「ゲーム」と「歌舞伎」の幸せな邂逅を実現 『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX』オフィシャルレポート&舞台写真が公開

ニュース
舞台
アニメ/ゲーム
2023.3.23
『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX』舞台写真    撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX』舞台写真    撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

画像を全て表示(34件)


2023年3月4日(土)より、IHIステージアラウンド東京にて、木下グループpresents『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX』が上演されている。

本作は、2001年に発売された名作ゲーム『ファイナルファンタジーX』を尾上菊之助が自ら企画・構成、そして出演し新作歌舞伎化。そのほか、中村獅童、尾上松也、中村梅枝、中村萬太郎、中村米吉、中村橋之助、上村吉太朗、中村芝のぶ、そして坂東彦三郎、中村錦之助、坂東彌十郎、中村歌六らが出演。

会場のIHIステージアラウンド東京は、周囲を取り囲む360度全てに展開されるステージと、その中心に巨大な円形の観客席を配置し、巨大なお盆に乗った観客席自体が回転しながら、舞台、映像、音楽、照明などを画期的な方法で融合することで、他では決して味わえない刺激的な新しいエンターテインメント体験ができる。

この度、本作のオフィシャルレポート、そして舞台写真が届いたので紹介する。

誰も観たことがない新しい世界~「ゲーム」と「歌舞伎」の幸せな出合い~

歌舞伎というエンタメの存在は不思議だ。「歌舞伎」と聞いて、誰もが隈取の化粧や見得をするポーズを思い出すのに、それが何なのかというと「よく分からない」という人は多い。分からないのは、歌舞伎の舞台を観たことがないから。二の足を踏むのは、面白いか面白くないかさえフワッとしているからだろう。「セリフも難しそうだし、高いチケットを買って楽しめなかったら、損した気分になるし…」と思うのは当然かもしれない。

そんな、「とても身近なのになんだか遠い歌舞伎」への偏見や思い込みを、3月4日に幕を開けた『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』(FFⅩ)は、気持ちよく打ち砕いてくれる。原作は、2001年に『ファイナルファンタジー』シリーズの10作目として発売された大ヒットゲーム。世界累計出荷・ダウンロード販売本数は、続編を含めてなんと2110万本以上(2022年3月末時点)という、今も世界中のゲームファンに愛されている名作だ。

   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

「ゲーム」の歌舞伎化は、本作が史上初。誰も観たことがない舞台になるのだから、ゲームファンはもとより、歌舞伎ファンも想像がつかなかったのが正直なところ。もともと『FFⅩ』の大ファンで、コロナ禍の自粛中に再びゲームをやり込んだことから改めて感銘を受け、直接スクウェア・エニックスに企画書を送った尾上菊之助(企画と共同演出、主演)とて、大きな挑戦だったに違いない。これまで『風の谷のナウシカ』などの新作歌舞伎を成功に導いてきた菊之助だが、なにしろ「史上初」の舞台なのだ。

だが初日を迎えてみると、ネット上には歌舞伎を知らないゲームファンの「歌舞伎って面白い!」という驚きと、「こんなふうに『FFⅩ』を舞台で観られるなんて」との喜びの声が続々と寄せられている。ゲームを知らない歌舞伎ファンも、「歌舞伎の手法をこんなふうに使ってくるとは……!」と新たな視点で楽しみつつ、『FFⅩ』の普遍的なストーリーを満喫している様子だ。

  撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

  撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

主人公は、魔物『シン』が人々を脅かす世界「スピラ」に迷い込んだティーダ(菊之助)。彼が召喚士のユウナ(中村米吉)に出会い、彼女を援護する仲間たちと共に『シン』を倒すまでの波乱の旅が、壮大なスケールで描かれる。ブリッツボールの選手ワッカ(中村橋之助)や黒魔導士のルール―(中村梅枝)、ロンゾ族のキマリ(坂東彦三郎)、そしてティーダの父ジェクト(坂東彌十郎)の盟友アーロン(中村獅童)が、ユウナの「ガード」となっていくつもの戦いを乗り越えてゆく。グアド族の族長シーモアが立ちはだかるなか、ティーダたちが知る『シン』の真実とは……。

