クロノス・クァルテットが17年ぶりの来日公演、S・ライヒ作品ほか多彩なライナップを各地で

ニュース
クラシック
2020.4.26
クロノス・クァルテット  ©Jay Blakesberg

クロノス・クァルテット  ©Jay Blakesberg


現代音楽を得意とするアメリカの弦楽四重奏団、クロノス・クァルテット(以下、クロノスQ)が、2020年9月に17年ぶりの来日公演をおこなう。9月27日・28日に東京オペラシティ コンサートホール、9月30日に盛岡市民文化ホール・小ホール、10月2日に彩の国さいたま芸術劇場大ホール、10月3日に神奈川県立音楽堂、10月4日に八ヶ岳高原音楽堂で、それぞれ演奏会が開催される。

スティーヴ・ライヒの代表曲のひとつ《ディファレント・トレインズ》の初演や、ジミー・ヘンドリックス《パープル・ヘイズ》の弦楽アレンジ版でよく知られるクロノスQだが、もちろん功績はそれだけではない。現代音楽は言うに及ばず、ロック、ジャズ、はたまたマルチメディアアーティストに至るまで、幅広いジャンルの作品を積極的に取り上げ、弦楽四重奏団の可能性を、そしてクラシック音楽の可能性をも大胆に拡張してきた。

そんな彼らは1973年にヴァイオリニストのデイヴィッド・ハリントンによってシアトルで結成、1978年からはサンフランシスコを拠点に、これまでのおよそ半世紀にわたり60タイトルを超えるアルバムをリリース、また、数千回に及ぶコンサートをおこなってきた。とりわけ相性の良さが印象深いのが、スティーヴ・ライヒ、テリー・ライリー、フィリップ・グラス、といったミニマル・ミュージック系作曲家との仕事だ。

スティーヴ・ライヒによる前述の、肉声テープの断片と弦楽演奏を同期させながらドキュメンタリーのように紡いでいく《ディファレント・トレインズ》もクロノスQのために書き下ろされたもので、1990年にグラミー賞最優秀現代音楽作品賞を受賞した、傑作中の傑作だ。今回の来日公演では、この“名刺”代わりのナンバーに加え、同じくライヒがクロノスQに書き下ろした《トリプル・クァルテット》(1999年)も披露される(9月28日、10月4日)。こちらは、三群の弦楽四重奏のために書かれ、演奏会ではあらかじめ用意した二群の弦楽四重奏の録音と同時にライブで演奏されるという。このライヒの二曲が一晩のうちに演奏されるのは非常に貴重なことだ。

また、クロノスQと仲の良いもう一人のミニマル系巨匠、テリー・ライリーによる《サン・リングズ》日本初演も聴き逃せない(10月4日)。惑星探査機ボイジャー1号の打上げ25周年を記念し、NASAがライリーに委嘱し、2002年クロノスQにより初演された90分の大曲だ(といっても、ライリー的には珍しくない長さだが)。

他に、フィリップ・グラス、ローリー・アンダーソン、ジョン・コルトレーン、ジョン・アダムス、等々、数々の気になる“攻め”のプログラムが各公演毎に投入されているので、今秋“通い”が必要となってくる現代音楽マニアも続出ししそうだ。

公演情報

クロノス・クァルテット JAPAN 2020
日本公演開催 2020年9月27日~10月4日

■メンバー:
デイヴィッド・ハリントン(芸術監督&ヴァイオリン) David Harrington (Violin)
ジョン・シャーバ(ヴァイオリン) John Sherba (Violin)
ハンク・ダット(ヴィオラ) Hank Dutt (Viola)
サニー・ヤン(チェロ) Sunny Yang (Cello)

■日時:2020年9月27日(日)15:00開演
■会場:東京オペラシティ コンサートホール
■演目:プログラム1
クロノス・クァルテット 《ブラック・エンジェルズ》
■料金:S席6,000円 A席5,000円 B席4,000円
■問い合わせ:東京オペラシティセンター 03-5353-9999
一般発売:2020年4月25日(土)
■主催:公益財団法人東京オペラシティ文化財団

