先ほど終わったばかりのOZZFEST JAPAN 2015 1日目の模様をSPICEが最速レポ!

SPICER+
OZZFEST JAPAN 2015

OZZFEST JAPAN 2015

画像を全て表示(14件)

最も「重く」最も「激しく」最も「邪悪で」最も「感動する」そして最も「黒Tシャツ率」の高いフェス。それがOZZFEST

いよいよ日本のラウド音楽、メタル、ロックファンが待ち望んだ最強ラウドフェス『OZZFEST JAPAN 2015』が11月21日(土)に幕張メッセ9−11ホールにて幕を開けた。

会場に向かう人は、安定の「黒Tシャツ率」で、明らかにOZZFEST参戦だと見て取れる人で溢れた幕張。それぞれが好きなバンドT、グッズコーナーで手に入れたオフィシャルTシャツなど様々だ。

気候もちょうどいい絶好の「メタル日和」。ついにイベントはスタートする。

 

The Winking Owl

The Winking Owl

今回は例年よりも日本のアーティストも多く登場し、オープニングアクトから若手有望株達がこのフェスの開幕を盛り上げる。特に新MVも発表し、ONE OK ROCKの横浜アリーナで前座を飾った事も記憶に新しいThe Winking Owlは、非常に堂々と、そしてまたこのステージを楽しんでいるようで、この先の可能性を感じさせてくれた。
 

Crystal Lake

Crystal Lake


そして本編が開幕。まずは長年のメタルコア魂がここ数年で広まり、多くの人の心をつかんでいるCrystal LakeがこれぞOZZFESTのオープニングとばかりに、激情のこもった咆哮をあげる。この日だけのスペシャルアクトとして用意されたCrystal Lake × DJ BAKUもこの先の可能性を感じるステージだった。 

 
NOISEMAKER

NOISEMAKER

また、Of Mice & Menの出演キャンセルにより、急遽出演となったNOISEMAKERも、ピンチヒッターとは思えない仕上がりで会場を温めていたし、MEANINGも畳み掛ける様に日本のロック、メタル、ハードコアシーンのバンドが登場している中で、冴え渡るスキルと貫禄のライブ感でフロアを熱くしていた。

そうこうしているうちに、Crossfaithが登場。新作『XENO』を引っさげてのロングツアーがこれから続く中で、新旧楽曲を織り交ぜたステージは圧巻。日本代表として海外で勝負しているバンドならではのオーラを纏いながら、一気にOZZFESTは最高潮へとシフトチェンジされた。VocalのKoieがMCで「世界で一番ヘヴィなフェスがオズフェス。メタルキッズのお祭り」と言っていた通り、そこからは大きなサークルモッシュあり、人気ナンバーの「OMEN」で会場全体が一つになるジャンプがありと、納得の「メタル」なステージだった。

今回ステージがAとBで入れ替わりに行われ、間の待ち時間がほとんどないため、イベントがテンポよく見れる。興奮冷めやらぬまま次々とライブがやってくるから、本当にみていて楽しい。冷めてしまう瞬間を作らないイベントの運びになっているため、疲れはするが(笑)、音に、いや爆音に浸るには最高なイベントだと感じる。


 

SiM

SiM


そしてCrossfaithの興奮そのままにSiMへと突入。「Get up,Get up」、「Killing me」と立て続けにドロップ。しかしこのイベント、疲れ知らずにぶっ飛ばされる。その後もまた通常のラウドなバンドとは一風違った、SiMならではのレゲエやダブのまざった不思議で楽しい空間を展開。VocalのMAHはMCで「僕は2004年はフロアでSlipknotをみてました。でも11年あったらなんでもできる。今はここに立てている」と振り返り「今日も沢山バンドマン見に来てるとおもうけど、ここを目指して下さい」と自らがライブハウスで叩き上げてきた、ライブバンドだからこそ言い放てる台詞を投げつけた。改めて本当にライブハウスのシーンやこのラウドのシーン、バンドというもので育ったと、生粋の「ライブッ子」なんだなと感じさせてくれた。

そしてなんといっても楽しみだったのは、前日に発表されたSlipknot/Stone sourのCorey Taylorとのコラボレーション。何の曲をやるのかという憶測が飛び交う中披露したのは「二人とも好きなバンドの曲」と言ったRadioheadの「creep」だった。二人とも本当に楽しそうに、笑顔で、時折肩を組んだりしながら歌う様は、音で感じ合える空間を皆で共有できることを体現していた。


