BABYMETAL、横アリでメタルレジスタンス第3章完結

レポート
2015.12.15
「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 -THE FINAL CHAPTER OF TRILOGY-」の様子。(Photo by Taku Fujii)

「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 -THE FINAL CHAPTER OF TRILOGY-」の様子。(Photo by Taku Fujii)

BABYMETALが12月12、13日に神奈川・横浜アリーナにて、ワンマンライブ「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 -THE FINAL CHAPTER OF TRILOGY-」を開催。この記事では2日目公演の模様をレポートする。

“メタルレジスタンス”と称した活動の“第3章”として、5月よりワールドツアーを行ってきたBABYMETAL。前日の公演と合わせて約2万6000人を動員した横浜アリーナ公演は「THE FINAL CHAPTER OF TRILOGY」と銘打たれており、第3章の終焉が示唆されていた。

“TRILOGY”の最終章の開幕を告げる映像がスクリーンで上映されたあと、ステージに鎮座したキツネ顔のスフィンクス像3体が怪しげに浮かび上がる。SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALがスフィンクス像の前に登場し、神バンドの演奏が始まるとステージ上空で花火が爆発。鬼気迫る表情の3人は「BABYMETAL DEATH」でライブを開始した。

続いて披露された「ギミチョコ!!」ではSU-METALが「Come on! 横アリ! ツアーファイナル盛り上がっていくよー!」と叫び、MOAMETALとYUIMETALも「全然聞こえないよー!」「もっともっとー!」と観客にシンガロングを促す。曲中、顔を寄せ合った3人は「みんなー! はっじまっるよー!」と「君とアニメが見たい」の一節を使いながらキュートに開幕を宣言した。

中盤では「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」「ド・キ・ド・キ☆モーニング」といった初期ナンバーが届けられる。その後SU-METALは声色を自在に操りながらソロ曲「悪夢の輪舞曲」を熱唱し、YUIMETALとMOAMETALからなるBLACK BABYMETALはユニット曲「おねだり大作戦」をチャーミングにパフォーマンスしてオーディエンスを魅了した。「新たな調べとともに魂の闘いが始まる」という主旨の映像の上映を経て、再びステージにそろった3人は炎が吹き上がる中、空手の型を取り入れた振付が印象的な新曲を披露。さらにもう1曲タイトル未定の新曲を歌い、フロアを狂騒状態へと導いた。

「メギツネ」「イジメ、ダメ、ゼッタイ」「ヘドバンギャー!!」といったシングル曲を連投し、3人はラストスパートをかける。「Road of Resistance」で会場に「Wow wow」という大合唱を巻き起こし、最後にSU-METALはステージセットの2階に置かれた銅鑼を打ち鳴らして自信に満ちた表情を見せた。

暗転した会場に観客たちによる盛大な「BABYMETAL」コールが響き渡る。黒いマントをまとったBABYMETALはステージの最上部に設置されたピラミッド型のゴンドラに乗り込み、アリーナを1周しながら新曲を歌唱。SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETAL、そしてオーディエンスによる大合唱が会場を満たす。ゴンドラに運ばれた3人がそのまま光の中へと消えていったところで、メタルレジスタンス第3章の幕が下ろされた。

3人が去ったあと、映像でメタルレジスタンスの第4章として、4月1日にニューアルバム(タイトル未定)をリリースすることと、翌2日からイギリス・The SSE Arena, Wembley(ウェンブリーアリーナ)での単独公演を皮切りに「BABYMETAL WORLD TOUR 2016」がスタートすることがアナウンスされた。そしてこのツアーのファイナルの地が東京・東京ドームとなることが発表されると、会場は歓喜の声に包まれた。

BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN -THE FINAL CHAPTER OF TRILOGY-
2015年12月13日 横浜アリーナ セットリスト

01. BABYMETAL DEATH
02. ギミチョコ!!
03. いいね!
04. あわだまフィーバー
05. Catch me if you can
06. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
07. ド・キ・ド・キ☆モーニング
08. 悪夢の輪舞曲
09. おねだり大作戦
10. 新曲
11. 新曲
12. メギツネ
13. イジメ、ダメ、ゼッタイ
14. ヘドバンギャー!!
15. Road of Resistance
16. 新曲

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択