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

冒頭、にぎやかな鳴物(歌舞伎で使われる楽器)と共に23代目オオアカ屋に扮した中村萬太郎が登場すると、「口上」(演目の説明)からスタート。「今日初めて歌舞伎を観に来たという方は? 逆に『FFⅩ』をやったことがありませんという人はどれくらい?」と観客に手を挙げさせる。「これだけの人が未知の世界に飛び込んでくれたんですねぇ」と両方のファンに目配りしつつ、「ご安心ください、私が歌舞伎の楽しみ方をお伝えします」と頼もしいひと言。「ツケ打ち」(木の板を打ち付けた音で、役者の足音を表したり、見得をする場面を盛り上げたりする)の解説の後は、『FFⅩ』の物語とその背景も教えてくれ、客席はいつのまにかリラックスした雰囲気に。

23代目オオアカ屋:中村萬太郎   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

23代目オオアカ屋:中村萬太郎   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

続いて『FFⅩ』の美しい旋律(邦楽でのアレンジ)が流れると、正面の巨大スクリーンいっぱいにザナルカンドの廃墟が映し出される。どこからか聞こえてきたのは、ティーダ(菊之助)の声だ。「最後かもしれないだろ? だから、全部話しておきたいんだ」。スクリーンに『新作歌舞伎 FINAL FANTASY Ⅹ』のタイトルが浮かび、ゆっくりと消えてゆく……。ふいに照明が明るく変わると、客席のあちこちに出演者による「町の人々」が登場。その頃には自分もすっかり物語の中に入り込んだような気持ちになっていた。

そして町の人々がブリッツボールの人気選手、ティーダを待ちわびてコールすると、ついに幕が開いてティーダが登場! ワクワクしていた分、「待っていたとはありがてぇ」とのセリフがリアルに響く。実はこれ、歌舞伎の『お祭り』という演目で鳶頭が言う有名なセリフ。客席の「待ってました!」の声(気持ち)に応える、いわばテッパンのやりとりだ。ティーダは続けて七五調での「名乗り」をし、最後は「ティーダたぁ、俺がことッス!」で締めくくる。これも『弁天小僧』のクライマックスのセリフ「弁天小僧菊之助たぁ、俺がことだ」から。これだけで、ティーダが華やかな主役であることが分かるし、『弁天小僧』は音羽屋(菊之助の屋号)の代表的な芸なので、菊之助が率いる本作にもピッタリ。「ティーダ」(ゲーム)と「菊之助」(歌舞伎)、どちらの視点からでも楽しめる仕掛けなのだ。

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会


撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

そんなふうにして、本作には原作ゲームの魅力のほかに、歌舞伎の表現方法の面白さがたっぷり盛り込まれている。登場人物それぞれの「名乗り」や、軍兵たちが前転宙返りをする「トンボ」を切る立廻りをはじめ、女方たちの美しく見事な「海老反り」、『土蜘』のイメージで糸状のものをシュッと投げる「千筋の糸」、仏像が倒れるように手を使わず直立したまま倒れる「仏倒れ」。さらに一瞬で衣裳の表面が変わり、役自体の隠された内面もあらわになる「ぶっ返り」など、長い年月を経て受け継がれてきたそれらの仕掛けが、物語のあちこちで効果的に使われるのだ。おそらく初めて観るらしい客席の辺りから、「おおー!」というようなどよめきが起こるのも楽しい。

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

その一方で、壮大なスケールで展開する世界観を具現化するため、会場であるIHI ステージアラウンド東京の舞台機構も大いに活用。通常、演劇の世界では、大海原も広い空も、ゆったりとした浜辺もにぎやかな街の風景も、具象を抽象化することで表現してきた。だが円形の劇場の内側に360度のステージと、高さ8mの巨大なスクリーンが張り巡らされ、囲まれた客席自体が回る機構を持つ同会場。本作ではゲームのCGビジュアルが巨大スクリーンに映し出され、美しく迫力ある映像が堪能できる。序盤にティーダとユウナたちが海原に船を漕ぎ出すシーンや、クライマックスでの飛空艇が空を飛ぶ場面などは、客席の前方と左右が巨大な映像に囲まれるため、かれらと一緒に乗っているような臨場感が。この点も、これまでの新作歌舞伎にはない魅力だろう。

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

さらに、「マカラーニャ湖」のシーンも必見。ティーダとユウナのお互いへの恋情が、舞台上のミストスクリーンにまぼろしのように映し出され、演じる菊之助と米吉は言葉にできない気持ちを舞いに込めて踊る。客席からも、あちこちからすすり泣く声が。まるで『FFⅩ』の中に入り込んで、ふたりをじっと見つめているかのような、舞台とも映画とも、またゲームとも異なる新しい感覚だった。
クライマックスを盛り上げる「召喚獣」のバトルも、手に汗握る迫力! 召喚獣を擬人化させて、さまざまな「毛振り」でリアリティとスピード感あるバトルが実現。夢中になって見入ってしまった。

