舞台「わたしの幸せな結婚」、第二弾ビジュアルとあらすじが公開

ニュース
舞台
2023.7.19
舞台「わたしの幸せな結婚」-帝都陸軍オクツキ奇譚-©舞台「わたしの幸せな結婚」製作委員会

舞台「わたしの幸せな結婚」-帝都陸軍オクツキ奇譚-©舞台「わたしの幸せな結婚」製作委員会


2023年8月11日(金・祝)〜8月20日(日)シアター1010にて上演される、舞台『「わたしの幸せな結婚」-帝都陸軍オクツキ奇譚-』の第二弾ビジュアルとあらすじが公開となった。

原作は、2019年より刊行の顎木あくみ著、月岡月穂イラストによる小説「わたしの幸せな結婚」。シリーズ累計発行部数700万部(コミック・電子書籍を含む)を突破。今年大注目の本作だ。舞台版「わた婚」は異能者たちの墓場 -オクツキ- の封印がとかれ、久堂清霞率いる特務小隊との闘いを描いた、原作では語られなかったオリジナルストーリー。第一弾のビジュアルは、原作をイメージしたビジュアル、第二弾のビジュアルは、舞台オリジナルをイメージして制作されたという。チケットは、本日7月18日(火)よりプレイガイド2次先行の受付が開始。(受付は、7月25日(火)まで)

あらすじ

異能者の名家に生まれ、若くして帝国陸軍の対異特務部隊隊長を務める久堂清霞(くどうきよか)。同じく異能家系でありながら能力を持たないために、家族から虐げられてきた斎森美世(さいもりみよ)。前途多難に見えたこの“政略結婚”が、二人の運命を変えた。冷酷無慈悲と恐れられた清霞だが、美世と触れ合う時間がその心の扉をそっと開いたのだ。
軍人として、平穏な日々を望むことはできない。それでも美世の幸福を願い、そして部下の命を背負い任務に奔走する清霞の部隊にある日、無念のうちに命を落とした異能者を封じ込めた墓場―オクツキ―が暴かれたとの報が届く。
次期帝と目される皇子・堯人(たかいひと)からは「下手をすれば命を落とす者もいる」と天啓を告げられた。
危険な任務に清霞が逡巡するころ、その怨念を晴らすべく無差別に人々を襲うオクツキの霊――御霊月魄(みたまげっぱく)部隊を名乗る、孤月(こげつ)、氷輪(ひょうりん)、玉兎(ぎょくと)。
その裏で、宮内省から派遣された“交渉人”鶴木新(つるきあらた)が、美世の周囲で不穏な動きを見せる。
愛する者を護るため、交錯するそれぞれの思惑はやがて、一つの真実にたどりつく――。
これは、オクツキへ闘いを挑んだ久堂清霞の“もう一つの愛の物語”。

公演情報

舞台「わたしの幸せな結婚」-帝都陸軍オクツキ奇譚-
 
【公演期間】2023年8月11日(金・祝)~8月20日(日)
【劇場】シアター1010
【原作】テレビアニメ「わたしの幸せな結婚」
【脚本・演出】三浦 香
【協力】顎木 あくみ(株式会社 KADOKAWA/富士見 L 文庫)
【音楽】 TAKA
【出演】
久堂 清霞:泰江和明
五道 佳斗:森田桐矢 鶴木 新:菊池修司 辰石 一志:佐藤永典 堯人:中山咲月
松平 士道:井澤巧麻 嶺 勘太:久保侑大 村雨 義也:紘太朗
明原 壮平:木村聖哉 最上 勇:辻 凌志朗 大海渡 征:佐々木 崇
氷輪:松原 凛 玉兎:佐藤祐吾 孤月:岡本悠紀
アンサンブル(※50音順)
佐久本歩夢 高岩芯泰 武中隆之介 橋本有一郎 藤村リュウト 古川一哉

【料金】9,900円(全席指定/税込)
【発売日】
◆プレイガイド2次先行:7月18日(火)12:00~7月25日(火)23:59
◆一般発売日:7月30日(日)10:00

【公式サイト】http://www.watakon-stage.net/
【公式Twitter】@watakon_stage
【公式Instagram】watakon_stage_official
【公式ハッシュタグ】#舞台わた婚
【主催】舞台「わたしの幸せな結婚」製作委員会
©舞台「わたしの幸せな結婚」製作委員会
シェア / 保存先を選択