森川智之さん自身が書きたい絵本は、子供に見せられない?--絵本読み聞かせ新番組『きみへ読む絵本』インタビュー

インタビュー
2015.11.20
森川智之さん自身が書きたい絵本は、子供に見せられない?

森川智之さん自身が書きたい絵本は、子供に見せられない?

画像を全て表示(7件)

 スマートフォン向け放送局「NOTTV」とアニメ専門チャンネル「アニマックス」は、11月21日(土)より人気男性声優3人(岡本信彦さん、安元洋貴さん、森川智之さん)が「絵本」を読み聞かせる番組『きみへ読む絵本』を放送します。

 この番組のユニークなところは、NOTTV版とアニマックス版の2種類が制作されたところ。NOTTV版では番組のために作られたオリジナル絵本を朗読し、アニマックス版では有名絵本を朗読。出演者は同じだが、絵本が異なるので番組の雰囲気が若干違うのが特徴です。

 また、映像の美しさにも注目で、10月某日に行われた撮影を見学すると豪華な機材がズラリと並んでいました。主に映画撮影に使用されるRED Digital Cinemaの「EPIC」やデジタル一眼レフカメラ「Canon 5D mk3」などが複数台用意され、何人ものスタッフが機材を操っていました。明かりのほとんどない暗いスタジオはアダルトな空間を演出し、一般的な声優番組とはひと味違う雰囲気だった。声優ファンはもちろん、デジタル機器に興味のある人も要チェックです!


■森川智之さんが語る「絵本」の魅力とは?

──番組収録お疲れ様でした。出演された感想をお聞かせください。

森川智之さん(以下、森川):絵本を読み聞かせるのは初めてでした。なかなかおもしろかったです。しかもこのような番組とは想像していませんでした。もっと教育番組のような感じかなと思っていました。大人のための絵本もありますが、基本的には子供が読む本ですから。

──ナレーションやアニメと、絵本の読み方で異なる部分はありますか?

森川:全部違いますね。すべてを与えてしまうのはよくないと思い、絵本の朗読はアニメっぽくならないように気をつけました。

──ある程度は視聴者が考えられるような読み方でしょうか?

森川:そうですね。そうじゃないと、ただの押し付けになってしまいますから。全部を与えて「こういう話だよ」という風にしてしまうと、本来絵本が持っている力が発揮できないと思います。アニメは作品の演出意図がありますが、絵本は見る人、読む人によって捉え方が違います。

──それでは「朗読」はいかがでしょうか?

森川:朗読は絵本の対といいますか、近い部分はあると思います。

──声優さんはアニメやナレーション、朗読と、さまざまなお仕事がありますが、演じるときはすぐにスイッチが切り替わるのでしょうか?

森川:スイッチが見当たらないんですよ……なので、なんとなく読むんです。

一同:(笑)

──今日の収録ではカメラがたくさんありましたが、読みにくくありませんでしたか?

森川:そうですね。カメラがあると「これ以上動かないでほしい」とか「照明が当たるのでこの角度で本を持ってほしい」とか制限がかかっちゃうので、そういった意味では読みにくかったです。でも、今日は読むのに一生懸命だったので、あまりカメラのことは気にせずに読みました。

──森川さんの「絵本の思い出」はありますか?

森川:小さいころ、家に世界中の絵本を集めた「絵本大全」のようなシリーズがあった気がします。親が買ってきたんでしょうね。小さいころは『3びきのこぶた』や『ねずみの嫁入り』のような、絵本の定番となるものは一通り読んでいたと思います。


──絵本に限らない話かもしれませんが、普段さまざまな作品に携わっている森川さん自身が、お話を書いてみたいと思ったことはありますか?

森川:構成とか台本を書くことはありますが、絵本は作ったことがありません。なので書いてみたいですね。ただ、もし書くとしたら内容はブラックな感じになるでしょうね。

一同:(笑)

森川:『グリム童話』じゃないですけど、本当は怖い話になりそうです。絵本って本当の意味を知ってしまうと怖いお話もありますよね? そういう意味では「世の中の不条理さ」を伝える本とかがいいかな?

──なるほど! 幼稚園児には見せられませんね。

森川:いや、幼い子は「絵のかわいさ」で惹きつけます。そして大人になって読み返してみたら、「なんだ、哲学的なこと言ってるじゃん」と気づいたり……。そんな作品はいかがでしょうか?(笑) 伝えたいメッセージは「世の中って上手くいかないんだよ」とか「自分が正しいと思っていても他人には迷惑かもしれないぞ」とか、そういう絵本です。

──今日の収録を見学させていただきましたが、NOTTV版で読まれた「ふざけた絵本」の感想をお聞かせください。

森川:定番となっているストーリーの「もしもシリーズ」のようでした。大人のふざけた遊びって感じで、とてもおもしろかったです(笑)。子供が絵本を見ると、心や頭のなかでいろいろな想像をすると思います。「実はこの後、こうなって……ああなって……」とか、誰でも一度は考えたことがあるはずです。それどころか、絵本の余白に勝手に絵を描き足しちゃったりしますよね? それを大人になってもやってしまった、というのが「NOTTV版の絵本」です。

──大人になっても子供の気持ちを忘れないで作った絵本、ということでしょうか?

