大坪泰子(きりく・ハンドベルアンサンブル主宰)

大坪泰子(きりく・ハンドベルアンサンブル主宰)

大坪泰子(きりく・ハンドベルアンサンブル主宰)

ホール全体が楽器になったかのような、めくるめく体験を

 500グラム程度(高音)から5キロ以上にもなる低音のものまで、音域ごとに3セットで総勢130個以上のハンドベルに加え、6オクターブ近くあるクワイアチャイムがずらりとステージに並び、声部を重ねて美しいハーモニーを紡ぎ出す「きりく・ハンドベルアンサンブル」。国際的にも高く評価されているこのアンサンブルの演奏は、パズルを解くように楽譜を詳細に解析する綿密な下準備の上に成り立っている。
「ピアノの鍵盤をいったんバラバラにして、誰が何をやったらすべての音がとれるのか、一つひとつ振り分けるような地道な作業です。一通り全部の担当が決まっても、実際に音を出してみると、どうしてもうまくいかない箇所が出てきて再検討することも。ベルが際限なくあるわけではないし、結局、手は2つしかありませんからね」

 メンバーは男性1名を含む8人。
「1つのフレーズを何人もの手で繋いでいくわけだから、お互いに目が行き届く8人が限度。しかも音のラインは複数あって、右手で上のラインに加わった次の瞬間、左手で下のラインに加わるみたいな、そういうアンテナの張り方が求められる。人材の配置の決め手となる要素には各自の得意分野や持ち味もあれば、本人の好みもあります。たとえば中音域は、大きなホールだと沈みやすい特性があるので、特にメロディになると、うまく響かせて歌わせるには独特のテクニックが要ります。他の音域で必要な技術はまた別ですし、曲ごとの事情も加味して、皆が最も表現しやすい配置が自然に決まっていきます。個性の違いがグループの強みでもありますね」

 12月18日には浜離宮朝日ホールでクリスマス・コンサートを開催。ヘンデルの「パッサカリア」やリストの「愛の夢」にシベリウスの「フィンランディア」、そしてケルトをベースに様々な民族音楽をミクスチュアしたアイルランドのバンドKiLA(キーラ)の 「GWERZY」など、魅力的なプログラムだ。
「『パッサカリア』はうちの定番で人気曲のひとつ。旋律に動きのある『愛の夢』のような曲はある程度予想がつくのに対して、『フィンランディア』は最初手探り状態で、実際に演奏してみてどんどんアイディアがひらめき、その度にやることも変わってくるタイプの作品です。〈フィンランディア賛歌〉だけではなく、全曲演奏しますのでご期待下さい」

 まるでホール全体が楽器になったかのような、めくるめく体験を。
「目もくらむような超絶技巧と注目されがちですが、例えば歌曲のような一見シンプルな楽曲を複数の手であることを感じさせず歌い上げていくのが私たちの持ち味。会場でお待ちしています!」

取材・文:東端哲也
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年11月号から)

きりく・ハンドベルアンサンブル クリスマス・コンサート
12/18(金)19:00
浜離宮朝日ホール
問:ミリオンコンサート協会03-3501-5638
http://www.millionconcert.co.jp

WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択