数々の名場面を残しながらイベントは進む。


 
Corey Taylor

Corey Taylor

次は先ほどSiMのステージでゲスト出演したCorey Taylor of Slipknot & Stone Sourだ。このラウドなフェスにあって、今回のCoreyは完全にアコースティックの弾き語りスタイル。猛烈に攻め立てるバンドの応酬に、この深みのある弾き語りが非常にイベントにいいアクセントをつけていた。いやーしかし歌がうまいよ、Corey。

本当にアコースティックギター一本だけで序盤は歌うんだけれども、まず絶妙にハスキーな声がたまらない。普段はシャウトや爆音の中で歌っているCoreyを見ている事が多い中で、「この人のこの歌をしっかり聴きたいな」という欲求に答えてくれた感じ。弾き語りメインの人がこれをやっても、イベントに合わないし、ちょっと興ざめとなってしまいそうなんだけど、この人は別格。

やはり存在がメタルな人は弾き語りしても、平気なんだな。というより、とにかく耳に飛び込む歌声が、ひどく心地いいため説得力が違った。もう一人ギターを呼び込んで披露した、Stone sourの「Through the glass」はちょっと涙ぐむほどのアクトだった。


 
ONE OK ROCK

ONE OK ROCK

そしてそしていよいよイベントも後半戦。このOZZFESTの前に、過酷なアメリカツアーを終えたばかりのONE OK ROCKが満を持して登場。正直、個人的にはこの日ベストアクト候補といっても過言ではないくらい、今日の彼らはすごいアクトを演っていた。コンディションという意味では、あの日本でのツアーですか?と言わんばかりの日程で詰め込まれたアメリカツアーの後なんだから、どうだろう?と思っていたんだが、いやいや、だからこその安定感と貫禄。

なんというか「脂がのっている」という表現が正しいかはわからないが、とにかくバンドの状態が非常にいいんじゃないかなと感じさせる。Takaの歌はますます磨きがかかり、元々の歌のうまさにどっしりとした安定感と衝動がのっかっていた。更にバンドの縦のまとまりかた、グルーブの出方、そして何より音が良い。楽器がしっかり鳴ってそれを絶妙のバランスで出力してる感じ。とにかくキまくってるバンドのライブだった。

 
ONE OK ROCK

ONE OK ROCK

過去に彼らのライブを見た事がある人でも、今の彼らのアクトを観るべきだと太鼓判を押したい。ライブもバンドも「ナマモノ」だから、旬もあれば、浮き沈みがある。だからこそ今のONE OK ROCKは、絶対的にバンドとしての状態が旬を迎えていると感じる。セットリストも「3xxxv5」、「Take me to the top」から始まり、「Deeper Deeper」、「Cry out」と定番もドロップし、新曲「The Way Back」の日本語ver、名曲「The Beginning」と出し惜しみなし。そして、CrossfaithのKoieをゲストに迎えた「Mighty Long Fall」、最後は日本でのイベントならでは「完全感覚Dreamer」と、完全に死角はなかった。何度も言うが今のワンオクは見た方がいい。

 
Bullet For My Vallentine

Bullet For My Vallentine

さてそんなぶっ飛ぶアクトがあっても、更にそれに上乗せするように激烈なライブが飛び交うのがフェスの醍醐味。個人的にも楽しみだったBullet For My Vallentineが登場する。彼らは最新のアルバムが非常に出来がよかったため、楽しみにしていたのだが、勿論その期待に応えてくれた。そして何より、彼らの日本での認知度、人気が非常に高いことを感じる。UKのメタルの系譜であるIron MaidenやJudas Priestを感じさせながらも、アメリカのスラッシュメタルの要素も含み、またスクリーモ、エモといった若者にもフックする要素もある、いわば美味しいとこ取りのバンドなのだが、日本のバンドが続いていただけに、改めて「これぞ洋学メタル」というドラムのブラストビートに、またカオティックなラウドの世界に引き戻された感覚だ。ブラストと共に張り上げる咆哮。ああそうだコレがメタルだ。

でも聴きにくくないから彼らはすごい。きっとメタルの解釈が良い意味でキャッチーなんだろう。往年の名曲から最新曲まで、日本のファンのツボをつくかなりの良セトリで、ラストへ向けてのヤマを作っていた


 
EVANESCENCE

EVANESCENCE

そして、あっという間にもうあと2アーティスト。Evanescenceだ。筆者が見るのは実に2004年に同じく幕張で開催された『SONICMANIA 04』以来になる。実はその時もトリ前がEvanescenceでトリがKORNという今回と同じタイムテーブルだっただけに、完全にその時の光景がフラッシュバックした。