 
■日時:2020年9月28日(月)19:00開演
■会場:東京オペラシティ コンサートホール
■演目:プログラム2
クロノス・クァルテット plays ライヒ≪ディファレント・トレインズ≫&≪トリプル・クァルテット≫ -オール・アバウト・クロノス・クァルテット-
■料金:S席6,000円 A席5,000円 B席4,000円
■問い合わせ:スペース 03-3234-9999
一般発売:2020年4月25日(土)
■主催:日本コロムビア株式会社
■共催:公益財団法人東京オペラシティ文化財団

■日時:2020年9月30日(水)19:00開演
■会場:盛岡市民文化ホール・小ホール
■演目:プログラム3
クロノス・クァルテット plays ライヒ≪ディファレント・トレインズ≫
■料金:前売S席7,000円 A席6,000円 U-25チケット3,500円(S・A席選択可) *当日各500円増
mフレンズ特別料金S席6,000円 A席5,000円(U-25は対象外)
■問い合わせ:盛岡市民文化ホール 019-621-5100
一般発売:2020年6月4日(木)
■主催:公益財団法人盛岡市文化振興事業団

■日時:2020年10月2日(金)19:30開演
■会場:彩の国さいたま芸術劇場大ホール
■演目:プログラム4
クロノス・クァルテット ライヴ・ドキュメンタリー&パフォーマンス「A THOUSAND THOUGHTS」
■料金:S席 6,000円(U-25* 3000円)A席 5,000円(U-25* 2,500円)
(U-25*は公演当日25歳以下対象/要身分証明書提示)
■問い合わせ:SAFセンター 0570-064-939
一般発売:2020年5月15日日(金)※当初発表した発売日より変更
■主催:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

■日時:2020年10月3日(土)17:00開演
■会場:神奈川県立音楽堂
■演目:プログラム5
音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズVol.29
クロノス・クァルテット/テリー・ライリー:≪サン・リングズ≫ 日本初演
■料金:S席6,200円 A席5,700円 学生(24歳以下)3,000円 シルバー(65歳以上)5,500円
■問い合わせ:かながわ 0570-015-415
一般発売:2020年4月25日(土)
■主催:神奈川県立音楽堂[指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団]

■日時:2020年10月4日(日)16:30開演
■会場:八ヶ岳高原音楽堂
■演目:プログラム3
クロノス・クァルテット plays ライヒ≪ディファレント・トレインズ≫
■料金(おひとりさま):コンサートのみ12,000円 ※リゾートホテル「八ヶ岳高原ロッジ」宿泊プラン有り
■問い合わせ:八ヶ岳高原ロッジ 0267-98-2131
一般発売:2020年3月27日(金)
■主催:八ヶ岳高原ロッジ

 
※全公演とも全席指定・税込/未就学児入場不可
※本日本ツアーでは全ての公演で音響を使用致します。また曲目、曲順等は変更となる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。
■招聘・企画制作:OZAWA ART PLANNING LLC
■公式サイト:http://ozawa-art.com/concert/421/

<プログラム>
 
【プログラム1】
2020年9月27日(日)15:00   東京オペラシティ コンサートホール
クロノス・クァルテット ≪ブラック・エンジェルズ≫

トラディショナル(ジェイコブ・ガーシック編曲):朝日のあたる家 (エヴァリー・ブラザーズ讃) +
ローリー・アンダーソン(ガーシック編曲):フロー +
フィリップ・グラス:弦楽四重奏曲第3番≪ミシマ≫ より *
第3楽章  1934年-祖母と公威            3. 1934-Grandmather and Kimitake
第4楽章 1962年-ボディビル    4. 1962-Body Building                 
第6楽章 ミシマ/クロージング       6. Mishima/Closing
ジョージ・ガーシュウィン(ガーシック編曲):サマータイム (ジャニス・ジョプリン讃) +
ジョン・コルトレーン(ガーシック編曲):アラバマ +
スティーヴ・ライヒ:WTC 9/11 * STEVE REICH: WTC 9/11
1.   9/11/01 2. 2010    3. WTC
アントニオ・ハスケル(ガーシック編曲):主御自ら我が涙をぬぐいたまう(マヘリア・ジャクソン讃) +
テリー・ライリー:≪サン・リングズ≫より 「ワン・アース ワン・ピープル ワン・ラブ」 *
・・・・・
ジョージ・クラム:ブラック・エンジェルズ

