先行上映会直前!! TVアニメ『虹色デイズ』キャストインタビュー!!

インタビュー
2015.12.10
左から島﨑信長さん、松岡禎丞さん、江口拓也さん、内山昂輝さん

左から島﨑信長さん、松岡禎丞さん、江口拓也さん、内山昂輝さん

OA直前、メインキャストからコメント到着

 

OAまで約1ヶ月、そして先行上映会まで約1週間と迫ったTVアニメ『虹色デイズ』。メインキャストを務める羽柴夏樹役の松岡禎丞、松永智也役の江口拓也、片倉恵一役の島﨑信長、直江剛役の内山昂輝の4人に、作品に対する想いや意気込みを聞いた。

『虹色デイズ』は「別冊マーガレット」にて連載中の作品。コミックスは第10巻までが既刊となっており、総発行部数は186万部を超える。昨年10月のコミックス第7巻発売時には、ドラマCD同梱版も発売となっており、TVアニメのキャストについても同じメンバーで放送される。

――アニメ化が決定しました。

松岡禎丞(以下、松岡):最初はVOMICから始まり、ドラマCDを経てアニメ化が決まったという事で、純粋に嬉しかったです。

江口拓也(以下、江口):ドラマCDの際にも4人でいて楽しかったし、収録後に食事へ行き、アニメ化されたらいいよねと話しをしました。

――本日はドラマCDで演じて以来となる、初回のアフレコ収録でしたが。

島﨑信長(以下、島崎):素敵な物を作っていきたいと思ったし、この4人ならば作っていけると思いました。

内山昂輝(以下、内山):この4人でまた『虹色デイズ』に携われる事に嬉しさを感じつつも、任されたという緊張感を持って演じています。

――今作の主人公達はとても個性豊かな4人ですが、自身が演じるキャラクターについては?

松岡:動いている夏樹くんを見るのは今日が初めてでしたが、違和感無く演じられました。自分の信じている事を曲げない姿勢は似ていると思います。ただ、あんなに女性にストレートな感情を出せないので、そのあたりは羨ましいなと思いつつ演じてます。

江口:まっつん(智也)はチャライですね(笑)そんな彼が一つの恋愛を通して変わっていく所が見所です。ちなみに僕の学生時代とは違い、女性に対して非常にアクティブな性格の持ち主なので、自分が出来なかった高校生活を、彼を通す事で楽しみながら演じています。

島﨑:恵一は二面性が面白いキャラクターですね。普段のニコニコしている柔らかい印象の彼と、ドSモードの鞭を取り出す彼と…

江口:ピッタリですね!

島﨑:えっ、ぴったり!?どっちが?鞭出す趣味はないんだけどな(笑)自分に近い柔らかいキャラと、ドSの彼との二面性を大切に演じています。

内山:僕が演じる剛は普段ローテンションで、3人がわいわいやっているのを一歩退いた所から眺めているキャラクターです。この点は自分と近い部分があるかなと思います。ただ、剛くんはオタクなので、僕はそのあたりの知識が薄く自分で調べるなり、人に聞いたりしています。

島﨑:任せて!バッチリ教えるから。なんでも聞いて。

内山:実はドラマCDの時は信長君に聞いたんです。アニメでも信長君を頼っていきたいと思います。

――12月18日(金)に行われる先行上映会についてはいかがでしょうか。

松岡:このメンバーでイベントに出演させて頂けるとの事で気合は十分です!僕たちが命を懸けて吹き込ませて頂いたこの作品を存分に楽しんで頂きたいです。

江口:今日アフレコした作品が最終的にどう完成するのか、皆さんと一緒に共有できる事が楽しみです。そして、4人で劇場に遊びに行きますので、直接情熱をお伝え出来ればと思っています。

島﨑:この4人で上映会に臨める事が楽しみであり、皆さんと一緒に楽しいものにしたいなと思っています。キャスト、スタッフ一同全力で取り組んでいますので、会場にいらっしゃる皆さんも楽しかったら全力で楽しかったというオーラを出してもらえたら嬉しいです。

内山:今日のアフレコで色の付いた絵が動くのを見て、原作を読んでいた僕も感動しました。原作ファンの期待を裏切らない出来に仕上がっていると思いますので、楽しみにしていて下さい。
 

ちなみにこの日行われたアフレコで、既にフルカラーでアニメが出来ていたと語る4人は、キャラクターの口に合わせて声をあてるのが難しかったと話してくれた。この点を含め、アフレコ前に大久保監督からは「高校生が主人公の作品なので、あまり作り込み過ぎずに演じて下さい。」との要望があったという。

先行上映会まであと1週間余りと迫ってきたTVアニメ『虹色デイズ』。
当日会場に足を運べない方は、近日中にプロモーションビデオが公開される予定との事なので、OAと合わせてそちらを楽しみにしたい。


© 水野美波/集英社・「虹色デイズ」プロジェクト

シェア / 保存先を選択