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

さて、ここまで演出や仕掛けについて書いてきたが、もちろんそれは演者の力があってこそ。最後にそれぞれの登場人物について触れておこう。

まず、ブリッツボールの選手で、語尾が「~ッス」な若者、ティーダを演じる菊之助。歌舞伎作品での品格と、最近ではTVドラマでも落ち着いた男性を演じることが多かったために予想がつかなかったが、実際に観てみるとユウナに合わせた少年らしい拵えでまったく違和感なし。なにより溌剌とした若者らしい発声に驚いた。その瑞々しい声音で感情を爆発させたり、ユウナへの想いをにじませたりするのだから、その芸域の幅広さに改めて脱帽。新しい菊之助の魅力に気づかされたのも嬉しい発見だった。

ティーダ:尾上菊之助   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ティーダ:尾上菊之助   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

獅童はティーダの父の盟友で、旅に同行するアーロンを好演。頼もしい立ち姿にりゅうとした衣装がピタリとハマり、謎めいてはいるが信頼できる大人の男として魅せる。
とある過去からダークサイドに落ちてゆくシーモアを大きさと繊細さとで演じる松也も、堂々たる佇まい。オフは盟友同士の獅童と松也だけに、戦いで斬り合うシーンも息がピッタリだ。なにより“芝居の輪郭”が太いふたりが並ぶと、舞台上の空気がピリッと引き締まる。

アーロン:中村獅童   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

アーロン:中村獅童   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

シーモア:尾上松也   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

シーモア:尾上松也   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ユウナの叔父でティーダたちを導くシド役の中村歌六の誠実さ、ユウナが小さい頃に死んだ父で大召喚士のブラスカ役の中村錦之助の温かさも印象的。
物語のキーとなるジェクト役の彌十郎は、息子ティーダとの相克を招いてしまう人間くささを、持前の懐の深さで魅力的に表現。子ども時代のティーダ(尾上丑之助)とのやりとりが『FFⅩ』ファンの涙を誘っているのも、彌十郎ジェクトならではだ。

シド:中村歌六   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

シド:中村歌六   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ブラスカ:中村錦之助   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ブラスカ:中村錦之助   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ジェクト:坂東彌十郎   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ジェクト:坂東彌十郎   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

その丑之助は、幼少期のティーダと、祈り子の2役。前者では子どもらしい可愛らしさを見せつつも、後者ではこの世の者ならざる表情で、物語の核を示す長台詞を明瞭に聞かせる。客席をグッと引き込む求心力には心から驚かされる。

ティーダたちと共にユウナのガードを務めるキマリ役の彦三郎は、ロンゾ族という設定柄、顔も全身も青い拵え。無口な青年という役ゆえ台詞は少なめで、その分ユウナを守る気持ちを視線や行動に滲ませる。声の良さに定評のある彦三郎だけに、言葉を発したときの言葉が強く印象に残った。

キマリ:坂東彦三郎   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

キマリ:坂東彦三郎   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ルールー:中村梅枝   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ルールー:中村梅枝   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ユウナの姉のような存在であるルールー役を務める梅枝は、歌舞伎の演目では本格の佇まいを見せて若手女方の中でも図抜けた存在だが、その実力を本作でもいかんなく発揮している。悲しい過去がありながらも仲間たちを優しく見つめ、落ち着いた艶を滲ませる梅枝ルールーは、『FFⅩ』ファンの間でも人気急上昇中なのだとか。

ユウナ:中村米吉   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ユウナ:中村米吉   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ユウナを演じる米吉は、「可愛いすぎる女方」として多方面から注目が集まっている中でのヒロイン役。2022年の『風の谷のナウシカ』タイトルロールや、歌舞伎以外の舞台での主演を経て、女方としての居方にもいっそう陰影が加わった。召喚士としての芯の強さや笑顔の可愛らしさの他に、運命をひとりで受け入れようとする生硬さ、想いを秘めた健気さなど、ふとした横顔に少女の憂いが宿る。ユウナの「異界送り」の動画がネットでバズったのも、米吉のユウナだからこそだろう。

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ユウナ:中村米吉    撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ユウナ:中村米吉    撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ブリッツボールの選手からユウナのガードとなるワッカ役の橋之助は、自身の大らかな持ち味を活かした役づくり。普段は明るいムードメーカーだが、『シン』によって弟を亡くしたことから、ある民族に対するわだかまりがある。その後は戸惑いつつも先へ進もうとする心情を丁寧に演じた。

