界性人格障害のために入院していたアフリカ系青年・クリス(章平)、彼の治療を担当していた研修医のブルース(成河)、彼の上司の医師ロバート(千葉)が、クリスの退院を巡ってそれぞれの主張を戦わせ、徐々に変わっていくパワーバランスの中で権力、エゴ、差別意識といった現代社会で人間が直面する問題が次々と浮かび上がる。

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

ブルースは自身の正義感を持ってクリス、そしてロバートと対峙する。その姿は真面目で実直、正しいことを成そうとする良き医師そのものであるが、しかし成河はそこにある種のノイズを生じさせる。ブルースの人間臭さが垣間見えることで、表面的なものだけではない、立体的な彼の姿が浮かび上がる。

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

クリスは最初、治療を終えて退院を迎えることに喜びを見せているが、退院について歯切れの悪いブルースにいら立ったり、突如登場するロバートに対する不信感を募らせたりと、自身の感情をそのまま表に出して精神の危うさを露呈する。章平は大きな手足を効果的に使い、クリスのむき出しの感情をダイナミックに表現する。喜び、憎悪、不安、と次々変わりゆく表情が見る者を引き付ける。

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

ロバートは登場こそ、理解のある頼れる上司という風であるが、調子よく軽妙な語り口と立ち振る舞いから、クセのある人物であることが感じられる。千葉が腹に一物ありそうな含みのある笑顔を見せ、話が進むにつれてロバートがどのように変化していくのか、という不穏さをにじませる。

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

今作の翻訳は小川絵梨子による新訳で、生き生きとしたセリフが物語に弾みを与えている。会話劇ならではの、一対一での言葉の応酬、感情の応酬が繰り広げられる様を見ながらふと、小川が演劇芸術監督を務める新国立劇場で昨年上演された2作、ハロルド・ピンター作『誰もいない国』と、小川が演出したデイヴィッド・ヘアー作『スカイライト』を思い出した。いずれも今作同様、イギリス出身の劇作家による、ロンドンを舞台にした作品だ。物語の内容はそれぞれに全く違うが、一つの部屋の中というワンシチュエーションで行われる会話劇、登場人物の数も3ないし4人ということで、共通点は多い。言葉による駆け引き、それによって変わっていく互いの力関係、生まれる猜疑心、暴かれる欺瞞、感情の抑制と爆発……いずれの作品もそのような展開を見せ、互いに何かを競い合うゲームの様相を呈する。そしてそこには、差別意識、エゴイズム、社会的システムの破綻など、現代社会が浮き彫りになる。

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

数か月という短い期間にこの3作品が日本で上演されるということは、非常に興味深い。イギリスにおける現代社会を描いた作品だが、日本にも通ずるところが大いにあるからなのだろう。観客もきっと、決して遠い異国の物語ではなく、自身の身近な物語として感じることができるのではないだろうか。

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

舞台『BLUE/ORANGE』フォトコール

フォトコール終了後、囲み取材が行われ、成河、千葉、章平が登壇した。フォトセッションでは舞台の小道具として使われるオレンジを各自が手にして、様々なポーズを取ってみせた。

舞台『BLUE/ORANGE』囲み取材 左から章平、成河、千葉哲也

舞台『BLUE/ORANGE』囲み取材 左から章平、成河、千葉哲也

いよいよ初日を迎える心境を聞かれると、成河と千葉はあまり初日の実感がないと言いいながらも、千葉は「当たって砕けろ、って感じですね。お客さんと一緒に楽しめれば」、成河は「たぶん千秋楽までずっと稽古をしている感じだと思う。観客にいろいろ知恵を貸してもらいたい、それが助けになるので」、章平は「不安がない不安というか、言葉に表せない初めての感覚です」とそれぞれ語った。

千葉の演出について問われると、成河は「常にみんなで話し合う時間を設けてきたし、多分本番に入ってもそれは変わらない、ずっとその作業を続けていくと思う」と答え、それを受けて千葉は「俳優が演出家の言うことを聞くのではなくて、俳優の出してくれるものを整理するのが演出家だと思っている」と答えた。

