心地良いスリルをあなたに~東京ジョイポリス新アトラクション~

レポート
2015.12.24

画像を全て表示(11件)

東京ジョイポリスにホラー系の新アトラクション『ZOMBIE ZOO~ゾンビ収容所見学ツアー~』とリニューアルしたライドアクション『ワイルドリバー ザ・トレジャーハント』が2015年12月19日(土)から楽しめます。筆者は、ホラー系も絶叫系も得意ではないし、りんかい線も止まってゆりかもめが大混雑の中、先行き不安な状況でした。

ゾンビの実態を研究する施設、ゾンビ収容所「ZOMBIE ZOO」。一般にはゾンビの生態を学ぶ施設として公開されているこの施設を早速体験。入り口はそんなに怖い感じではないと思います。先のことは考えずに進みます。

中に入ると「殺菌だいいち!」と書かれているプレートがあり、参加者を殺菌する演出があります。薄暗い部屋なのですが、まだ怖いという感じではありません。

ゾンビが横たわっています。怖いところは暗くてよく分からない画像にしました。怖がりな人はゾンビの顔を見ないほうが良いかも知れません。

ゾンビの説明を受けて多少ゾンビに慣れてきたら、メインの部屋に通されます。部屋に置かれている小道具が不気味な印象を与えてくれます。果たしてゾンビの感染源である病原体が逃げ出しパニック状態に陥った施設内から無事逃げ切ることができるのだろうか…

最後まで苦しくなるほどの恐怖はありません。ホラーは苦手な方ですが、良い感じのスリルを味わえました。詳細はぜひ東京ジョイポリスで体験してみてください。

 

こちらはリニューアルしたワイルドリバーの入り口。中に何があるんだろうと好奇心が湧き上がってきます。

このような乗り物に乗ってアトラクションが進んで行くのですが、前列奥から1・2・3・4と番号が振られていて、乗る前に地面に書かれた番号の上で立って待つ形になります。カップルで参加して、4番と5番に並ぶと遠く離れて乗ることになるので注意が必要です。

上の画像のようにリアルな背景の中を、川下りしながらお宝を探すというストーリーになっています。

水しぶきが上がると、本当に水しぶきが体にかかります。服がびしょ濡れになるというわけではなく、爽快感だけ味わうことができるようになっています。

遊園地に行っても「ホラー系や絶叫系はちょっと」と言いながら、楽しんでいる人を見るとうらやましくなっていましたが、やっと楽しむことができました。夜はイルミネーションを楽しむこともできますし、ホラー系や絶叫系が苦手ならデートでもおすすめです。

東京ジョイポリス
住所:東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチ3~5階 
電話番号:03-5500-1801 
営業時間:10:00~22:00(最終入場21:15)※時期によって異なる 
※12月31日(木)10:00~29:00(最終入場 28:15)、1月1日(金)11:00~21:00(最終入場20:15)

▼ZOMBIE ZOO~ゾンビ収容所見学ツアー~
定員:8名
料金:600円(1名)
身長制限:なし
年齢制限:7歳未満のお子さまはご利用できません。7歳以上11歳未満のお子さまは保護者の同伴が必要です。

▼ワイルドリバー ザ・トレジャーハント
定員:12名
料金:600円(1名)
身長制限:110cm以上
シェア / 保存先を選択