香川真司が故郷で子どもたちと触れ合い「僕は幸せ者」


サッカー日本代表の香川真司選手(ドルトムント所属)が主催するイベント「#ShinjiDream Christmas(シンジ ドリーム クリスマス)」が12月24日、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で開催された。

今回のイベントは、香川選手の生まれ故郷である兵庫の地に恩返しがしたいという気持ちと、子どもたちに夢を与えたいという香川選手の想いから開催が実現したもので、香川選手自身がプロデュースした初の本人主催のイベント。イベント開催告知が4日前の12月20日からスタートと、募集期間が短かったことに加えて、「平日の昼間だから、どれだけ集まるか心配だった」と話した香川選手だが、会場にはおよそ1500人が来場し、イベントは終始笑顔に包まれた。

イベントは2部構成で行われ、第1部には4歳から6歳までの子どもたち約500人が参加し、広い芝のピッチで香川選手と一緒にのびのびボールを蹴り合った。約80分間、ノンストップで子どもたちとプログラムをともにした香川選手は、「このくらいの年齢の子どもは本当に元気で、ずっと走り回っていられます。走っているだけでうれしそうな表情をする純粋な姿を見て、昔の自分を思い出したし、刺激をもらいました」とコメント。「公園でサッカーをする感覚で、たくさんピッチを走り回ってほしいです。公園に遊びに来たら“たまたま香川真司がいた”くらいの気楽な気持ちで楽しんでほしい」という言葉どおり、子どもたちは笑顔でピッチを走り回っていた。

第2部では、香川選手vs兵庫県内の小学生31人というスペシャルマッチが開催。8分ハーフで男女混合チームとフルコートで対戦し、前半が1-3で終わると、助っ人としてドルトムントの同僚・丸岡満選手が飛び入り参加し、2対31で後半を戦った。前後半を3-4で終えたところで香川選手が悔しさのあまり、“泣きのスペシャルタイム”として子どもたちに延長戦を希望。香川選手が延長戦で同点ゴールを決めると、ライン際の微妙な判定に子供たちから「今のほんまにゴール?」という声が上がったが「入った!絶対入ったって!」と本気モードで訴える場面も。その後、香川選手がさらに1得点、丸岡選手が得点を決め、6-4で香川・丸岡チームが勝利を収めた。

イベント中には、参加者の男児が迷子になるハプニングが発生。香川選手は男児の母親に寄り添い、自らマイクを手に取って「香川真司がお呼びです。おったら手挙げてよ」と呼びかける場面も。イベント中断から約30分後、競技場の外で発見され、男の子は母親と無事に再会。香川選手は泣きじゃくる男児を抱き寄せ、頭をなでながら「見つかって、良かった」と安堵の表情を浮かべた。

イベント終了後、香川選手は「僕はサッカー選手なので、やっぱりサッカーを通じて子どもたちと触れ合いたいなと思いました。地元の神戸で、何かできないかなと思って、みんなでピッチで楽しめることをしたかった」とあらためて今回のイベントについて振り返り、「想像していた以上にたくさんの子どもたちが来てくれて、本当に自分は幸せ者だと感じました。逆に、みんなからクリスマスプレゼントをもらった気分です」と来場者に向けて、笑顔で感謝の言葉を述べた。【関西ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択