JUN SKY WALKER(S) “ジュンスカの日”認定記念ライブで「西東京ロックフェスしましょう!」と提案

レポート
音楽
2019.5.20
JUN SKY WALKER(S)

JUN SKY WALKER(S)

画像を全て表示(8件)

JUN SKY WALKER(S)が5月19日、西東京市のコール田無にて『「JUN SKY WALKER(S)の日」認定記念スペシャルイベント』を開催した。

このイベントは、西東京市にゆかりのあるJUN SKY WALKER(S)とJ:COM 西東京による、地域に根差したまちの活性化に取り組む「TEAM NI(S)HITOKYO×JUN SKY WALKER(S)」(以下、TEAM)の集大成として開催されたもの。

イベントでは、記念日登録証授与式をはじめ、 J(S)Wメンバーと地域関係者が西東京市を語るトークセッションやトリビュートバンドの演奏、 J(S)Wのスペシャルライブが行われた。

JUN SKY WALKER(S)

JUN SKY WALKER(S)

TEAMの取り組み第一弾として、JUN SKY WALKER(S)がメジャーデビューした1988年5月21日にちなみ、5月21日を「JUN SKY WALKER(S)の日」として一般社団法人日本記念日協会に申請し、2019年3月30日に正式に記念日として認定。日本のロックバンドのデビューした日が記念日となったのは初となる。メンバーはそれぞれ「中学校から自由学園に通いはじめ、 寮生活でもあったので、 思い出の多く、 そんな西東京市に錦を飾れたので嬉しいですね」(宮田和弥/Vo)、「「11月11日のポッキーの日を超えるぐらいメジャーな記念日にしたいです!」(寺岡呼人/Ba)とコメントした。

JUN SKY WALKER(S)

JUN SKY WALKER(S)

JUN SKY WALKER(S)

JUN SKY WALKER(S)

トークセッションでは、2001年に田無市と保谷市が合併して西東京市が誕生したこともあり、宮田は「田無の人と保谷(ひばりが丘)の人はお互いにあんまり意識してなかったけど、一緒になって意識が変わったんじゃないかな」と言い、また宮田自身も先日『ジュンスカNIGHT』で田無の飲食店をまわり、新たなお店の発見にもつながったことを明かし、さらに「西東京ロックフェスを開催しましょう!」と提案した。

JUN SKY WALKER(S)

JUN SKY WALKER(S)

JUN SKY WALKER(S)

JUN SKY WALKER(S)

その後、スペシャルライブでは「歩いていこう」「START」「Let’s GO ヒバリヒルズ」など代表曲をパフォーマンス。MCでは「僕たちはこれからも歌でロックバンドJ(S)Wとして次の世代に音楽を伝えていきたいと思います。今回の5月21日の記念日登録、本当にありがとうございます! 僕らも応援してます!」と感謝とエールを送った。

この模様は、2019年6月16日(日)、23日(日)18時より、J:COMのコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル」(地デジ11ch)でダイジェスト版として放送される。

JUN SKY WALKER(S)

JUN SKY WALKER(S)


■イベント終了後のインタビュー

―ー地元でのライブ、 初めての場所でのライブの感想は?
小林雅之(Dr):新しい緊張感がありましたね。
森純太(Gt):初めての会場だったので、 それなりに意識しちゃって緊張しましたね。
宮田:特別な日である、 5月21日が記念日として残せたのは本当に嬉しいですね。 デビュー当時、 ロックは反社会的なイメージがあったので、 記念日だったり市が認めてくれるなんて想像もしなかったですね。

――5月25日の日比谷野外大音楽堂での『30th Anniversary Tour FINAL』の意気込み。
宮田:野音は僕たちのホームグランドでもある。 再結成前までは90%の確立で雨だったので、 今回は伝説の雨ライブとなるのか、 晴れるのかどうなりますかね。
:デビューした当時は30年後もJ(S)Wとして活動していると想像すらできなかった。 皆さんのおかげで30周年を迎えられたので野音を楽しみたいです。
小林:最初に西東京からこういう機会の話しを聞いたときの、 『マジか!!!!』という興奮を抱えて野音にいきたいです。
寺岡:僕らの歳になると無事で健康で30年というのは当たり前ではないです。 続けられるということが奇跡でもあるので、 30年続かなかったバンドも多いと思うので、 そういった人たちの想いも噛みしめながら野音をやりたいと思います。

――今後、 西東京市とやりたいことは?
小林:盆踊りで、 着物を着て和太鼓を叩きたいですね。
宮田:「西東京音頭」作ろうか? 子どもたちが使える施設もあるそうなので、 楽器を教えたりして音楽を子どもたちに届けるというのも面白いな。

JUN SKY WALKER(S)

JUN SKY WALKER(S)

 

セットリスト

「JUN SKY WALKER(S)の日」認定記念スペシャルイベント
2019年5月19日(日)コール田無
01. 歩いていこう
02. START
03. One-Way
04. MY GENERATION
05. Let’s GO ヒバリヒルズ
<ENCORE>
06. すてきな夜空

放送情報

「JUN SKY WALKER(S)の日」認定記念スペシャルイベントダイジェスト
■放送日時
2019年6月16日(日)・6月23日(日) 18:00~20:00
※最新の番組情報は、 電子番組表(EPG)をご確認ください。 
■放送チャンネル
「J:COMチャンネル」 (地デジ11ch)
※「J:COM」の有料サービスの加入・未加入を問わず、 「J:COM」のネットワークが接続されている建物にお住まいであれば、 無料でご視聴いただけます。 
視聴可能エリア
■東京都西東京市、 小平市、 東村山市、 清瀬市、 東久留米市、 府中市、 小金井市、 
国分寺市、 練馬区、 埼玉県新座市、 和光市
≪視聴可能世帯数≫ 約845,000世帯(2019年3月末時点)
《視聴可能エリアを確認するには》
http://www.jcom.co.jp/area_search/?service_full=true 
※サービスエリア内でも一部ご利用いただけない地域がございます。 
■番組ホームページ
https://c.myjcom.jp/jch/p/jsw_nishitokyo.html

ライブ情報

30th Anniversary Tour FINAL 〜全部このままで〜
2019.05.25 (土)日比谷野外大音楽堂
開場 17:15/ 開演 18:00
<チケット>
前売 [指定/立見] 6,000円(税込)
※3歳未満入場不可、3歳以上チケット必要
※高校生以下の方は、当日会場で2,000円キャッシュバック。学生証などの身分証明書をご提示ください。
シェア / 保存先を選択