『天使にラブソングを~シスター・アクト~』森公美子・蘭寿とむで再演!

s_東宝「天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~」チラシ表面

 

 

ウーピー・ゴールドバーグ主演で『天使にラブソングを・・・』のタイトルで日本でも大ヒットした映画のミュージカル版が、来年5月~6月に再演される。

 

 

ブロードウェイでトニー賞5部門のノミネートを受けるなどの快挙を達成したこのミュージカル版が日本初上陸となったのは2014年。帝劇での初演は「一緒に踊ろうカーテンコール」の大熱狂とともに連日満員の客席に笑いと感動が舞い降りた。そして2016年、熱いご要望に応えて、新たなキャストを迎えてのスピード再演が決定致した!

 

映画でウーピーが演じた歌手・デロリス役には、初演で帝劇初主演を果たし、圧倒的な歌唱力とコメディセンスで客席を爆笑の渦に巻き込んだ森公美子が続投(「第40回 菊田一夫演劇賞」受賞)。新たにWキャストとして元宝塚男役トップスターの蘭寿とむ、という奇跡の顔合せが実現! 
デロリスの幼馴染で警察官のエディ役には、舞台映えするルックスとパワフルな歌声で魅せる石井一孝、冷酷なギャングの親玉で、デロリスの元恋人・カーティス役にはダンスで魅せる大澄賢也に加え、Wキャストとして石川禅が新加入する。修道女たちをやさしく見守るオハラ神父役には今井清隆が新たに参加し、厳格な修道院長役には再び鳳蘭が扮する。ベテラン勢がしっかりと脇を固め、実力・人気ともに再演に相応しい豪華キャストが勢揃いした。

 

 

圧倒的な音楽の数々は、『リトル・マーメイド』『アラジン』『美女と野獣』『魔法にかけられて』など、ディズニー映画の殆どの音楽を手掛けたアラン・メンケンによるもの。ミュージカル化のために全て書き下ろした綺羅星の如きミュージカル・ナンバーは、本作の大きな見どころ・聴きどころの一つです。そして演出は、『ミー・アンド・マイガール』『ダンス オブ ヴァンパイア』『ウェディング・シンガー』など、とにかく盛り上がれるミュージカルをこれまでいくつも手掛けてきた山田和也が、2016年も帝劇を熱狂の渦に巻き込む!

 

 
〈公演情報〉
『天使にラブソングを~シスター・アクト~』
音楽アラン・メンケン
歌詞グレン・スレイター
脚本◇チェリ・シュタインケルナー&ビル・シュタインケルナー
演出◇山田和也
出演◇森公美子/蘭寿とむ(Wキャスト)
石井一孝、大澄賢也/石川禅(Wキャスト)
春風ひとみ、浦嶋りんこ、ラフルアー宮澤エマ
KETARO、上口耕平
今井清隆
鳳蘭
2016/5月~6月◎帝国劇場
http://www.tohostage.com/sister_act/intro.html 



 

 
shop_rogo_sp

header_rogo

side_twitterside_facebook  
  
上質な本革で職人が手作り♪ ねこコインケース/パスケース好評販売中!
banner_nekocoin      

 

演劇キック - 宝塚ジャーナル
シェア / 保存先を選択