全長400m!日本最長の大吊り橋が三島にオープン


全長400mの人道吊り橋となる箱根西麓・三島大吊橋、通称「三島スカイウォーク」が12月14日(月)にオープンする。三島のランドマークとして、地域活性化を目標に着工、約3年半の歳月を経て完成した。

「三島スカイウォーク」は、雄大な自然あふれる静岡県三島市に誕生する、歩行者専用吊り橋。人道吊り橋としては日本一の長さとなる。橋の上からは空にそびえる富士山や広大な駿河湾、折り重なる伊豆の山並みといった絶景が一望でき、訪れる季節や時間で様々な表情を楽しむことができるという。

また、富士山や駿河湾を眺望できる展望デッキや、天井を埋め尽くす花のシャンデリア、季節の花を飾り爽やかな香りで館内を満たすショップ、「スカイガーデン」などが併設される。「スカイガーデン」では、軽食やドリンクを提供し、地元で採れた野菜や特産品など土産物の販売も行う。

アクセスは、箱根新道の箱根峠I.C.から車で約10分。東名高速道路の沼津I.C.からも約15分と至便で、箱根や伊豆の観光ルートとしても利用可能だ。

「三島スカイウォーク」では、静岡県内はもとより全国から年間180万人の集客を見込んでいる。三島箱根エリアに、また一つ魅惑的な新名所の誕生だ。【横浜ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択