林遣都と山本耕史が初共演する音楽劇『浅草キッド』 ビジュアル、松下優也・今野浩喜ら全キャスト、公演詳細が解禁

ニュース
舞台
2023.7.3
音楽劇『浅草キッド』

音楽劇『浅草キッド』

画像を全て表示(2件)


2023年10月~11月、東京・大阪・名古屋にて上演する、音楽劇『浅草キッド』のビジュアル、全キャスト&公演詳細が解禁となった。

原作の「浅草キッド」(講談社刊)は、ビートたけしが芸人として一世を風靡し、映画監督として世界中に名を轟かせるよりはるか昔、のちの人生を決定づける師匠・深見千三郎と出会い、苦楽を共にした芸人仲間や、たくましく生きるストリッパーたちと過ごした日々を描いた青春自伝小説。過去にドラマ・映画化されてきた本作が、ビートたけし作詞・作曲による名曲「浅草キッド」と共に音楽劇として初舞台化する。
舞台版では、ビートたけし自らが原点と語る、浅草・フランス座で下積み生活を過ごした青春時代、芸人・ビートたけしの誕生と笑いにかけた芸人たちの生き様を描く。

脚本・演出を務めるのは、福原充則。福原ならではの、深い人間洞察力、観る者の胸を強く打つ詩的な台詞や、大胆な想像力と演出力に加えて、メインテーマ「浅草キッド」や本作オリジナルの楽曲により、芸に生きようとする人々の心情を音楽劇としてより濃く表現する。

主演・北野武役を務めるのは、映画・ドラマで多くの話題作に出演し、繊細な役どころから狂気を秘めた役どころまで演じ分ける振り幅の広い役作りに定評のある林遣都。そして、青年・武の人生を決定づける師匠・深見千三郎を務めるのは、ミュージカルをはじめドラマ・映画で活躍し、確かな歌唱力とダンスの実力を兼ね備える山本耕史。

共演は、武の先輩芸人で裏の顔を持つ高山三太に松下優也、上昇志向が強いが憎めない性格でのちのビートきよしとなる兼子二郎に今野浩喜、後輩芸人でコンビを組むも武へのコンプレックスから次第に悲劇へ突き進むことになるマーキーに稲葉友、作家志望でフランス座の人々を俯瞰で見守る井上に森永悠希、人情味溢れる深見の妻・志の川亜矢に紺野まひる、武が深見に弟子入りするきっかけを作るフランス座のチケット売り場で働く塚原にあめくみちこと、豪華出演者が結集した。

(上段左から)松下優也、今野浩喜、稲葉友(下段から)森永悠希、紺野まひる、あめくみちこ

(上段左から)松下優也、今野浩喜、稲葉友(下段から)森永悠希、紺野まひる、あめくみちこ

運命に導かれるように出会う、青年・武と師匠・深見、そして浅草を彩るバラエティ豊かなキャスト陣による師弟の物語に期待しよう。

【物語】
ある夏の浅草。大学中退後、ふらふらと街を彷徨う、まだ何者でもない青年・北野武は、流れ着いたストリップ小屋・フランス座で働くことになる。ステージの責任者である深見千三郎師匠に弟子入りした武は、芸人仲間と苦楽を共にし、力強く生きるストリッパーや浅草の人々と交流しながら、芸の道で生きていく覚悟を決める。
深見師匠のもとで修業を続ける武は、時代の変化に逆らえず苦境に立たされるも、ある決断をきっかけに大きく風向きが変わる。やがて、武が芸人として一世を風靡する一方、師匠の深見は……

 
 

公演情報

音楽劇『浅草キッド』

原作:ビートたけし
脚本・演出:福原充則
音楽・音楽監督:益田トッシュ

出演:
林遣都  松下優也  今野浩喜  稲葉友  森永悠希  紺野まひる  あめくみちこ / 山本耕史
 
村上航  久保貫太郎  西山宏幸  後東ようこ  松之木天辺  寺井義貴  竹口龍茶
熊野晋也  松永健資  江見ひかる  永石千尋  横田剛基  元榮菜摘  古田伊吹
 
企画・製作:関西テレビ放送
 
 
一斉発売日:2023年9月2日(土)10:00~
 
【東京公演】
日程:2023年10月8日(日)~22日(日)全17回公演
会場:明治座
主催:関西テレビ放送/明治座
お問合せ:明治座センター 03-3666-6666(10:00~17:00)
 
【大阪公演】
日程:2023年10月30日(月)~11月5日(日)全8回公演
会場:新歌舞伎座
主催:関西テレビ放送/新歌舞伎座
お問合せ:新歌舞伎座テレホン予約センター 06-7730-2222(10:00~16:00)
 
【名古屋公演】
日程:2023年11月25日(土)17時30分公演/26日(日)13時公演 全2回公演
会場日程:愛知県芸術劇場 大ホール
主催日程:東海テレビ放送/キョードー東海/関西テレビ放送
お問合せ日程:キョードー東海 052-972-7466
【月~金 12:00~18:00、土 10:00~13:00(※日曜・祝日は休業)】
シェア / 保存先を選択