伊勢大貴、ダスティ・アッテンボローへの想いを熱弁 舞台『銀河英雄伝説 Die Neue These』~第二章 それぞれの星~

インタビュー
舞台
アニメ/ゲーム
2019.4.26
伊勢大貴

伊勢大貴

画像を全て表示(5件)

田中芳樹によるSF小説を原作とする「銀河英雄伝説」の舞台化第2作目となる、舞台『銀河英雄伝説 Die Neue These』~第二章 それぞれの星~が、2019年5月30日(木)~6月2日(日)東京・Zepp DiverCity (TOKYO)、6月8日(土)・9日(日)大阪・Zepp Namba (OSAKA)にて上演される。本作に出演する、自由惑星同盟のダスティ・アッテンボロー役・伊勢大貴に前作の思い出と、2作目への意気込みを聞いた。

「喋って走って、走って喋って」

ーー今回のビジュアル撮影はいかがだったでしょうか?

すごく久しぶりに衣装とメイクを付けて鏡を見て、「ああ、こういう感じだ」と思い出しました。ベレー帽ってどの角度で被るんだったっけとか、意外と難しいんです。メイク中には小西成弥くん(ユリアン役)が一緒にいたので、前作の話をしながら、懐かしいなと。

ーー​衣装や小道具などで気に入ってるところがあれば教えてください。

軍服っぽいものを着るのがこの作品で初なので、こういう衣装は気が引き締まり、テンションもあがります。前作ではメモ用紙とペンにこだわっていました。毎公演、本当に紙に書いていたりとか、書いてあるものを見返したりとかをやっていましたので、愛着がありました。ペンのカチカチって音はどれが一番いいかみたいなところもスタッフさんがこだわって選んでくださっていたみたいです(笑)。心意気を感じてます。

伊勢大貴

伊勢大貴

ーー​前回公演で印象に残っていることは?

僕はゆったりとした回想シーンが多かったのですが、喋っては舞台裏を走って、また喋っては舞台裏を走ってと端から端までずっと走っていたので、実は裏では息が上がっていました(笑)。そんな印象です。あと米原幸佑さん(キャゼルヌ役)と一緒のシーンが多かったので、どうやってキャラクターを見せていくかなどふたりでたくさん話し合ったのを覚えています。​

ーー​米原さんのお話が出ましたが、小早川俊輔さん(ヤン役)や小西さんを含め、自由惑星同盟のみなさんとのチームワークはいかがでしたか?

チームワークはめちゃくちゃ良かったと思います。みんな負けず嫌いだなと感じるところもありましたが、「馴れ合う」という感じではなく、和気あいあいとした雰囲気が自由惑星同盟っぽいなという感じでした。​

ーー​では永田聖一朗さん(ラインハルト役)、加藤将さん(キルヒアイス役)らの銀河帝国側の印象は?

同じ役者として、様式美とか姿勢、雰囲気とか厳しい軍隊、ロシアやドイツのようなイメージの帝国軍は難しそうだなと感じていました。……でも稽古が進むにつれて様式美が確立されてきたあたりから、そこに『銀英伝』の規律と秩序と、裏の政策や思惑とがにじみ出てきて、とても美しく見えました。​

ーー前回公演の稽古場取材にも伺わせていただいたのですが、鏡の前に敬礼のやり方が貼ってありましたね。

ありましたね~。「そんなの知るか!」って思ってやりませんでしたが、そう思える感覚が自由惑星同盟なんでしょうね。アッテンボローだって学校では絶対習うでしょうし、僕も一応練習はしましたが、「よし、やらない!」って(笑)。でも敬礼って常識的なあいさつの部分もあると思うので、アドリブの部分ではしたりもしていました。アンサンブルのみんなとそういう見え方を話し合ったのも楽しかったです。誰にも気付いてもらえないところかも知れないけど、出てる時間が短いからこそ濃くしてきたいとずっと考えていました。​

伊勢大貴

伊勢大貴

見習って、自分の人生にもフィードバックさせたい

ーー第2作目における活躍どころ、そしてダスティ・アッテンボローの魅力や演じる上で大切にしているところはありますか?

