デジタル・クリエイティブフェス『イノフェス』AKB48の出演を発表 ☆Taku Takahashiらとコラボも

ニュース
音楽
2019.7.26
AKB48

AKB48

画像を全て表示(2件)

9月28日(土)、29日(日)の2日間、六本木ヒルズで開催されるデジタル・クリエイティブフェス『J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2019』(以下、イノフェス)の追加出演者が発表された。

すでに発表されている、筑波大学准教授でメディアアーティストの落合陽一、将棋棋士の羽生善治、音楽プロデューサーの亀田誠治、モーリー・ロバートソン、バーチャルタレントのキズナアイ、(株)ZOZO執行役員の田端信太郎など23組に加え、9月29日(日)に国民的アイドルグループ・AKB48の出演が決定した。

今回のステージでは、AKB48のメンバーが様々な分野のクリエイターとコラボし、テクノロジーを駆使したこの日限りのパフォーマンスを披露。出演メンバーは特別選抜が編成される。メンバーは追ってアナウンスされるとのこと。

Taku Takahashiによるサウンドプロデュース

m-floの☆Taku TakahashiAKB48の大ヒット曲をリミックスしてDJスタイルでAKB48と共にステージでプレイ。リミックス楽曲はJ-WAVEの放送でも事前にオンエア予定。

m plus plusによる最新LEDフラッグを使ったステージ演出

SAMURIZE from EXILE TRIBEなどLEDとダンスを組み合わせた演出を手がけるクリエイターの藤本実が率いるm plus plus。今回のために製作した新型のLED手持ちフラッグを使ってAKB48のメンバーがパフォーマンス。

注目の映像クリエイター集団・BENZENE by VMTTがステージ映像演出

SUMMER SONIC、a-nation、ULTRA JAPANなどのビッグフェスにも出演多数する映像クリエイター集団・BENZENE by VMTTがVJを担当。AKB48のステージを映像演出で盛り上げる。

モーションキャプチャーを使ったAI Tommyとのダンスパフォーマンス

物体の動きをデジタル的に記録するモーションキャプチャーを装着したAKB48のメンバーのダンスパフォーマンスによってJ-WAVEから生まれたAIキャラクター「AI Tommy」の映像をコントロール。AKB48メンバーとAIがダンスでコラボレーション。

スマートフォンと連動 観客参加型のパフォーマンス

プロジェクションマッピングやイベントの映像演出を手がけるSYMDIRECTがインタラクティブ演出を担当。ライブ会場で特設スマートフォンサイトから応援メッセージを送ると、メッセージの一つひとつが大型ディスプレイに様々なエフェクトが加わった形で表示される。その映像を背景にAKB48がパフォーマンスを披露する。

イベント情報

J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2019 supported by CHINTAI
日時: 2019年9月28日(土)、29日(日)
場所: 六本木ヒルズ
チケット: レギュラー1日券 ¥2,800(税込) / 2日券 ¥5,000(税込)
プレミアム1日券 ¥10,000(税込) / 2日券 ¥19,000(税込)
<レギュラーチケット>
・イベント開催中、プレミアム専用エリアを除く全てのエリアにアクセスできるチケットです。
・入場規制の際にはご入場いただけない場合がございます。
<プレミアムチケット>
・イベント開催中、プレミアム専用エリアを含む全てのエリアにアクセスできるチケットです。
・各エリアにおいて優先的にご入場いただけます。※入れ替え制のプログラムに限る
・入場規制の際にはご入場いただけない場合がございます。
・プレミアム専用ドリンクバーを無料でご利用いただけます。
シェア / 保存先を選択