森川:そうですね。そのような気持ちがわからないと、「なにをふざけているんだ! 作品に対する冒涜だ!」と思う人がいるかもしれません。まぁその意見も正しいかもしれませんけどね。

一同:(笑)

森川:だって世の中は不条理ですから(笑)。


──収録を聞かせていただいたとき、聞きやすいと思ったのは抑揚です。森川さんが絵本を読むとき、単語の抑揚は事前に決めておくのでしょうか?

森川:今日は文字を見てから決めました。
それとはちょっと違いますが、台本に句読点がなく「ある日白雪姫が~」と書いてあったんです。パッと見たとき、「ある目白(メジロ) 雪姫(ユキヒメ)ってなんだ?」と思いました。よく見たら「ある日 白雪姫が~」だったんですね。句読点の有無によって読み方は違いますね。

一同:(爆笑)

──森川さんにとって「絵本」はどのような存在でしょうか?

森川:僕は本が大好きなんです。休みのたびに本屋に行きます。ですが、このお仕事のオファーをいただいたとき、「そういえば本屋は行くけど絵本のコーナーは最近行ってないな」と、ふと思ったんです。なので、つい先日本屋に行ったついでに絵本のコーナーを見てきたんです。

──いかがでしたか?

森川:土曜日か日曜日に行ったんですが、まぁスゴい!(笑) そこらじゅうに子供がたくさんいて、お父さんとお母さんがその場で読んでいるんです。

──まだ購入していない絵本をですか?

森川:はい、まだ買っていない本です。そこの書店は絵本のコーナーがとても広くて、親子連れの多さに驚きました。まるで「遊び場」のようでした。お父さんとお母さんが、思いっきり絵本のなかのキャラクターになりきって読んでましたよ。
ぜひみなさんも絵本コーナーや図鑑コーナーを見学してみてください。おもしろいですよ。大人の絵本もありますしね。購入するときは平日に行っても誰もいませんから、たくさんの親子で賑わっている土日が狙い目です。

──最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

森川:『きみへ読む絵本』の番組を見ていただきたいのはもちろんですけれども、これを機会に実物の「絵本」に手を伸ばしていただけると嬉しいです。最近は本離れが進んでいるようです。電子書籍という便利な読み物もありますが、やっぱり紙の本には、紙の本の良さがあります。お時間のあるときに本屋に足を運んでもらって、たくさんの本に触れていただきたいです。

──有難うございました!

森川智之さん出演の「きみへ読む絵本の」は11月21日からNOTTVとアニマックスで放送します!お楽しみに!


■番組概要
大人気男性声優3人があなたに絵本を読み聞かせる新番組『きみへ読む絵本』NOTTVとアニマックスで放送! 森川智之さん、安元洋貴さん、岡本信彦さんの人気声優3名が、それぞれ様々な絵本の朗読を通して、絵本の言葉・絵の美しさと共に、男性声優に癒される特別な時間をお届けします。本番組はアニマックスとNOTTVの共同企画番組となっており全4話を制作。アニマックスで2話、NOTTVで2話を放送いたします。

アニマックス版では第1話で”思い出の絵本”、第2話で”おすすめの絵本”を朗読します。朗読を担当する森川さん、安元さん、岡本さんと絵本との出会いに関する意外なエピソードや、絵本に対する思いを交えながらお届けします。

NOTTV版では、森川さん、安元さん、岡本さんが第1話・第2話ともに番組オリジナルの「思い出に残らざるを得ない絵本」を朗読します。一癖あるストーリーに笑いあり、戸惑いあり、朗読を担当する森川さん、安元さん、岡本さんの素顔の部分をお届けいたします。”
このように両方合わせて楽しめる番組展開になっていますので是非NOTTVパックに加入して両方の番組をお楽しみ下さい。

■放送情報
アニマックス第1話:「思い出の絵本」11/21(土)23:30~24:00
NOTTV第1話:「思い出に残らざるを得ない絵本Ⅰ」11/22(日)23:00~23:30
アニマックス第2話:「おすすめの絵本」11/28(土)23:30~24:00
NOTTV第2話:「思い出に残らざるを得ない絵本Ⅱ」11/29(日)23:00~23:30


■視聴者プレゼントのお知らせ
出演者の岡本信彦さん、安元洋貴さん、森川智之さんの直筆サイン入り番組オリジナルクリアファイルをプレゼントします。
応募方法は、NOTTV第2話「「思い出に残らざるを得ない絵本Ⅱ」11/29(日)23:00~23:30にてお知らせいたします。ぜひ全4話楽しんでいただき、どしどしご応募してください。

■関連サイト
>>公式サイト(NOTTV)
>>公式サイト(アニマックス)
>>公式twitter
>>※NOTTVパックについて

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択