今回も、脚本の米内山さんがアッテンボローをとても面白みのある役に書いてくださっています。回顧録を用いたストーリーテラー的な要素のほか、前回見られなかったアッテンボローの感情的な部分も少しずつ見せていけるかと思います。​

アッテンボローの「絶対に回顧録を出す」という信念はすごく素敵だと思います。軍隊に入っているのを隠れ蓑にしているというか、反骨精神が強いというか……手段は選ばないけど、でも人を傷つけることはしないんです。そういうところは見習って、自分の人生にもフィードバックさせたいと思います。僕もこだわりがすごく強いタイプなので、共感できることは多いです。生き方は違いますが、似ているところを問わせてくれるような役です。大事にしていきたい、大切な存在だと思います。​

ーー逆に似ていない部分はありますか?

うーん、そばかすがあるところくらいですかね(笑)! 後輩気質なところも似ているし、似ている部分が多いです。でも彼ほど実直に何かひとつを積み上げるってことをしたことがありません。お芝居が一番長く続いているというくらいで。

ーー​似ているところが多いということは、役作りもしやすかったんでしょうか?

そうですね、しやすかったです! 「あ、これ自分だな」って思うところがたくさん出てきてたので、その判断を演出家の大岩美智子さんと一緒にして頂いたり微調整をして作っていきました。

ーー​ではご自身とかけ離れていそうなキャラクターはいますか?

ユリアンかな~、僕はあんなに可愛くないです(笑)。でも僕は、料理もできるし……。やっぱりヤンが一番離れていると思います。「能ある鷹は爪を隠」しまくる感じになりたかったけど、無理ですね。できるってなったらすぐ挙手しちゃうタイプです!

伊勢大貴

伊勢大貴

要するに「ピンチはピンチ、チャンスはチャンス」

ーー​もしも…の質問です。ダスティ・アッテンボローはジャーナリスト志望の一面がありますが、もし伊勢さんが彼のように取材をするとしたら、誰にどういったことを聞きたいですか?

取材かぁ……僕がすごく大好きな役者さんが渋川清彦さんなんですが、どういう雰囲気でお仕事をされているのかとか、お芝居と渋川さん自身の距離のとり方ってどういうものなのかみたいなことを聞いてみたいです。​

ーー​最後にメッセージをお願いします。

戦争を扱ってはいますが、ヒューマンドラマの要素が強く、人の気持ちをすごく大切にしている作品です。どれだけの人がボタンひとつで死んでしまうのか……でもそれが真実で事実です。実際に原作やアニメを見ていて、ウッと思うこともあったりします。でも舞台上で届けるものはエンターテインメントです。しっかりお客さんにわかってもらえるように、楽しんでもらえるようにということを意識して、僕はアッテンボローというキャラクターを作っております。

『銀英伝』って堅苦しそうだなあ、と思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはございません。要するに「ピンチはピンチ、チャンスはチャンス」です! 大岩さんもわかりやすく作ってくださっているので、僕たちもそこを信じて演じています。難しい言葉が多くても、表情や声色でわかるでしょうし、それが見てとれるのも舞台の良いところです。

自由惑星同盟軍は一人ひとりのコロコロ変わる表情や心情をすごく大切にしていますし、関係性がすごく密になっています。前回も見て下さった方には、新しいキャラクターが入ってくることでのパワーバランスの変化も楽しんでもらいたいです。銀河帝国軍は表のかっこいい部分と裏の本音の部分、両方を見てほしい。僕が思う彼らの魅力です。

そして、歌やダンスのないストレートな舞台です。純粋に楽しんでもらえるように頑張りますので、気兼ねなくぜひ観に来てください!

