高橋一生、今までのイメージを壊す!? 舞台扮装ビジュアルが解禁 『天保十二年のシェイクスピア』

ニュース
舞台
2019.8.23
高橋一生

高橋一生


2020年2月8日(土)~2月29日(土)日生劇場にて上演する、絢爛豪華 祝祭音楽劇『天保十二年のシェイクスピア』の主演を務める高橋一生の舞台扮装ビジュアルが発表された。

本作は1974年初演、これまで多くのプロダクションによって上演されてきた、井上ひさしの傑作戯曲。高橋が演じるのは、己の野望の実現のために陰謀と言葉を駆使する流れ者“佐渡の三世次(さどのみよじ)”だ。今回、発表された高橋のビジュアルは、テレビや映画、テレビコマーシャルなどで目にする姿とは全くの別人と思わせる程の、強烈なインパクトを放っている。どんな公演になるのか、ますます期待が高まることは間違いなしだ。

高橋一生 コメント

ビジュアル撮影では、これまでの自分のイメージをぶち壊して、メイクやスタイリング、ポージングにこだわって臨みました。『この人、誰?』と思ってもらえたら嬉しいです。僕が演じる“佐渡の三世次(さどのみよじ)”は、狡猾で見た目が醜い男、そして何より謎多き人物。それなら、自分自身の見た目から胡散臭さを出したいと思いました。もちろんお芝居ではそれを上回ることができたらと思っています。
約4年ぶりの舞台出演になります。この舞台はシェイクスピアの戯曲を盛り込んだ、クラシック要素の強い作品。この舞台を通して、これまでとは一味違った一面をお見せすることができたらと思っています。

公演情報

絢爛豪華 祝祭音楽劇『天保十二年のシェイクスピア』
 
<東京公演>
■日程:2020年2月8日(土)~2月29日(土)
■会場:日生劇場
 
<大阪公演>
■日程:2020年3月5日(木)~3月10日(火)
■会場:梅田芸術劇場メインホール

■作:井上ひさし
■音楽:宮川彬良
■演出:藤田俊太郎
 
■出演:高橋一生、浦井健治、唯月ふうか、辻 萬長、樹里咲穂、土井ケイト、阿部裕、玉置孝匡、章平、木内健人、熊谷彩春、梅沢昌代、木場勝己 ほか

※辻萬長の「辻」は一点しんにょうが正式表記。
 
シェア / 保存先を選択