*クロノスのために書かれた作品 / ** 「フィフティ・フォー・ザ・フューチャー」のために書かれた作品 / + クロノスのための編曲

【プログラム2】
9月28日(月)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
クロノス・クァルテット plays ライヒ≪ディファレント・トレインズ≫&≪トリプル・クァルテット≫~オール・アバウト・クロノス・クァルテット~

ライヒがクロノスのために作曲した、アメリカ弦楽四重奏の最高傑作《ディファレント・トレインズ》と《トリプル・クァルテット》同時披露!最新プロジェクト「フィフティ・フォー・ザ・フューチャー」参加作品と、グラスの新曲など、クロノス・クァルテットの現在(いま)が聴ける一夜!
 
イスラム・チプシー(ジェイコブ・ガーシック編曲):ツァグララ (強烈な光でぼやけた視界) **
ニコル・リゼー:アナザー・リビング・ソウル **
ローリー・アンダーソン(ガーシック編曲):フロー +
ジョージ・ガーシュウィン(ガーシック編曲):サマータイム (ジャニス・ジョプリン讃) +
ジョン・コルトレーン(ガーシック編曲):アラバマ +
スティーヴ・ライヒ:ディファレント・トレインズ *
1. アメリカ-第2次世界大戦前
2. ヨーロッパ-第2次世界大戦中
3. 第2次世界大戦後
・・・・・
アレクサンドラ・ヴレバロフ:私の砂漠、私の薔薇 ** (★)
ガース・ノックス:衛星 より Ⅲ.ディメンションズ **
望月京:ボイズ **
フィリップ・グラス:弦楽四重奏曲断章 **
N.ラジャーム(レーナ・エスマイル編曲):ダドラ・イン・ラーガ・バイラヴィ + 
スティーヴ・ライヒ:トリプル・クァルテット *

 
(★)「フィフティ・フォー・ザ・フューチャー」参加者:尾池亜美,白小路紗季(Vn) 對馬佳祐(Va) 山澤慧(Vc)が演奏 / *クロノスのために書かれた作品 / ** 「フィフティ・フォー・ザ・フューチャー」のために書かれた作品 / + クロノスのための編曲

【プログラム3】
9月30日(水)盛岡市民文化ホール/10月4日(日)八ヶ岳高原音楽堂
クロノス・クァルテット plays ライヒ≪ディファレント・トレインズ≫

 
クロノス・クァルテットのために作曲された、アメリカ弦楽四重奏の最高傑作、ライヒ《ディファレント・トレインズ》
 
イスラム・チプシー(ジェイコブ・ガーシック編曲):ツァグララ (強烈な光でぼやけた視界) **
アレクサンドラ・ヴレバロフ:私の砂漠、私の薔薇 **
ニコル・リゼー:アナザー・リビング・ソウル **
望月京:ボイズ **
フィリップ・グラス:弦楽四重奏曲断章 **
ジョージ・ガーシュウィン(ガーシック編曲):サマータイム (ジャニス・ジョプリン讃) +
テリー・ライリー:≪サン・リングズ≫より 「ワン・アース ワン・ピープル ワン・ラブ」 *
・・・・・
コノノ No.1 (イェレク・ビシュホフ編曲):クレクレ +
ジョン・コルトレーン(ガーシック編曲):アラバマ +
アントニオ・ハスケル(ガーシック編曲):主御自ら我が涙をぬぐいたまう (マヘリア・ジャクソン讃) +
スティーヴ・ライヒ:ディファレント・トレインズ *
1. アメリカ-第2次世界大戦前
2. ヨーロッパ-第2次世界大戦中
3. 第2次世界大戦後

