VR能『攻殻機動隊』ビジュアルが解禁 伝統芸能と最新技術の融合を表現した、草薙素子の神秘的な姿を表現

ニュース
舞台
アニメ/ゲーム
2020.5.30
VR能『攻殻機動隊』ビジュアル

VR能『攻殻機動隊』ビジュアル


2020年8月22日(土)~23日(日)世田谷パブリックシアターにて上演される、VR能『攻殻機動隊』のビジュアルが解禁となった。

本舞台は、VR能とは様々な最先端技術を駆使し、世界初のVRメガネなしで仮想現実空間を再現。今回は日本が世界に誇るSF漫画の最高傑作である「攻殻機動隊」を能で表現した。

演出は舞台『ペルソナ』シリーズや舞台版『攻殻機動隊 ARISE』、AKB版『仁義なき戦い』など数々の公演企画を行った映画監督の奥秀太郎。脚本は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」や「BLOOD」シリーズなどで知られる藤咲淳一。映像技術は舞台版『攻殻機動隊 ARISE』、3D能シリーズなどで日本初の舞台での3D映像を開発してきた福地健太郎(明治大学教授)。また、VR技術は国内のVR研究で知られる稲見昌彦(東京大学教授)が務める。いずれも各分野での最先端を駆け抜ける第一人者が担当する。さらに、出演は坂口貴信、川口晃平、谷本健吾など、現在の能のシーンを牽引する観世流能楽師たち。彼らの手により、世界初・本邦初の様々な技術と日本の伝統芸能の先鋒とが高次元なレベルで融合し、攻殻機動隊の世界を再現した舞台芸術の未来を創り出す。

解禁されたビジュアルは、最先端の世界を表した神秘的なものになっており、中央に映る主人公・草薙素子は、原作では美しいボディラインの映える衣装だが、今回は紫色の唐織を羽織り、右手には金色と赤のコントラストが美しい扇を持つという、豪華絢爛な能装束に身を包んでいる。また「攻殻機動隊」の世界観を表したサイバー空間に浮かび上がるように写っている素子の様子は、伝統芸能と最新技術の融合を表現している。
キャッチコピーにもある、“まだ誰も体験したことのない「伝統を超えた、電脳の世界」”を、ますます味わいたくなるビジュアルだ。

さらに本作のが、本日5月30日(土)より先行発売がスタートする。また、6月13日(土)より一般発売が開始される。

公演情報

VR能『攻殻機動隊』
 
■日程:2020年8月22日(金)~23日(日)
■会場:世田谷パブリックシアター
 
■出演:
坂口貴信 川口晃平 谷本健吾 他 
観世流能楽師

 
■公式サイト:http://ghostintheshellvrnoh.com/ 
 
■スタッフ
原作:士郎正宗『攻殻機動隊』(講談社KC デラックス刊)
演出:奥秀太郎
脚本:藤咲淳一
3D技術:福地健太郎(明治大学教授)
VR技術:稲見昌彦(東京大学教授)
プロデューサー:神保由香、盛裕花
製作:VR能攻殻機動隊製作委員会

 (C)士郎正宗・講談社/VR能 攻殻機動隊製作委員会
シェア / 保存先を選択