舞台『BLUE/ORANGE』囲み取材 千葉哲也

舞台『BLUE/ORANGE』囲み取材 千葉哲也

各々の役について聞かれると、千葉は自身の役を「ちゃらんぽらんな役」としながらも、「自分に正直である、ということに関しては三人とも間違っていない。誰が正義で誰が悪、ということではない」と言い、成河は「表面的に一言で言うと、正義感にあふれた医師。でもそれぞれの表面的なものが2時間50分かけて徐々にはがれていく」、章平は「寂しがりや。差別の歴史も自分の置かれている環境も知ってるけど、それでも人に理解されたい、認められたいと思っている」とそれぞれの役について述べた。

実際に劇場で対面式の舞台で演じた感想を問われると、成河は「四方八方に気を使わなければならないので簡単ではないが、最後列が近くなるので空間が密になる」、章平は「舞台上に存在する力を客席からもらえた感じがする」と対面式ならではの思いを教えてくれた。

舞台『BLUE/ORANGE』囲み取材 左から章平、成河

舞台『BLUE/ORANGE』囲み取材 左から章平、成河

初演にも出演している二人に、前回とは違う役で出演することで新たに見えたものがあったか、という質問が飛ぶと、千葉は「俳優によって役のアプローチは違うので、前回と今回ではロバートとブルースの関係性は全然違う」、成河は「戯曲の理解が深まったか、というとそれは別の問題のような気がする。その役をやっているときは、その時だけの関係性にすごく夢中になるから」と、初演とは違う芝居になっていることがうかがえるコメントを返した。千葉が、初演はクリス、再演はブルースを演じる成河に向かって「次はロバートやるんでしょ?」と笑いながら言うと、成河は初演はブルース、再演はロバートを演じる千葉に「まさかのクリス?」と返して会場は笑いに包まれた。そんなやり取りを見て章平は「漫才みたいになってる(笑)」と楽しそうに先輩二人を見つめていた。

最後に、千葉は「これから長い旅が始まります。大きな劇場とはまた違った生々しさを見てもらいたい」、成河は「エンターテインメントは考える方法を育むためにある、ということを示す作品だと思う。優れた会話劇なのでぜひ見て欲しい」、章平は「精神病院が舞台だが、この三人の関係性はどこにでもありふれていると思う。様々な解釈をしながら楽しんでもらいたい」とそれぞれコメントし、囲み取材は終了した。

舞台『BLUE/ORANGE』囲み取材 左から章平、成河、千葉哲也

舞台『BLUE/ORANGE』囲み取材 左から章平、成河、千葉哲也

3人のチームワークの良さが非常に伝わってきて、これから約1か月という長丁場だが、この座組だからこそ常にブラッシュアップしながら、妥協せずマンネリ化せずに乗り切れることだろう。セリフ量がとても多いし、医学用語なども登場するが、まずは難しいことは考えず、彼らの演技や表情、目の前で繰り広げられる言葉の嵐に身を任せて楽しんで鑑賞して欲しい。

取材・文・撮影=久田絢子

公演情報

舞台『BLUE/ORANGE』
 
■日程:2019年3月29日(金)~4月28日(日)
■会場:DDD青山クロスシアター
 
■作:Joe Penhall
■翻訳:小川絵梨子
■演出:千葉哲也
■出演:成河、千葉哲也、章平
 
■チケット料金:7,800円(全席指定・税込) ※未就学児入場不可
 
■主催・製作:シーエイティプロデュース
■予約・問合せ チケットスペース 03-3234-9999
■公式サイト:https://www.stagegate.jp/
 
★アフタートークショー開催決定!
【開催公演】
●4月7日(日)13:00公演後
●4月14日(日)13:00公演後
●4月21日(日)13:00公演後
【登壇者】
成河、千葉哲也、章平
※登壇者は変更になる可能性もございます。予めご了承ください。
シェア / 保存先を選択