一人の男を巡る愛憎劇『クランク・イン!』開幕 眞島秀和、吉高由里子、秋山菜津子コメントが到着

ニュース
舞台
2022.10.7
 撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

画像を全て表示(9件)


2022年10月7日(金)、東京・本多劇場にてM&Oplaysプロデュース『クランク・イン!』が開幕する。このたび公演の舞台写真と眞島秀和、吉高由里子、秋山菜津子のコメントが到着した。

 日本のチェーホフと呼ばれ、人間の内部で無意識に動く感情を説明的なせりふを排し、物語の核を隠しながらもリアルに生々しく描き出すことに定評のある劇作家であり演出家岩松 了の新作『クランク・イン!』。2020年に上演された『そして春になった』を下敷きに、映画製作の現場で繰り広げる、ある新人女優の死をめぐる映画監督と女優たちの愛憎と葛藤を悲喜劇として描く。

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

女たちに追いつめられる映画監督で、本作唯一の男性出演者には、確かな演技力でシリアスからコメディまで多彩に演じ分ける眞島秀和、強烈な存在感を放つ女優ジュンには、役柄同様に数多くの映像作品で様々な表情を魅せる吉高由里子、ジュンの存在に追い込まれていく主演女優には、これまで数多くの演劇賞を受賞してきたベテラン秋山菜津子。さらに伊勢志摩富山えり子石橋穂乃香と個性派キャストが出演する。

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

撮影:宮川舞子

【コメント】

1.1か月の稽古を経て、いよいよ初日を迎えるにあたっての手応え
2.稽古中の印象的な出来事など
3.ご自身としての見所
4.公演を楽しみにしているお客様へメッセージ

眞島秀和

1.今まで経験してきたどの稽古よりも、あっという間の一ヵ月でした。手応えなんてありません。不安でいっぱいです。

2.岩松さんの稽古は何度も返すとは聞いてましたが、その通りでした。その何度も返すことで、短期間でキャラクターが立体的になった気がします。

3.自分の見所はわかりません。女性陣の熱演が、おもしろく、せつないと思います。

4.岩松さんの脚本に、演者一同この一ヵ月稽古に励んできました。何かがお客様に伝わることを祈ってがんばります。

吉高由里子

1.手応えどころか、もう始まっちゃうの⁉️というソワソワ感のほうが大きいです。

2.一度、伊勢志摩さんの奇跡的な言い間違いがあって、何度やってもまだその場面になると思い出して笑うの堪えて必死です。

3.岩松さんワールド!!!

4.怯えながらやってます。1日1日無事に終わるように祈りながらやってます。皆様のそのチケットが嬉しい時間の引換券になるよう頑張ります!

秋山菜津子

1.1ヶ月…あっという間でしたね。〝手応え〟とかあまり考えたことはありませんが、観て下さった皆様が、それこそ〝手応え〟みたいなものを感じて下さればいいなと思っております。

2.吉高さんと岩松さんのやりとり。〝おもしろ攻防戦〟みたいなのが、楽しかったです。

3.見所は…色々です。お楽しみに。

4.観客の皆様がいらっしゃるからこそ舞台は成り立ちます。劇場でお待ちしております!

公演情報

M&Oplaysプロデュース『クランク・イン!』
 
作・演出:岩松 了
出演:眞島秀和、吉高由里子、伊勢志摩、富山えり子、石橋穂乃香、秋山菜津子
 
主催・製作:㈱ M&Oplays
 
 
【東京公演】
公演日程:2022年10月7日(金)~30日(日) 
会場:本多劇場
お問い合わせ: ㈱ M&Oplays 03-6427-9486(平日 11:00~15:00) http://www.morisk.com
 
【静岡公演】
公演日程:2022年11月2日(水)・3日(木祝)
会場:三島市民文化会館 大ホール
お問合せ:静岡朝日テレビ 054-251-3302(平日 10:00~18:00)
 
【大阪公演】
公演日程:2022年11月11日(金)~13日(日)
会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
お問い合わせ:梅田芸術劇場 06-6377-3888(10:00~18:00)
 
【名古屋公演】
公演日程:2022年11月19日(土)・20日(日)
会場:ウインクあいち 大ホール
お問い合わせ:メ~テレ事業 052-331-9966(祝日を除く月-金 10:00~18:00)
 
【あらすじ】
新作映画のクランインのため、世間から隔絶された場所でリハーサルを行っている監督と女優たち。1年前にクランクインするはずだったこの映画は、一人の新人女優・堀美晴の突然の死で延期されていたのだった。堀美晴の死は事故だったのか、あるいは誰かに殺されたのか?真相はわからないままだった。
 
監督の並之木顕之(眞島秀和)は、堀美晴の死=スキャンダルを乗り越え、何とかこの映画を成功させるべく、準備を進めようとするが、主演女優の羽田ゆずる(秋山菜津子)をはじめ、ベテラン女優の鈴木弥生(伊勢志摩)、若手女優の宮城真里(石橋穂乃香)、マネージャーの山根たず子(富山えり子)、女たちのそれぞれの思惑と、遅々として進まない進行状況に、悩まされている。
そんな中、新たにこの作品に参加して来た女優、ジュン(吉高由里子)が徐々に存在感を増してゆき、並之木もだんだんと彼女に惹かれてゆく。
 
そして、ジュンの存在感が増すごとに、堀美晴の死が映画の撮影現場に暗い影を落とし、やがて暴かれた真実によって事態は大きくうねり始める―――。
シェア / 保存先を選択