史上最多13,000発の花火が共演 4年ぶり『第70回戸田橋花火大会』開催が決定

ニュース
イベント/レジャー
2023.6.1
戸田橋花火大会 提供

戸田橋花火大会 提供

『第70回戸田橋花火大会』が8月5日(土)に埼玉・戸田市の荒川戸田橋上流戸田市側河川敷にて開催されることが決定した。

『戸田橋花火大会』は、荒川対岸の『いたばし花火大会』と同時開催される花火大会。コロナ禍の影響で3年連続中止が続いていた同大会が、4年ぶりに実施される。今回は、大会史上最多となる両岸合わせて約13,000発の花火(戸田市側約6,500発)が打ち上げられる予定。打上場所を挟んだ東西エリアに会場が設置され、それぞれのエリアで異なる楽曲とシンクロした音楽花火が展開するなど、演出が一新されるとのこと。また、プレイベントで子どもたちがデザインした花火約20発を打ち上げるなど、大会初となる多種多様な試みも予定されている。

チケットは、6月15日(木)から戸田市内商店にて先行販売がスタート。6月19日(月)から、イープラス ホームページにて一般販売が行われる。

そのほか詳細は、『戸田橋花火大会』公式サイトを確認しよう。

イベント情報

第70回戸田橋花火大会
日時:2023年8月5日(土)19時~20時30分
※荒川対岸のいたばし花火大会と同時開催。荒天時中止(順延なし)
 
会場:国道17号戸田橋上流荒川河川敷 ※全席有料席
観客数:前回大会45万人(主催者発表)
打上数:いたばし花火大会との合計約13,000発予定(戸田市側約6,500発)
 
内容:
1.会場レイアウトを一新し、打上場所を挟んだ東西エリアに会場を設置
2.演出を一新し、東西それぞれ異なる楽曲とシンクロした音楽花火を展開
3.東西エリアで異なる花火を展開(東側は伝統的な花火、西側はエンタメ性の強い花火)
4.2023年2月に市内小学生を対象に実施したプレイベントにおいて子どもたちがデザインした花火約20発を打ち上げ
5.大会当日に次の市民を無料招待 約3,600人
・コロナ禍により中止となった令和2年度成人式の参加対象年齢(23歳)の方(約1,800人)
・今年度に新成人(18歳)となる方(約1,200人)
・前述の令和5年2月に実施したプレイベントの参加者及びその保護者(約600人)
 
【有料席販売】
■市内先行販売
総販売数:401枚
開始日:6月15日(木)
販売方法:市内商店にて紙により販売
 
■一般販売
総販売数:6,346枚
開始日;6月19日(月)
販売方法:イープラス ホームページにて販売
 
第70回戸田橋花火大会:http://www.todabashi-hanabi.jp/
シェア / 保存先を選択