KAT-TUN田口淳之介、来春でグループ卒業&事務所も退所

田口淳之介(KAT-TUN)が2016年春でグループから卒業し、ジャニーズ事務所を退所することを発表した。

これは本日11月24日に日本テレビ系で生放送されている特番「ベストアーティスト2015」にて田口本人が発表したもの。田口は番組内で「自分自身30歳を目前にしてこれからの人生の歩み方を考えた上で、メンバーには本当に申し訳ありませんが自分の道を選択させていただきました。今まで応援していただいたファンの皆様、お世話になった関係者の皆様、本当に感謝しています」と卒業について語った。

また、亀梨和也も田口の言葉を受け「グループとして何度もこのような形になってしまい関係者の皆様、ファンの皆様に本当にたくさんのご迷惑とご心配をおかけしてしまっていること、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と挨拶。今後について「メンバーの一員としてこの出来事を真摯に受け止め、4人のKAT-TUNとして与えていただいている仕事にしっかり責任を持ち向き合っていきたいと思います」と話した。なお、ジャニーズ事務所公式サイトでは「グループとしての解散は予定しておりません」「今後の活動につきましては、残るメンバーにとって最良の方法を協議し、改めてご報告させて頂きたいと存じます」と発表している。

KAT-TUNは2006年にCDデビュー。現在は亀梨和也、田口淳之介、上田竜也、中丸雄一の4人で活動しており、来年2016年でデビュー10周年を迎える。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択