ワッカ:中村橋之助   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ワッカ:中村橋之助   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

23代目オオアカ屋として前編・後編共に口上という大役を担った萬太郎は、シン討伐隊のルッツとの2役。ユウナのいとこで、途中から一行に加わる元気な女の子、リュック役の上村吉太朗と共に、若手実力派として頼もしく舞台を支えている。

リュック:上村吉太朗   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

リュック:上村吉太朗   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

そして伝説の女性ユウナレスカには、中村芝のぶ。最後まで物語の緊張感が途切れないのは、圧倒的なオーラで終盤のクライマックスを盛り上げる、芝のぶユウナレスカの存在が欠かせないだろう。

ユウナレスカ:中村芝のぶ   撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

ユウナレスカ:中村芝のぶ   撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

振り返ってみれば、『シン』に立ち向かう旅やティーダとユウナの恋など主旋律のほかに、常に通奏低音のように聞こえているのが、親子の絆だ。ティーダと父のジェクト、シーモアと父で族長だったジスカル、そしてユウナと父ブラスカ。それぞれの親子の情愛が、哀しい、あるいは愛おしい運命と共に描かれる。それは歌舞伎でもしばしば描かれるテーマであって、本作での陰影も、歌舞伎俳優たる演者の力量あってこそだろう。中でもシーモアとジスカルの過去のエピソードは、今回新たに付け加えられたオリジナル。ゲームでは描かれなかったシーモアの葛藤と、彼が闇に落ちた理由が明らかになって胸に迫る。シーモア役の松也と、ジスカル役の澤村國矢の緊張感あるやりとりが見どころだ。

本作の稽古場では、企画から立ち上げて共同演出と主演を担った菊之助だけでなく、獅童や松也、その他の演者からも活発なディスカッションが交わされたという。そもそも出演者へのオファーは、菊之助自ら1人ひとりに電話をかけて進められたのだとか。そんな熱い現場で練り上げられたクリエイティブに、ジャンルは関係ないだろう。「ゲーム」と「歌舞伎」の幸せな邂逅を実現した本作は、たくさんの観客にとって、新たなマスターピースとなるに違いない。

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦    (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

撮影:引地信彦 (C)SQUARE ENIX/『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会

文=藤野さくら


なお、本公演は4月12日(水)まで上演される。

公演情報

木下グループpresents 『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX』
 
日程:2023年3月4日(土)~4月12日(水)
※休演日:3月8日(水)、15日(水)、22日(水)、29日(水)、4月5日(水)
【前編】11:30開場 12:00開演 【後編】17:00開場 17:30開演
各編途中休憩2回あり。前編後編の間には約90分休憩がございます。
 
会場:IHIステージアラウンド東京(豊洲)
 
企画:尾上菊之助
脚本:八津弘幸
演出:金谷かほり 尾上菊之助
 
出演:尾上菊之助 中村獅童 尾上松也
中村梅枝 中村萬太郎 中村米吉 中村橋之助 尾上丑之助 上村吉太朗 中村芝のぶ
坂東彦三郎 中村錦之助 坂東彌十郎 中村歌六 / 尾上菊五郎(声の出演)
※中村歌六、中村錦之助、尾上丑之助は後編のみの出演となります。
 
料金:
■前編・後編通し(全席指定・税込)
●SS席 32,000円 非売品オリジナルCGビジュアルアクリルスタンド付
●S席 28,000円 非売品オリジナルCGビジュアル公演ポスター付
●A席 24,000円 
●B席 19,800円
 
■前編/後編(全席指定・税込)
●SS席 18,000円 
●S席 16,000円 
●A席 14,000円 
●B席 11,000円
※非売品特典グッズは付きません。
 
一般発売日:発売中
 
主催:『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーⅩ』製作委員会
(TBS/ディスクガレージ/ローソンエンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/木下グループ/楽天/TopCoat)
後援:TBSラジオ/BS-TBS 原作・協力:スクウェア・エニックス 制作協力:松竹 
特別協賛:木下グループ 
協賛:再春館製薬所
製作:TBS
 
公式HP:https://ff10-kabuki.com
公式YouTube:https://youtu.be/WIqJuxTvucs
公式Tiktok:https://www.tiktok.com/@ff10_kabuki
公式Twitter:https://twitter.com/ff10_kabuki
公式Instagram:https://www.instagram.com/ff10_kabuki/
 
IHI Stage Around Tokyo is produced by TBS Television, Inc., Imagine Nation B.V., and The John Gore Organization, Inc.
シェア / 保存先を選択