ーー​ありがとうございました。

伊勢大貴

伊勢大貴

取材・文=松本裕美 撮影=福岡諒祠

公演情報

舞台『銀河英雄伝説 Die Neue These』~第二章 それぞれの星~
(C)田中芳樹/松竹・Production I.G

(C)田中芳樹/松竹・Production I.G

【原作】 田中芳樹「銀河英雄伝説」シリーズ(創元SF文庫刊)
【演出】大岩美智子
【構成・監修】高木 登
【脚本】米内山陽子
【出演】
<銀河帝国> 永田聖一朗 加藤将/畠山遼 釣本南(Candy Boy)/杉本有美/藤原祐規
<自由惑星同盟> 小早川俊輔/米原幸佑 伊勢大貴 小西成弥/大高雄一郎 福永マリカ ほか
 
【日時・会場】
<東京:Zepp DiverCity (TOKYO)>
2019年5月30日(木)~6月2日(日)
※5月30日(木)19:00 帝国軍vs同盟軍スペシャルフォトコール
※5月31日(金)15:00 帝国軍アフタートーク
※5月31日(金)19:00 同盟軍アフタートーク
※6月 1日(土)17:00 帝国軍+同盟軍アフタートーク
 
<大阪:Zepp Namba (OSAKA)>
2019年6月8日(土)・9日(日)
※6月8日(土)17:00 帝国軍+同盟軍アフタートーク
※6月9日(日)13:00 帝国軍vs同盟軍スペシャルフォトコール
 
【チケット料金】
全席指定 8,640円(税込)

【HP】 http://www.gineiden.jp/ 
【公式twitter】@gineiden_stage

【主催・企画・制作】 舞台「銀河英雄伝説」制作実行委員会
【制作協力】 らいとすたっふ
【東京公演お問合せ】 イープラス:0570-06-9919(全日10:00~18:00)
【大阪公演お問合せ】 キョードーインフォメーション:0570-200-888(全日10:00~18:00)
(C)田中芳樹/松竹・Production I.G

イベント情報

舞台『銀河英雄伝説 Die Neue These』 in ニコニコ超会議 イベント
 
■日時
2019年4月28日(日)13:30~14:15(予定)
■登壇キャスト
加藤将、釣本南(Candy Boy)、伊勢大貴、小西成弥
 
■イベント参加方法
ニコニコ超会議2019入場券をお持ちであれば、どなたでもご覧いただけます。
詳細:https://chokaigi.jp/2019/ticket/
※当日は、整理券を配布いたします。整理券については、「ニコニコ超会議2019」オフィシャルHPにて後日アナウンスいたします。
 
■超2.5次元俳優ステージ 生放送番組ページ:https://live.nicovideo.jp/watch/lv319079894
※詳細は、「ニコニコ超会議2019」オフィシャルHP(https://chokaigi.jp/)をご覧ください。

イベント情報

銀河英雄伝説ニコ生チャンネル「公式さんと語ろう!」特別編
 
■日時
2019年5月6日(月・振休)開場 12:00/開演 13:00
■会場
渋谷ユーロライブ http://eurolive.jp/
 
■チケット料金
全席指定 2,000円(税込)
販売URL:https://eplus.jp/ged-event/ (PC・スマートフォン共通)
 
■登壇キャスト
永田聖一朗、加藤 将 / 小早川俊輔、小西成弥 MC:谷戸亮太
■イベント内容
舞台映像上映&トークショー(一部シーンのみの上映となり、全編の上映はございません)
 
■銀河英雄伝説ニコニコ公式チャンネル「公式さんと語ろう!」 
視聴URL:https://ch.nicovideo.jp/gineiden
 
【イベント参加者対象“握手券付”公演チケット販売決定】
※本イベント参加者を対象に、“握手券付”“舞台「銀河英雄伝説Die Neue These~第二章 それぞれの星~」公演チケットを販売いたします。ご購入いただいたお客様は、5月6日(月・振休)渋谷ユーロライブでのイベント終了後、キャストとの握手会にご参加いただけます。
 
【ニコ生限定特典付公演チケット販売決定】
※銀河英雄伝説ニコニコ公式チャンネル「公式さんと語ろう!」(5月6日(月)13:00配信回)番組内でのお知らせから公演チケットをご購入いただいたお客様には、公演チケット1枚につき、ご観劇当日に登壇キャストの集合写真を1枚お渡しします。
 
イベント詳細は舞台公式HP(http://www.gineiden.jp/)にて。
シェア / 保存先を選択