 
*クロノスのために書かれた作品 / ** 「フィフティ・フォー・ザ・フューチャー」のために書かれた作品 / + クロノスのための編曲

【プログラム4】
10月2日(金)19:30 彩の国さいたま芸術劇場大ホール
クロノス・クァルテット ライブ・ドキュメンタリー&パフォーマンス(日本語字幕あり)

クロノス・クァルテット結成からのドキュメンタリー映像とライブ・パフォーマンスの融合
 

フィリップ・グラス:弦楽四重奏曲第2番「カンパニー」より 第2楽章 *
テリー・ライリー:アダムのためのレクイエム (抜粋) *
ジョージ・クラム:「ブラック・エンジェルズ」より 10.神-音楽 1.悲歌1:電子昆虫たちの夜 (抜粋)
ライアン・ブラウン:つまみ *
ジョン・アダムス:「いわゆるダンスについてのジョンの本」 より 1.海へ向かうジュダ・ライン *
タンヤ・タガーク(ジェイコブ・ガーシック編曲):シヴニッティンニ (抜粋) **
ケン・ベンショーフ:「トラヴェリング・ミュージック」より 1. ジェントル,イージー (抜粋) *
フォーディ・ラッサーナ・ディアバーテ(ガーシック編曲):「サンジャータの時間より」 5.バラ・カラ・タ **
テリー・ライリー:車輪 *
デイヴィッド・ハリントン:「ダーティー・ウォーズ」より ドローン *
カフェ・タクーバ(オスワルド・ゴリジョフ編曲):12/12 (抜粋) *
フィリップ・グラス:弦楽四重奏曲第3番<ミシマ>より 「血判状」 *
アレクサンドラ・ヴレバロフ:「シー・ランチ・ソングス」より 7. 教会,虹 *
ローリー・アンダーソン(ガーシック編曲):フロー +
ジョン・ゾーン:「デッド・マン」より メディテーション(青い空) *
ペロタン:地上のすべての国々は (抜粋)
クリント・マンセル:「レクイエム・フォー・ドリーム」より ルクス・エテルナ,希望なきゴースト *
ジョン・オズワルド:スペクトル (抜粋) *
ウー・マン:「4つの中国絵画」より Ⅳ.絹と竹 **
アーヴィンT.ラウズ(ダニー・クレイ編曲):オレンジ・ブロッサム・スペシャル (抜粋) +
*クロノスのために書かれた作品 Written for Kronos / ** 「フィフティ・フォー・ザ・フューチャー」のために書かれた作品Composed for Fifty for the Future: The Kronos Learning Repertoire / + クロノスのための編曲 Arranged for Kronos
 
【プログラム5】
10月4日(土)17:00 神奈川県立音楽堂
音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズVol.29
クロノス・クァルテット / テリー・ライリー: ≪サン・リングズ≫<日本初演>
弦楽四重奏と合唱、録音された宇宙空間のサウンドのための
共演:合唱団 やえ山組   Choir YAEYAMA-Gumi

惑星探査機ボイジャー1号の打上げ25周年を記念し、NASAが巨匠テリー・ライリーに委嘱し2002年クロノスQにより初演された渾身の大曲「サン・リングズ」日本初演!
 
第1楽章 序曲
第2楽章 ヒーロー・デンジャー
第3楽章 ビーバップテリズモ
第4楽章 プラネット・エルフ・シンドーリ
第5楽章 アース・ホイッスラー
第6楽章 アース/ジュピター・キッス
第7楽章 ザ・エレクトロン・サイクロトロン・フレキュエンシー・パーラー
第8楽章 プレイヤー・セントラル
第9楽章 ヴィーナス・アプストリーム
第10楽章   ワン・アース ワン・ピープル ワン・ラブ
(休憩なし90分)
シェア / 保存先を選択