go!go!vanillasの赤坂BLITZ「COUNTER ACTION TOUR 2015」ファイナル最速レポ!彼らが創った「ロックンロールフリーダム」な空間がそこにはあった。

SPICER+
go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ

go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ

画像を全て表示(6件)

気持ちいい位にパンパンの観客で埋め尽くされた赤坂BLITZ。SOLD OUTのこの日は、go!go!vanillasのワンマンツアー『COUNTER ACTION TOUR 2015』のファイナル公演。

女性ファンが多いのかと勝手に思っていたのだが、見渡せばかなりの割合で男性のファンもいる。彼ら持ち前のロックンロールフリーダムな音楽・世界観は、性別を超え世代を超え突き刺さっていることを実感する。

そうこうしているうちに、会場は暗転。定番となった
The Fratellisの「Creepin Up The Backstairs」をSEにメンバーが登場。前回目にしたライブと比べても、かなりの躍動感をもって登場したメンバーに既に成長と頼もしさを感じてしまう。

大歓声の中、シングル曲「バイリンガール」で幕を開けたワンマンショウ。単音の印象的なギターフレーズがリフで押し寄せ、その後も牧 達弥(Vo/G)のエモーショナル且つセクシーな声を縫って、サウンドが走り続けるロックンロール的名曲だ。絶妙なフレーズチョイスでギターの旋律が暴れまわる様は、あたかもTHE STONE ROSESのジョン・スクワイアを観ているようで、ロック魂をくすぐられる。

立て続けに、Bassの長谷川プリティ敬祐が「またせたな赤坂!」といって口火を切り「セルバ」を投下。牧の声が実にはえる曲だ。気持ちのいい所で、気持ちのいい高さの、エモなメロディが飛び込んでくる。サビの<飛ぶ鳥落とす~>のあたりなど、実にキャッチーでライブ終了後も口ずさめるほど。

go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ

go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ

「もっと熱くなった赤坂がみたいぞー!」との声に呼応した「ハイテンション」では、この日詰めかけたオーディエンスの熱が加速度的に上がっていく。ここでベースソロをはさみ、間髪入れずに「ミスタースウィンドル」。途中DrumのジェットセイヤのRAPまで飛び出すサービス具合。そして印象的な楽器陣のユニゾンから始まる「エマ」。爽快で心地良いロックンロールナンバー「ビッグモンスーン」へと繋がれる。曲中ではコールアンドレスポンスも見られ、この時点で会場は一つになる。

続くMCでは「進太郎(Guitar)と過ごす初のツアー、そしてファイナルだ」「皆にツアーでもらったものを返すつもりが今日もたくさんもらってる。」「でも今日は全てを皆にあげるつもり」とこのツアーの充実具合や、ファンと作り上げてきたステージが伺える言葉が飛び出す。

そしてそのままの流れで長谷川プリティ敬祐がボーカルをとる「デッドマンズチェイス」へ。そして演奏が終わると、おもむろにBassをおろすプリティ。そう、ここからはプリティ劇場だ。この日のプリティは「BLITZって電撃って意味」「でもサンダー位までいきたいね。」「今日は12月3日だから123の日」「1.2.3ダー!!!」などと発言し、そこからはgo!go!vanillas流の「イノキボンバイエ~炎のファイター」のフレーズをBGMに、「プリティボンバイエ」などコール&レスポンス。おもむろに牧に気合いを入れようとするプリティが返り討ちにあってしまう。圧倒的なロックンロールライブの間に、こういった余興をはさめるあたりも彼らの魅力なんだろう。決してライブの流れがとまってしまうわけでもなく、なんとなくほっこりさせてくれる、そしてショーをみているという意識も持たせてくれるから素敵だ。

go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ

go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ

そしてワンマンはどんどんキラーチューンをDROPしつつ進む。「ホラーショー」「デストロイヤー」「トワイライト」と定番のチューンに、会場もどんどん熱くなっていく。

そして牧がアコースティックギターに持ち替え、カバー曲をやることを宣言。この日のチョイスは、浜田省吾の「もうひとつの土曜日」とかなり渋い選曲だ。この名曲を彼らならではしっとりしたロックバラードに昇華してみせた様はとても感動的で、世代を超えた良曲を若い彼らが若いオーディエンスに伝えるというのは素晴らしいことだと実感する。
スペシャルな楽曲はもう一曲。プリティがサンタ帽子をかぶって披露したのは、彼らのクリスマスソング「メリーメリーメリー」。なんだかロックンロールとクリスマスってシナジーを産むんだなぁという、意外な発見と感情を抱かせてくれた。

go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ

go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ

後半は、少し休んだオーディエンスをクライマックスまで持っていくべく、ロックチューンが続く。まず新曲をドロップし一気に会場は沸点へ。そして「人間讃歌」「オリエント」、そこからのMCを挟んで、今回のツアータイトルにもなり、シングルドロップされた「カウンターアクション」でこの日一番の盛り上がりをみせる。さらに「ティーンネイジャーズノイズ」「ライクアマウンテン」からの「マジック」で締めくくられた。

