演劇教育に関するレクチャー、世パブで開催

「東京演劇大学連盟」公式サイトより(SPICE編集部による責任掲載)

「東京演劇大学連盟」公式サイトより(SPICE編集部による責任掲載)

世パブとITIによるレクチャーシリーズ『世界の同時代演劇を知る!』、演劇教育をテーマにした講座を8〜10月に開催

世田谷パブリックシアターと国際演劇協会日本センター(ITI)によるレクチャーシリーズ『世界の同時代演劇を知る!』では、演劇教育に関する講座を8〜10月に開催する。会場は世田谷文化生活情報センター(世田谷区太子堂)。参加費は各回1000円(学生500円 ※要学生証提示)。定員は各回30名程度(先着順)。要申込み。

『世界の演劇教育』『演劇と教育』SPT×ITIレクチャーシリーズ『世界の同時代演劇を知る』 2015年7月~10月

【世界の演劇教育】をテーマにした講座「現代のスタニスラフスキー~本場の研究と実践」は8月22日(土)14~16時開催、講師はセルゲイ・チェルカッスキー氏(ロシア国立サンクト・ペテルブルグ演劇大学:演技・演出学科主任教授)。

【演劇と教育】をテーマにした講座は2つで、「高校演劇と地域演劇」は9月29日(火)19~21時開催、講師は畑澤聖悟氏(劇作家・演出家・青森中央高校演劇部顧問)。もう一つの「演劇教育のスタンダードを日本でどうつくるか」は10月2日(金)19~21時。演劇の実技教育を担う桜美林大学、玉川大学、多摩美術大学、桐朋学園芸術短期大学、日本大学によって設立された東京演劇大学連盟(演大連)から、それぞれ5大学の教授が講師を務める。

【こちらもチェック!】
◇「東京演劇大学連盟」公式サイト

舞台制作PLUS+
シェア / 保存先を選択