「ナレーションとアニメアフレコの違いは?」の安元洋貴さんの返答が深い!--絵本読み聞かせ新番組『きみへ読む絵本』インタビュー

インタビュー
2015.11.20
「ナレーションとアニメアフレコの違いは?」の安元さんの返答が深い

「ナレーションとアニメアフレコの違いは?」の安元さんの返答が深い

画像を全て表示(7件)

 スマートフォン向け放送局「NOTTV」とアニメ専門チャンネル「アニマックス」は、11月21日(土)より人気男性声優3人(岡本信彦さん、安元洋貴さん、森川智之さん)が「絵本」を読み聞かせる番組『きみへ読む絵本』を放送します。

 この番組のユニークなところは、NOTTV版とアニマックス版の2種類が制作されたところ。NOTTV版では番組のために作られたオリジナル絵本を朗読し、アニマックス版では有名絵本を朗読。出演者は同じだが、絵本が異なるので番組の雰囲気が若干違うのが特徴です。

 また、映像の美しさにも注目で、10月某日に行われた撮影を見学すると豪華な機材がズラリと並んでいました。主に映画撮影に使用されるRED Digital Cinemaの「EPIC」やデジタル一眼レフカメラ「Canon 5D mk3」などが複数台用意され、何人ものスタッフが機材を操っていました。明かりのほとんどない暗いスタジオはアダルトな空間を演出し、一般的な声優番組とはひと味違う雰囲気だった。声優ファンはもちろん、デジタル機器に興味のある人も要チェックです!


■これもひとつのエンターテイメント!? 収録後の安元洋貴さんにインタビュー

──『きみへ読む絵本』に出演した感想をお聞かせください。

安元洋貴さん(以下、安元):朗読は人それぞれのフォームがあります。僕は4つの絵本を読ませていただいて、その内のひとつは若干パワープレイのようなものもありましたが、それ以外は視聴者のみなさんのジャマをしないように、最低限の情報を伝えるように気をつけました。

──視聴者の方々は、どのように番組を見たらよいでしょうか?

安元:みなさんが頭のなかで絵をつけ、人物を作り、動かしながら見ていただけると楽しいんじゃないかなと思います。

──絵本の朗読は、ナレーションやアニメのアフレコと一番違うところはどこでしょうか?

安元洋貴さん:「しゃしゃり出すぎない」ところでしょうか? ナレーションは伝えなければいけない情報があります。アニメのキャラクターは設定があります。それと違って「絵本の朗読」は自分自身が伝えなければいけないので、本当に難しいです。例えば横に絵があって、それを人に見せながら読む絵本の朗読と、なにもない状態で伝える場合も異なります。この『きみへ読む絵本』という番組はおそらく編集で絵が出ているとは思いますが、今回僕は「仮になにもなければどうだろうか?」と考えて読んでみました。しゃしゃり出すぎず、最低限の情報だけをお伝えして、みなさんの頭のなかでいろいろな世界を広げてくださったらおもしろいな、と思って読みました。


──安元さんが普段声をあてるとき、みなさんが絵を思い浮かべられるように演じることが多いですか?

安元:ケースバイケースですね。アニメだと正解となる絵があるわけですし、CDドラマではキャラクターの絵をお届けしてある状態のこともありますからね。

──今回の朗読で、もっとも気をつけたポイントはどこでしょうか?

安元:ひとつのある絵本は内容がトンチンカンだったので除きますが(笑)。それ以外は先ほども言いましたが、「前に出過ぎない」ことに注意しました。「僕の声で読む」というだけでひとつの主張になってしまうので、それ以上はやり過ぎないようにしようと思いました。

──安元さんにとって、絵本はどのような存在でしょうか?

安元:小さいころに幼稚園や学級文庫、図書館などで読んでいましたね。やっと活字が読めるようになり、字の意味を考えるようになったころでしょうか。おそらく電車や魚の図鑑などの次に触れた本が「絵本」だったと思います。


──最後にオンエアを楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。

安元:みなさんが思っている番組になっているかどうかはわかりません。ですが、とてもチャレンジャブルな番組です。収録を楽しくやらせていただいたので、僕自身はとてもおもしろかったです。みなさんに「こういう形のエンターテイメントもあるんだよ」というのが伝われば嬉しいです。

──有難うございました!

安元洋貴さん出演の「きみへ読む絵本」は11月21日からNOTTVとアニマックスで放送します! お楽しみに!


■番組概要
大人気男性声優3人があなたに絵本を読み聞かせる新番組『きみへ読む絵本』NOTTVとアニマックスで放送! 森川智之さん、安元洋貴さん、岡本信彦さんの人気声優3名が、それぞれ様々な絵本の朗読を通して、絵本の言葉・絵の美しさと共に、男性声優に癒される特別
な時間をお届けします。

本番組はアニマックスとNOTTVの共同企画番組となっており全4話を制作。アニマックスで2話、NOTTVで2話を放送いたします。

アニマックス版では第1話で”思い出の絵本”、第2話で”おすすめの絵本”を朗読します。朗読を担当する森川さん、安元さん、岡本さんと絵本との出会いに関する意外なエピソードや、絵本に対する思いを交えながらお届けします。

NOTTV版では、森川さん、安元さん、岡本さんが第1話・第2話ともに番組オリジナルの「思い出に残らざるを得ない絵本」を朗読します。一癖あるストーリーに笑いあり、戸惑いあり、朗読を担当する森川さん、安元さん、岡本さんの素顔の部分をお届けいたします。”

このように両方合わせて楽しめる番組展開になっていますので是非NOTTVパックに加入して両方の番組をお楽しみ下さい。

■放送情報
アニマックス第1話:「思い出の絵本」11/21(土)23:30~24:00
NOTTV第1話:「思い出に残らざるを得ない絵本Ⅰ」11/22(日)23:00~23:30
アニマックス第2話:「おすすめの絵本」11/28(土)23:30~24:00
NOTTV第2話:「思い出に残らざるを得ない絵本Ⅱ」11/29(日)23:00~23:30


■視聴者プレゼントのお知らせ
出演者の岡本信彦さん、安元洋貴さん、森川智之さんの直筆サイン入り番組オリジナルクリアファイルをプレゼントします。
応募方法は、NOTTV第2話「「思い出に残らざるを得ない絵本Ⅱ」11/29(日)23:00~23:30にてお知らせいたします。ぜひ全4話楽しんでいただき、どしどしご応募してください。

■関連サイト
>>公式サイト(NOTTV)
>>公式サイト(アニマックス)
>>公式twitter
>>※NOTTVパックについて

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択