ここまで時間が非常に短く感じる怒涛のライブ。やはり改めて彼らの音楽性やステージは稀有なものだ。日本のロックシーンには数多のロックバンドが存在し、「ロック」というものは様々なバンドが表現している。ただ、その中で「ロール」しているものは実に少ない。言い方を変えれば、ロックではあっても「〇〇ロック」といわれるものが多い中、彼らは本当にちゃんと「ロックンロール」している。やもすると古臭いと思われてしまうそのサウンドは、敬遠されることも多いだろうし、しっかりと今のリスナーに届けるのは楽曲センスや、声、演奏の能力が問われるもの。しかし彼らは見事に「ロックンロール」を現代日本の音楽シーン、はたまたリスナーに向けて、いい意味でキャッチーかつスタイリッシュに表現できている。

ここまで聞きやすく、楽しく、かっこいい「ロケンロー」はめったに見られるものじゃない。

go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ

go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ


最後にアンコールの拍手の中出てきたメンバーから、嬉しい発表がなされた。
2016年2月10日(水)にメジャー2ndアルバム『Kameleon Lights』(カメレオン ライツ)をリリースすることを発表すると同時に、それに伴ってのツアーもあることが発表されたのだ。また、本日の『COUNTER ACTION TOUR 2015』赤坂ブリッツ公演の模様を収めたDVDも付属されることがアナウンスされ、会場からは歓声があがる。

最後は彼らの口から「大傑作」という表現がなされた『Kameleon Lights』から新曲が披露され、最後は「アクロス ザ ユニバーシティ」で締めくくられた。

ツアーやリリース、フェスへの出演などを経て見えた成長、そしてこれからの彼らがどんな音を、ステージを解き放ってくれるのかが、本当に楽しみなツアーファイナル。これからの彼らの「ロケンロー」に改めて期待したい。

文=秤谷建一郎

go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ

go!go!vanillas/2015.12.03 赤坂BLITZ

 
リリース情報
2ndアルバム『Kameleon Lights』(カメレオン ライツ)
2016年2月10日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-919 ¥3,200+税
【通常盤】(CD)
VICL-64500 ¥2,700+税
※初回限定盤特典…本編ボーナストラック & 「COUNTER ACTION TOUR 2015」 12/03赤坂ブリッツ公演 ライブDVD付属

 

ライブ情報
『go!go!vanillas 「Kameleon Lights Tour 2016」』
3月04日(金) 千葉 LOOK
3月06日(日) 水戸 LIGHT HOUSE
3月12日(土) 京都 磔磔
3月13日(日) 神戸 VARIT
3月26日(土) 松本ALECX
3月27日(日) 金沢 AZ
3月31日(木) 仙台 JUNK BOX
4月01日(金) 盛岡 CHANGE WAVE
4月03日(日) 札幌 PENNY LANE 24
4月14日(木) 浜松 FORCE
4月16日(土) 宇都宮 HEAVEN'S ROCK
4月17日(日) 新潟 GOLDEN PIGS・RED STAGE
4月23日(土) 広島 CLUB QUATTRO
4月24日(日) 岡山 YEBISU YA PRO
4月26日(火) 高松 DIME
and more…


 
【イベント出演情報】
12月12日(土) HEAVEN'S ROCK熊谷VJ-1 「キュウソネコカミ 試練のTAIMAN ツアー2015」
12月27日(日) 名古屋DIAMOND HALL 「年末調整GIG 2015」
12月28日(月) インテックス大阪 「RADIO CRAZY 」
12月31日(木) 幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール 「COUNTDOWN JAPAN 15/16」
01月26日(火) TSUTAYA O-EAST「ツタロックスペシャルライブ“3MAN!!”」
03月19日(土) ZEPP FUKUOKA 「BEA x Zepp Fukuoka presents FX2016」

 
 

 

シェア / 保存先を選択