奥浩哉氏の「GANTZ」が再始動! 新情報は、体験型謎解きWEBコンテンツ「GANTZ:X」で!?

GANTZ再始動! 新情報は、体験型謎解きWEBコンテンツで!?

GANTZ再始動! 新情報は、体験型謎解きWEBコンテンツで!?

画像を全て表示(4件)

 コミックス累計1,907万部を突破! 奥浩哉氏の大人気コミック『GANTZ』。2000年に週刊ヤングジャンプにて連載開始し、2004年にアニメ化、2011年には二部作で実写映画化もされました。2013年には、13年もの長期連載の末、惜しまれながら最終回に。そして『GANTZ』のの再始動が決定し、プロジェクト「GANTZ:X」が動き出します! 2015年11月は、ミラクルジャンプで「GANTZ:G」(原作:奥浩哉 作画:イイヅカケイタ)が連載開始! 2016年にはフル3DCGアニメーション映画「GANTZ(仮)」の公開も決定しています! そしてこのたび、「GANTZ」再始動プロジェクトポータルサイト、体験型謎解きWEBコンテンツ「GANTZ:X」のオープンとなりました! 気になる概要をここではご紹介しましょう♪

 なお、本プロジェクト「:X」には、再起動(Reboot)を超えた上書き(Overwrite)を試み、今を生きるあなたに、世代を超えた新しい謎としての「GANTZ」を存分に味わってほしいという想いが込められいます。ポータルサイトは株式会社カルチャーが、株式会社日宣と共同で企画プロデュース・制作を担当。

◆入力フォームだけの謎に包まれたトップページが!

★「GANTZ」再始動プロジェクトポータルサイト、体験型謎解きWEBコンテンツ「GANTZ:X」がオープン!
GANTZ:X http://gantzx.jp/

【WEBコンテンツ GANTZ:X 概要】
●その1.GANTZの世界観の魅力を余すことなく伝えるコーナーを多数用意!
★毎月新しいコンテンツが追加更新されていきます。しかしそれらはTOPページの入力フォームから、GANTZに関わるアルファベットを推測して入力し自ら発見していかないと表示することもできない宝探しのような作りになっています。是非全ページを発見して下さいね♪

●その2.海外のファンにも対応! 日本語/英語を併記したデザインを採用!


★GANTZには、連載当時よりSFファンをはじめ海外からも多数のファンがいます。10月のミラクルジャンプでのティザー情報の一部掲出時にも、すぐに海外メディアからの問い合わせがあったとのこと。そのため今回のスペシャルWEBコンテンツは日本語/英語併記のデザインが採用されています。

●その3.GANTZ:ROOM 「てんすう」をためて「クリア回数」を上げよう!
★作中にも登場する通称「GANTZ部屋」の住人になりミッションをクリアして点数をためクリアを目指します。クリア回数のランキングも12月より公開予定です。いろいろなメディアで配布されている「PASSWORD」を入力することと毎日ログインすることで点数を取得することができます。

●その4.ミラクルジャンプ誌面連動!「PASSWORD」を入手してオリジナル壁紙をGET!


★ミラクルジャンプ誌面でのGANTZ総力特集「GANTZ:NEXT」との全面連動! 奥浩哉スペシャルインタビューのWEB再掲載や、誌面配布の合い言葉「PASSWORD」を入力すると限定オリジナル壁紙のダウンロードが可能! 毎月誌面と連動し色々な企画を実施。

●その5.過去と現在、また現実とフィクションの時間軸が交錯する「GANTZ:CHRONICLE」


★作中にも登場する、フリーランスライターKが追いかけているGANTZと黒いスーツの一団の謎。その謎の調査備忘録が、20XX年11月から公開。GANTZの鍵となる玄野計が電車事故に巻き込まれるのは12月の出来事。現実とフィクション、過去のデータと今回あらたに明らかになる事実などを交錯させながら楽しめる、エンターティメントが堪能できます。

>>ミラクルジャンプ公式サイト

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択