アニメ「ワンピース」冬SPのゲスト声優に市川猿之助、木下ほうか、音尾琢真が登場

ニュース
2015.12.10

フジテレビの人気アニメ「ワンピース」の冬スペシャル「ワンピース〜アドベンチャー オブ ネブランディア〜」が、12月19日(土)に放送。本作で、スーパー歌舞伎II『ワンピース』を上演した市川猿之助が、木下ほうか、音尾琢真(TEAM NACS)とともに、ゲスト声優として登場する。

“ゴムゴムの実”を食べ、身体が自在に伸びる“ゴム人間”となった主人公の海賊モンキー・D・ルフィをはじめ、個性豊かなキャラクターたちが“ひとつなぎの大秘宝”をめぐる大冒険を繰り広げる本作。今回は、新世界にある“悪魔の実”の能力を封じる霧の島を舞台に、原作で描かれていない、アニメ版オリジナル・エピソードを送る。

3人が演じるのは、かつてルフィに大敗し、リベンジに燃える海賊フォクシーの手下として新たに加わったコーメイ、カンショウ、ドウジャクだ。

猿之助演じるコーメイは、ルフィとフォクシーの「デービーバックファイト(仲間を奪い合うゲーム)」を裏で操る“天才策略家”。島にルフィたちを誘い込み、「○○○○の計」と自ら名付けた作戦で、一味を追い詰める。そして、木下演じるカンショウは、コーメイらと期を同じくしてフォクシー海賊団に仲間入りした情に厚い陽気なキャラクター。銃の使い手で、同じ狙撃の名手であるウソップへの尊敬する気持ちを執拗にアピールする。音尾演じるドウジャクは、コーメイの部下で複雑なカラクリも簡単につくってみせるヤリ手の技師。ワナや細工など、技術面でコーメイをサポートする。結構な自信家でもあり「ホラ、俺天才だから」が口癖だ。

また、コーメイが立てた作戦名の題字を、バンド「MONGOL800」のメンバー・高里悟が手掛けているほか、麦わらの一味のオリジナル衣裳を、原作者・尾田栄一郎自らが描き下ろしている点も見どころとなっている。

■市川猿之助 コーメイ役
初めてのアフレコは未体験のことばかりでとても勉強になりましたが、特に戦闘シーンのアフレコが難しかったです。コーメイは諸葛亮をイメージして歌舞伎の悪役っぽく演じてみました。善対悪ではなく、コーメイにも正義の理由があります。それに立ち向かうルフィの運命やいかに!? ぜひご覧ください。

■木下ほうか カンショウ役
大人気アニメ「ワンピース」に出演できて光栄でした。アフレコは初めての体験で、すべてにおいて自身の間ではなかったので難しかったです。監督からは「もっとデフォルメするように」と言われました。どれだけ貢献できたかはわかりませんが、温かい目でお楽しみください。

■音尾琢真 ドウジャク役
アフレコはとても難しくて緊張しました。大きな体のドウジャクを演じるため、なるべく太い声が出るように頑張りました。地声はヘナチョコなので、ちょっと無理したらのどが痛かったです。特徴的な高らかな笑い声に不安がありましたが、監督がOKをくれたので内心ヒヤヒヤしていました。“ヒヤヒヤの実”です。信じられないことに私が、あの、「ワンピース」の一部分となることができました。海賊たちは今回も最高にカッコいいので、楽しみにしていてください。

放送は、12月19日(土)21:00〜23:10。

演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択