下北沢のマルシェで東北のおいしい野菜をGET

ニュース
2015.11.21


11月23日(月・祝)、NPO法人Agri-connectionsが主催する「下北沢あおぞらマルシェ vol.8」が下北沢で開催される。

■ 東北の野菜や郷土料理も

今年で8回目を迎える、東日本大震災後の2012年春から始まった、市民による、市民の為の、市民主導の地域マルシェ。毎回、多くの農家が参加し、有機栽培などこだわりの野菜や果物を直売するほか、おいしい食事や似顔絵サミット、演劇のワークショップ、ライブなど多彩なイベントも企画されている。

福島からは「蔵屋敷あづまさ」の豆麩、ギンナン、サトイモなどをホタテダシ仕立てにした会津の郷土料理こづゆや、「くぬぎやまコーフィてん」のオーガニックコーヒーなどが届く。都内からも「露地マーケット」の手作り石けんやがま口、「cafeシモキタトナリ」の芋煮汁などバラエティ豊かな店が登場する。

東北各地から似顔絵職人が大集合する似顔絵サミットでは、収益の一部が義捐金として寄付される。そのほか、シンガーソングライター・フナクボ香織や丸山茂樹によるライブ(13:00~)や、ネパール大地震復興支援として農民ロッカー和気優氏による現地訪問の報告会(15:00~)などを開催。

子供向けの演劇ワークショップでは、演劇の手法を使いお店屋さん体験ができる「3分間店長」も行われるので家族で訪れたい。※要事前予約

下北沢を散策がてら“市民マルシェ”に立ち寄ってみよう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択