しかし今回のEVAは圧巻の一言だった。ちょっと次元の違うくらい他バンドと比べても音がよかったし、やはりあのヘヴィでダークな楽曲群は抜群にOZZFESTを体現してくれる。「NEVER GO BACK」からスタートし傑作「GOING UNDER」の流れで、完全に幕張を掌握。Evanescenceというモダンへヴィネスに引きづりこんでいく。また今までのEVAと違うところとして、新加入したばかりのJen Majuraのギターがすごい!テリーの後を引き継ぐというのはかなり重荷なはずなのに、違和感はほぼなかった。

 
EVANESCENCE

EVANESCENCE

めちゃくちゃうまいし、何よりかっこいい。あの風貌から出てくる音じゃないだろってくらいの重低音をかき鳴らす彼女はEVAにも完全になじんでいた。「LITHIUM」、「BRING ME TO LIFE」などの往年の名曲から、最新曲まで、飽きさせない神セトリだったとおもう。中にいても外にいても、ひときわ響くエイミーの声が奏でる、なんとも日本人の肌に合うメロディーラインたちが幕張の広い会場を包んでいた。ヘヴィでダークで狂気じみてるのに、美しくて心地いい。唯一無二のステージをみせてくれた。

 
Korn

Korn

さあいよいよ残すは1日目のトリ、KORNだ。まず最初に一言でいおう「最高だった」。筆者はまず大前提としてKORNのアルバムの中でも1枚目の「KORN」が最も好きで、様々なアルバムの中でも名盤として自分の中でラインナップされているほど。そんな中で20周年を迎えるKORNが今回フューチャーしたのはその他でもない1stアルバムだったのだから、もうやばい。

セッティングが済み、まだ閉幕したまま会場が暗転すると、沸く歓声。その中を縫って聞こえてきたのは、ライドシンバルのカンカンというビート。そう1stアルバムに入っている
KORNの代表曲とも言える「Blind」の前奏だ。そこにギターのフレーズが絡まり興奮を更に煽る。圧巻だったのはVocalのジョナサンの「Are you ready?」のシャウトと同時に幕が落ち、KORN登場。「Blind」の重く、耳なじみの強いリフへとなだれ込む。もう会場は一気にテンションマックス、幕張が揺れる。
 
Korn

Korn

そしてよく見れば、この日のステージの後ろに吊ってあるバックドロップはなんと、1stアルバムのジャケットをデザインしたものになっている。そうするとやはり、この日は「Blind」に始まり、「Ball Tongue」、「Need To」、「Clown」、「Divine」、「Faget」と続く。そう1stアルバムのトラック1からトラック6までを曲順通りのそのまま演奏したのだ。もうこれはKORNフリークの皆様方には完全にたまらないセットリスト。後にも先にももうこんなセットリストにはお目にかかれないだろう。

さあこのまま最後まで1stを演奏しちゃうのか?とおもったら、そこは百戦錬磨の
KORN。「Falling Away from Me」、「Here to Stay」といった定番曲もしっかりとドロップする。もうどれをとってもメンバー全員がかっこよすぎる。しかもヘッドが復帰してから、ヘッドとマンキーがそろったKORNをまたこうして拝めるのも幸せだろう。やはりこの二人が揃っていてのKORN。そして20周年でこのメンバーで来日してくれていることに喜びを感じる。

その後も「Did My Time」、「Got the Life」とマスターピースで、胸を熱くさせ。最後は「Freak on a leash」で締めくくられた。ここまでいい状態で、ここまでのセトリでKORNをまた見れるかどうかはわからない。今日のOZZFESTに参加した人たちは完全に「当たり」と言えると思う。


全体を通して本当に『OZZFEST JAPAN 2015』は、最高のアクトが多かったように思う。今もこうしてレポートをかきながら、多幸感と一抹の寂しさに包まれていて、また明日もまだOZZFESTがあることを凄く嬉しく思っている自分が居る。イベントの熱は伝染するもの、明日の2日目のOZZFEST、伝説的なアクトが飛び出す気がする。

今からでも遅くない、伝説を目撃しにいくことをおすすめしたい。
 

イベント情報
OZZFEST JAPAN 2015

日時:11月21日(土)・22日(日)
会場:幕張メッセ国際展示場 9~11ホール
※チケット一般発売受付中

 
シェア / 保存先を選択